2015年09月08日

Coffee Break詩編・148 見えない敵と戦ってくれる神(詩編94編11節〜17節)



 詩編94篇を読んでいて、神を「復讐の神」としてお呼びするなんて、よほど苦しい目にあっているんだとは理解できるのです。なにしろ、この詩編の背景は捕囚時代だと言われているのです。
 捕囚の民の苦しさなど、平和が続いて昭和平成の日本を生きている私などには、想像がつかないと思います。
 私の子供の頃は、まだ太平洋戦争の敗戦の記憶が生々しく、空襲や外地での戦い、捕虜生活を生々しく語る人がたくさんいました。とくに、過酷なシベリヤに抑留された人の体験談は恨みに満ちたものが多かったと思います。
 
 だれが、私のために、悪を行なう者に向かって
 立ち上がるのでしょうか。
 だれが、私のために、不法を行なう者に向かって
 堅く立つのでしょうか。(16節)
 もしも主が私の助けでなかったなら、
 私のたましいはただちに
 沈黙のうちに住んだことでしょう。(17節)

 私は捕らわれ人になったことがないので、囚人の苦しさは想像するばかりです。そして一応、もし、そんな状態だったら、信仰があるからいくらか大丈夫かなと思っています。
 次のように祈ることができるはず、だからです。

 もしも私が、
 「私の足はよろけています。」と言ったとすれば、
 主よ、あなたの恵みが私をささえてくださいますように。(18節)
 私のうちで、思い煩いが増すときに、
 あなたの慰めが、
 私のたましいを喜ばしてくださいますように。(19節)

★★★★★

 おきてにしたがって悪をたくらむ破滅の法廷が、
 あなたを仲間に加えるでしょうか。(20節)
 彼らは、正しい者のいのちを求めて共に集まり、
 罪に定めて、罪を犯さない人の血を流します。(21節)

 法律的な捕らわれ人にならなくても、私たちが悪者の標的になって自由を失うことは、今の時代でもあります。法には触れない範囲で善良な人の物を盗み、善良な人を破滅させようとしている人間や集団は、日々ニュース種になっています。
 信仰があれば、そのような罠に落ちそうなときにも、神がとりでとなり、避けどころの岩となってくださいますと、詩人は歌います。

 しかし主は、わがとりでとなり、
 わが神は、わが避け所の岩となられました。(22節)
 主は彼らの不義をその身に返し、
 彼らの悪のゆえに、彼らを滅ぼされます。
 われらの神、主が、彼らを滅ぼされます。(23節)

 悪人は、自分の悪が自分の身に帰って、自滅する、そうして下さるのは「われらの神」だというわけです。「われらの神が、彼らを滅ぼす」。
 この信仰は捕囚生活の上に希望をもたらしたに違いありません。




posted by さとうまさこ at 09:13| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする