2015年09月13日

Coffee Break詩編・153 主は、奇しいわざをなさった。(詩編98編1節〜3節)



 賛歌

 新しい歌を主に歌え。
 主は、奇しいわざをなさった。
 その右の御手と、その聖なる御腕とが、
 主に勝利をもたらしたのだ。(詩編98篇1節)
 
 「奇しいわざ」とは、「不思議としるし」です。聖書には、幾度も神の奇しいわざが記録されています。そもそもが、初めに、神が天と地を創造した(創世記1章1節)ことが奇しいわざです。

 神は仰せられた。「光があれ。」すると光があった。(創世記1章3節)

 これが奇しい出来事でなくてなんでしょう。
 ふしぎなみわざは続きます。

 神は仰せられた。「大水が水の真っただ中にあれ。水と水との間に区別があれ。」(同6節)

 ヨイド福音教会のチョー・ヨンギ牧師は、「聖書は初めから終わりまで奇跡の話である。聖書から奇跡を取り除いたら表紙だけになってしまう」と語っています。
 聖書を読んで、最初の内、抵抗を覚えるのは、この奇跡話のオンパレードだからかもしれないと思うのです。
 奥様が先に救われた男性が、何とか奥様を理解したいと、新約聖書を読み始めた。何とか読み続けたが五千人の給食のところでとうとう座礁してしまった、と証しをしていました。結局この男性は救われて熱心なクリスチャンになるので、この最初の挫折も証しの一部なのですが、このような方は多いのではないでしょうか。

 さらに、キリスト教の救いの眼目は、キリストの刑死と復活です。刑死はとにかく復活を認めるのは、キリストが神であると認めない限り不可能です。

★★★★★

 神を認めるのは、難しいことではないと思うのです。ですが、かく言う私も、神を自分の人生から除外していました。これは言葉の矛盾で、実際には、単に「放蕩息子」をしていただけのことなのです。認める認めないに関わらず、私も「神の作品」です。やがては、神の摂理の中で、神の手によって取り去られる「作品」なのです。
 今にして思えば、神を信じないと思っていた長い間、自分は、ある種の、とても狭い合理主義、実証主義の感覚で生きていた、実際の自分は全く合理的でも実証的でもないのに、そのような考え方を金科玉条としていたと気が付くのです。体重を測りたいのに、巻き尺を体の回りに、ぐるぐる回しているようなものです。水を汲みたいのに、包丁を振り上げているようなものです。

 ★★★★★

 奇しいわざは、聖書の物語そのものですが、それがお出来になるのは、神様だからですね。
 救いは、奇しいわざの、集大成だったのですね。その上、キリストは、私のような異邦人にそれを知らせて下さって、救いを受けさせてくださった…本当に、奇しいできごとです。
 
 主は御救いを知らしめ、
 その義を国々の前に現わされた。(2節)
 主はイスラエルの家への
 恵みと真実を覚えておられる。
 地の果て果てまでもが、みな、
 われらの神の救いを見ている。(3節)







posted by さとうまさこ at 08:40| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする