2015年04月01日

Coffee Break 知恵文学・ヨブ記96 ヨブ記の語るもの6・正しさの限界(出エジプト記22章20節〜27節、23章6節〜12節、レビ記19章9節10節、14節15節、申命記24章17節〜22節、(ヨブ記1章10節11節、同1章21節、2章8節〜10節)



 ヨブは、人にも――神様に対すると同様に――「良い子」であるように努めていた人です。慈善家でもあったのでしょう。ヨブの門前に行けば、食事や上着にありつけると聞いて頼ったやもめや孤児が大ぜいいたかもしれません。なにしろ、政府の運営理念の中に「福祉思想」などなかった時代のことです。「拠るべのない境遇の者」は、裕福な者の慈悲にすがるしかありません。だからこそ、神は、シナイ契約の時に、十戒とそれに続く戒めで、「弱者に対して人が果たさなければならない義務を定めておられるのです。(出エジプト記22章20節〜27節、23章6節〜12節、レビ記19章9節10節、14節15節、申命記24章17節〜22節)

 人や社会のために自分の富や時間を差し出す、これは今日にまで通じる大切な「人間の良心的行為」です。人間の「自己防衛本能」は蓄財に傾くからです。いざとなれば、「お金が頼り」と思っている人は多いのです。何の対価も求めずお金を出すのは、血を絞り出すほどのことだったりするのです。

 じっさいにはクリスチャンであってもなくても、寄付や献金をしている人は多いでしょう。「アフリカの子どものビタミン剤のために、一日100円を」などと呼びかけられると心が動きます。社会的弱者のために、病人やかわいそうな子どものために、ボランティア活動をしている人も多いのです。無償の奉仕で町の清掃をしているグループもあります。
 心の健康や倫理的価値の向上のために活動している人もいます。こうした活動は、もちろん、いくばくか社会的貢献をしているのでしょう。
 それ以上に、それを行なっている人にとって「気持ちの良い」体験かもしれません。なにしろ、人間は「良い子でいたい」本能があるのです。

★★★★★

 ヨブ記が私にとって難解なのは、良い子であるゆえにヨブはサタンに目をつけられ、サタンがヨブに試練を与えるように神に進言する過程です。また、それを、神が許可されることです。
 「ヨブはいたずらに神を恐れましょうか」などと言われたら、だれであれ、良心的行動の背後にある功利的動機に思い当らない人はいません。親にほめられたい、先生にほめられたい。誰かの喜ぶ顔が見たい。神様のお喜びになる(と思える)ことをしたい。それだって、突き詰めれば、功利的側面を含んでいます。
 サタンは、言うのです。

 「あなたは彼と、その家とそのすべての持ち物との回りに、垣を巡らしたではありませんか。あなたが彼の手のわざを祝福されたので、彼の家畜は地に増え広がっています。
しかし、あなたの手を伸べ、彼のすべての持ち物を打ってください。彼はきっと、あなたに向かってのろうに違いありません。」(ヨブ記1章10節11節)

★★★★★

 ヨブがもし、神をのろわなかったらどうなったのか、と考えてみます。事実、ヨブは最初、神をのろわなかったのです。持ち物をすべて失い、息子と娘全員を失い、健康を失っても、ヨブは、罪を犯すようなことは口にしなかったのです。 (同1章21節、2章8節〜10節)
ですが、サタンは面目を失って、神の前に謝罪したでしょうか。

 このあと、サタンは、もう登場して来ません。神様とサタンがその後どのようなやり取りをしたのか、記録がありません。
 話は、ヨブを見舞いに来たエリファズたちによって、新しい展開を見せるのです。サタンが行う試みにも崩れなかったヨブが、友人たちのことばによって、やすやすと信仰の牙城を崩されるのです。
 「正しい人」ヨブを非難したのは、神ではなく、人間の友人でした。それも、ヨブより「正しい」友人ではなく、間違った神観をもった人たちでした。エリファズたちは、ヨブの悲惨さを見て、ヨブには、隠している罪があるに違いないと追及するのです。この見当はずれの指摘から、ヨブは崩れ始めるのです。

 これは何を意味しているのでしょう。








posted by さとうまさこ at 10:21| Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする