2014年09月02日

Coffee Break預言書・イザヤ書207 エルサレムとともに喜べ(イザヤ書66章5節〜11節)



  主のことばにおののく者たちよ。
  主のことばを聞け。
  「あなたがたを憎み、
  わたしの名のためにあなたがたを押しのける、
  あなたがたの同胞は言った。
  『主に栄光を現わさせよ。
  そうすれば、あなたがたの楽しみを見てやろう。』
  しかし、彼らは恥を見る。」(イザヤ書66章5節)


 もうじき、クリスマスがやってきます。イエス・キリストのご降誕を記念するキリスト教の大切な祝祭日です。罪の世界に堕ちた人間のためにいつか救いが来るというのは、聖書の最初からの神の宣言であると、思います。
 神の救いのご計画には様々な曲折がありました。「いったい神はどこにおられるのか」と人間はつぶやき、また「神はいない」と言い切り、あげくに、『主に栄光を現わさせよ。
 そうすれば、あなたがたの楽しみを見てやろう。』と、神を求める人を嘲笑するまでに堕落して行くのです。これは、サタンが人間に働きかけ続け、楽園から追放されたのちも人間がサタンに操られていたからです。

 神はサタンより力ある方ですから、着々と救いのご計画を進めておられたのです。それは、ある日、思いもかけない形で現実のものとなるのです、それが、救い主の人間世界への来臨です。
 そのとつぜんの、神のみわざをイザヤは謳いあげているのです。

  彼女は産みの苦しみをする前に産み、
  陣痛の起こる前に男の子を産み落とした。(7節)
  だれが、このような事を聞き、
  だれが、これらの事を見たか。
  地は一日の陣痛で産み出されようか。
  国は一瞬にして生まれようか。
  ところがシオンは、
  陣痛を起こすと同時に子らを産んだのだ。(8節)
  「わたしが産み出させるようにしながら、
  産ませないだろうか。」と主は仰せられる。
  「わたしは産ませる者なのに、
  胎を閉ざすだろうか。」と
  あなたの神は仰せられる。(9節)

 ふつうは、国は、一瞬にして生まれるものではありません。激しい闘争や長い時間の結果成立するのです。ところが、地上の神の国はとつぜんに生まれるのです。救い主は、救い主を嘲笑していた者の前に、奇跡のように立ちはだかるのです。

★★★★★

 楽園から追放される前に、神は、人間を誘惑した蛇(サタン)に仰せになっています。

  「わたしは、おまえと女との間に、
  また、おまえの子孫と女の子孫との間に、
  敵意を置く。
  彼はおまえの頭を踏み砕き、
  おまえは、彼のかかとに噛みつく。」(創世記3章15節)

 ここでは、サタンの頭を踏み砕くのが、「救い主」だと、まだ具体的に書かれていませんが、パウロはローマ書で次のように引用しています。

 平和の神は、すみやかに、あなたがたの足でサタンを踏み砕いてくださいます。(ローマ人への手紙16章20節)

 キリストの生涯はまさにいばらのかんむりと十字架で現わされるような苦難の道でした。ところが、それは、人類の歴史始まって以来の祝福でした。
 それゆえ、神は次のような預言をイザヤの口に置かれるのです。

  エルサレムとともに喜べ。
  すべてこれを愛する者よ。これとともに楽しめ。
  すべてこれのために悲しむ者よ。
  これとともに喜び喜べ。(10節)
  あなたは、
  彼女の慰めの乳房から乳を飲んで飽き足り、
  その豊かな乳房から吸って喜んだからだ。(11節)






posted by さとうまさこ at 09:59| Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする