2014年01月01日

Coffee Break預言の書1・ご挨拶と前書き






    明けましておめでとうございます。



 旧年中はお世話になりました。訪問して下さるお一人お一人を存じ上げているわけではありませんが、星の数ほどあるブログの中から、Coffee Breakに立ち寄って下さる方がおられると言うこと、まことにありがたく、いつも感謝を覚えています。

 Coffee Breakで、聖書の通読のエッセイを書き始めてから、約三年と四カ月余りが過ぎました。一信徒にすぎない非力な私が、御言葉の森に分け入ることがどんなに無謀な試みであるのか、すぐに思い知る所でしたが、ともかくも、創世記から歴代誌までを読みました。(とても、「読み終えた」とは言えません。もう一度、もう二度同じチャンスがあれば、また書くことがかぎりなくあると思いますので)
 歴史の書は、まだ残っているのですが、ここであえて、預言書に触れたいと思いました。一か月の休みをいただいたのは、預言書を落ち着いて読んでみたいと思ったからです。

 
★★★★★

 クリスチャンは、イエス・キリストに従うものです。自分の十字架を負ってイエス様について行くのです。
 しかし、弱い自分にとって、これが容易なことではないのは、クリスチャンとして少し歩み始めればすぐわかります。神に自分を支配していただくこと、神にすべてをおゆだねすること、迷う時、神にお尋ねすること、この、一見やさしいことが至難です。まして、「生きるも主のため、死ぬも主のため」などという心境は、ほど遠く感じられます。祈って主の前に静まることさえ、なかなかできないのです。静まって祈ってもお答えが得られないような気がするときもあります。

 さいわい、キリスト教信者には、聖書が与えられています。いつでも自分の手元に置いてそれを開き、神様のことばを確かめることができると、聖書を読むことを勧められています。
 これは、すばらしいことです。私の手元には、神のことば「聖書」があるのです。しかも、多くの聖書があるのです。さまざまな訳、さまざまな言葉、研究の成果の聖書が手に入るのです。私に能力と時間があれば、ヘブル語やギリシャ語の聖書を読むことも可能でしょう。多くの注解書や辞書も、求めさえすれば、簡単に手に入る時代です。

 もちろん、私はすべてを手に入れることはできません。けれども、できる所から始めようと思ったのです。ガイドブックは、聖書自身です。創世記から読んでいくように、創世記が最初に置かれているに違いない。そう思って、私は、読み始めました。ただ、読むのではなく、書きながら読むことにしたのです。
 もともと印象と感覚だけでパッパッと飲み込んで、都合の良いところだけ記憶していくような傾向がありましたから、書くのは、そのような私にとって、監視カメラをつけるようなものです。これは、良い方法だと思いました。それも自分のノートに書きつけるだけでなく、毎日ブログに発表するのです。多くの人の目に触れるかもしれないと思うと、さらに身が引き締まります。

★★★★★

 安物のスニーカーに小さなバックパック、わずかな飲み物と水をもって、聖書の森への小道へ入って行った気がします。じつに、無謀な旅です。無謀な旅であることはすぐにわかりました。あわてて、上着や食料や杖や通信機を購入したような具合でした。
 さいわい、この森には、たくさんの方が歩いていました。多くの標識もありました。
 なにしろ、聖書は、書かれ始めて三千年以上が経っており、現在でもこの巨大な森を研究し、私たちを導くためにここに入っておられる方々は数えきれないほどいるのですから、当然です。

★★★★★

 学びは神学校でするもの、説き明かしは神学校できちんと教育を受けた方がするもの、といった一種の不文律があるのも知っていました。信徒は教会、教界からしかるべき資格を与えられた牧師、教師、伝道者から教えられることを聞き、その弟子として忠実に学ぶべし――。
 すべてのジャンルできちんと学び、折り目正しい教育を受けるのは、大きな成長を願い、その世界のだいご味を味わう上で当然のことでしょう。

 けれども、信徒の側も、座って与えられることを待っているだけで良いのでしょうか。
 私たちは、聖霊によって救われたのです。聖霊の証印を押され、イエス様に従うものとなったのです。私たちの師は、だれであるよりもまずイエスさまであり、イエス様は日々、私たちに課題を与えて、招いておられるのではないでしょうか。

 ★★★★★

 聖書の森ははかり知れない大きさです。とうぜんですね。天地万物を創造された方が御姿を現しておられる場所なのですから。
 私は一生かかっても、聖書の世界を渉猟できないでしょう。私がすでに高齢だからではなく、仮にあと百年生きても、がんばって良い神学校で学んでも、すべてを「わかる」ことなどあり得ないと思われます。
 しかし、それだからこそ、歩き回ってみたいと思うのです。
 自分の足と手を使って、頭と心臓をつかって、ときに息切れして、諦めそうになる旅です。ところが、続いてきたのです。多くの標識があり、手助けして下さる人がいてくださるのが、聖書の森だと気づかされるのです。何より、大きな光がいつも足元と頭上を照らし出しているのです。

 ご教示やご示唆、励ましをいただいていることを感謝申し上げます。
 訪問して下さる方々に感謝申し上げます。
 何より、意思の弱い平凡な信徒の足のともしびとなって下さって日々導いてくださったイエス様に、感謝申し上げます。
 イザヤ書を読む私のために。お祈りください。
                                          さとうまさこ
 



posted by さとうまさこ at 09:34| Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする