2015年09月18日

Coffee Break詩編・158 主よ。私の祈りを聞いてください。私の叫びが、あなたに届きますように。(詩編102編1節〜17節)



 悩む者の祈り。彼が気落ちして、自分の嘆きを主の前に注ぎ出したときのもの

 主よ。私の祈りを聞いてください。
 私の叫びが、あなたに届きますように。(詩編102章1節)
 私が苦しんでいるときに、
 御顔を私に隠さないでください。
 私に耳を傾けてください。
 私が呼ぶときに、早く私に答えてください。(2節)
 私の日は煙の中に尽き果て、
 私の骨は炉のように燃えていますから。(3節)
 私の心は、青菜のように打たれ、しおれ、
 パンを食べることさえ忘れました。(4節)
 私の嘆く声で
 私の骨と皮はくっついてしまいました。(5節)
 私は荒野のペリカンのようになり、
 廃墟のふくろうのようになっています。(6節)
 私はやせ衰えて、
 屋根の上のひとりぼっちの鳥のようになりました。(7節)

 この詩人の嘆きの原因は何なのかしら、と考えるのです。
 ここまで嘆くのは、理不尽な不遇、社会的な抑圧や運命の残酷のただ中にいるからかもしれないと思うのです。

 たとえば、進学を諦めなければならなかったとしても、自分の成績が志望校の基準に届かなかったのなら、落胆の原因はわかります。急に父親が失業してお金のめどが立たなくなった場合もまずその原因に納得できます。
 しかし、入試にも受かり、学費も賄えて、その上、まじめに楽しく学生生活を送っていたのに、戦争で兵士に取られて学業を半ばで放棄しなければならず、帰国したときには、その学校さえなくなっていたら、挫折感は相当のものです。夫婦仲が悪くて離別し、家庭を壊す場合も、まだしも原因が自分にも思い当たる場合はよいのです。不慮の事故で家族を失ったり、戦争で別れ別れになって家庭が崩壊したりする時、人はその怒りをぶつける場所がないのです。

 とう考えても、自分に原因がないように思える不幸は、不幸の中でも最悪です。
 神さまを認めない者なら、「神も仏もない!」と毒づくでしょう。お酒に溺れたり、破滅的に生きたりするかもしれません。
 けれども、たまに言われるように、「落ちるところまで堕ちる」なんてことは、人間にはできないのではないでしょうか。
 人間には、幸せに平安の中にいたいという強い願望(本能)があると思うのです。

 そのとき、神を認めている人は、幸いです。
 「悲しむ者は幸いです。その人は慰められる」(マタイの福音書5章4節)のです。

★★★★★

 私の敵は一日中私をそしり、
 私をあざける者は私を名ざして毒づきます。(8節)
 これはみな、私が、パンを食べるように灰を食べ、
 私の飲み物に涙を混ぜ合わせたからです。(9節)
 それはあなたの憤りと怒りとのゆえに、
 あなたが私を持ち上げ、投げ出されたからです。(10節)
 私の日は、伸びていく夕影のようです。
 私は、青菜のようにしおれています。(11節)

 しかし、「神の選びの民」であった人たちでさえ、神に恨み言を申しあげるのです。
 神様が、彼を投げ出され、痛い目にあわされ、それゆえ、彼は、食べ物も喉を通らず、飲み物を飲めば、それがそのまま涙になって流れ出て来るような状態なのです。
 神様の厳しい措置に、ふと、なじってしまう「彼」にたいして、何が起こるかは、神を信じる者たちの多くが、経験しているのです。

 なぜ、彼の神はあのような不幸を放置しておられるのだろうか。
 なぜ、彼の神は自分の選びの民にあのような災難を下されるのか。

★★★★★

 神を恃(たの)みとする者は、さんざん敵に試みられた後、やはり神のふところに戻って行くのです。その意味で、苦難は、信仰が練られるためのチャンスであるのでしょうか。

 しかし、主よ。あなたはとこしえに御座に着き、
 あなたの御名は代々に及びます。(12節)
 あなたは立ち上がり、
 シオンをあわれんでくださいます。
 今やいつくしみの時です。
 定めの時が来たからです。
 まことに、あなたのしもべはシオンの石を愛し、
 シオンのちりをいつくしみます。(14節)
 こうして、国々は主の御名を恐れ、
 地のすべての王はあなたの栄光を恐れましょう。
 なぜなら、主はシオンを建て、
 その栄光のうちに現われ、(16節)
 窮した者の祈りを顧み、
 彼らの祈りをないがしろにされなかったからです。(17節)






posted by さとうまさこ at 11:00| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする