2012年10月01日

Coffee Breakヨシュア記・士師記・ルツ記・サムエル記400 勇士たち(第Uサムエル記23章8節〜12節、詩編121篇1節〜2節)



 第Uサムエル記23章には、ダビデの勇士たちの名前が挙がっています。三勇士、三十人の勇士など、きりの良い数字で、読み物としても記録としても印象的なものとなっています。三という数字は、今日でもオリンピックなどで上位三人にメダルが与えられるのに似ています。それではかわいそうだとではないかと、八位までを「入賞」と呼んだりします。
 もっとも、日本には、頼りになる家臣、側近、勇士などを、四天王と呼ぶこともあります。義経の四天王、家康の四天王などと言います。

 ★★★★★

 ダビデの勇士たちの名は次のとおりであった。補佐官のかしら、ハクモニの子ヤショブアム。彼は槍をふるって一度に八百人を刺し殺した。(第Uサムエル記23章8節)

 この三勇士の「勇猛ぶり」は、今読むと、多少漫画チック(が言いすぎなら)、少し、現実離れしています。実際には、鋼の日本刀でも、何人かを切ると刃こぼれしたそうですし、仮に道具持ちがいて、つぎつぎ槍を取り換えてくれたとしても、八百人に連勝と言うのはありうるのでしょうか。それほど、すごい体力気力、技術の達人だったということでしょうか。この表現は計数的事実ではなく、文学的修辞に近いと思われます。

 彼の次は、アホアハ人ドドの子エリアザル。ダビデにつく勇士のひとりであった。彼がペリシテ人の間でそしったとき、ペリシテ人は戦うためにそこに集まった。そこで、イスラエル人は攻め上った。(9節)
 彼は立ち上がり、自分の手が疲れて、手が剣について離れなくなるまでペリシテ人を打ち殺した。主はその日、大勝利をもたらされ、兵士たちが彼のところに引き返してきたのは、ただ、はぎ取るためであった。(10節)


 手が疲れて、手が剣について離れなくなるまで、とは、また面白い表現です。疲れたから、剣を落とすのではなく、疲れて手に握りしめる意思がなくなっても、手が剣を掴み、剣は手から離れないというのです。手のひらに食い込んでいたのでしょうか。ここからは、エリアザルの、ものすごい執念と意志力が読み取れます。なるほど、勇士とはこういう人かと思わされます。野球選手におけるバッドやボールの握り。バレーボールやサッカー選手など、球技とボールの関係、剣道や弓を習っている方々なら、わかる表現ではないでしょうか。

 彼の次はハラル人アゲの子シャマ。ペリシテ人が隊をなして集まったとき、そこにはレンズ豆の密生した一つの畑があり、民はペリシテ人の前から逃げたが、(11節)
 彼はその畑の真ん中に踏みとどまって、これを救い、ペリシテ人を打ち殺した。こうして、主は大勝利をもたらされた。(12節)


 味方の人間がみんな逃げてしまったとき、そこに一人踏みとどまって戦うのは、文字通り「命知らず」でなければ、できないと思います。危険から逃げるのは、私たちの本能であり、いわばDNAに組み込まれている行動なのです。弱い者に対しては強いのに、強い者に対してはすぐに尻尾を巻く「卑怯者」がふつうなのです。このような時に、踏みとどまって戦うのは、たんに、「無鉄砲な命知らず」や恩賞目当ての「功名心」だけでは無理でしょう。シャマには、主人ダビデに劣らないような「神信仰」があったのではないでしょうか。
 

★★★★★

 神様は霊ですから、目には見えません。目には見えない神様が私たち人間を助けてくださると言っても、信じない方が大勢います。助けを実感することは、おおむね目に見える形に現れるからです。
 たとえば、借金で危機に陥っている場合、借金が補てんされるのが、最良の解決です。自己破産とか、夜逃げとか、自殺とかを、最初から想定する人はいません。(計画倒産や詐欺は別です。)
 同様に、病気も、完全な快癒こそ、望まれることです。元通りのからだになるのが一番なのです。手術跡が残ったり、病気の臓器が切り取られたりして多少体が損なわれても、元気になれば、まず「助かった」でしょうか。
 
 このような助けは、お金を融通してくれる人、銀行融資。また、お医者様の技術や薬によって、実現するのです。直接的には、人が助けてくれるのです。
 でも、人との出会い、自分の援助者と出会うのも、神のみわざであると、聖書は語っていると思います。

 伝説的な勇士たちが、ダビデのもとに集まって来たのです。神様が彼らをダビデに備えられたのです。ダビデの信仰に神様がお応えになった結果です。

 詩編の「都上りの歌」から、ひとつを出しておきましょう。

    私は山に向かって目を上げる。
    私の助けは、どこから来るのだろうか。
    私の助けは、天地を造られた主から来る。(詩編121篇1節〜2節)









posted by さとうまさこ at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする