2015年09月23日

Coffee Break詩編・163 あなたは尊厳と威光を身にまとっておられます。(詩編104編1節〜18節)



 わがたましいよ。主をほめたたえよ。
 わが神、主よ。あなたはまことに偉大な方。
 あなたは尊厳と威光を身にまとっておられます。(詩編104編1節)
 あなたは光を衣のように着、
 天を、幕のように広げておられます。(2節)
 水の中にご自分の高殿の梁を置き、
 雲をご自分の車とし、
 風の翼に乗って歩かれます。(3節)
 風をご自分の使いとし、
 焼き尽くす火をご自分の召使とされます。(4節)

 詩編104編は、103篇と同様、「わがたましいよ。主をほめたたえよ。」で始まります。103篇は、主が、「私に良くして下さった」ゆえにほめたたえるのですが、104編は主の在りようそのもの――威厳と威光をまとっている姿――の故に、褒めたたえようと歌うのです。
 光、天、水、雲、風などで表徴されるレトリックは、壮大で美しいですね。
 つぎに、そのような美しい主の御業が語られます。

 相変わらず、詩的な言葉が続きますが、聖書読者には、ひどく変わった出来事は、無いように思います。すべて神の御業は、一貫しているのです。

 また地をその基の上に据えられました。
 地はそれゆえ、とこしえにゆるぎません。(5節)
 あなたは、深い水を衣のようにして、
 地をおおわれました。
 水は、山々の上にとどまっていました。(6節)

★★★★★

 創世記の天地創造が、少し言葉と表現を変えて述べられます。

 水は、あなたに叱られて逃げ、
 あなたの雷の声で急ぎ去りました。(7節)
 山は上がり、谷は沈みました。
 あなたが定めたその場所へと。(8節)
 あなたは境を定め、
 水がそれを越えないようにされました。
 水が再び地をおおうことのないようにされました。(9節)
 主は泉を谷に送り、山々の間を流れさせ、(10節)

 水は、聖書を通じて一つのキーワードであると気が付きます。「聖書における水の意味」とでも題して、たくさんのエッセイが書けそうです。創世記の、冒頭から存在する物質なのです。

 初めに、神が天と地を創造した。(創世記1章1節)
 地は茫漠として何もなかった。やみが大水の上にあり、神の霊が水の上を動いていた。(2節)
 神は仰せられた。「光があれ」すると光があった。(3節)

 光でさえ、水の後に、創造されるのです。
 
 水が生命を育む媒体であったことは、生命学にうとい私のような者でも、聞き及んでいます。
 私たちの体の60パーセントは水分だと言われています。水の補給を絶たれたら、たちまち生命の危機に瀕します。聖書では、水争いの話が頻繁に登場します。
 乾燥地帯のシナイ半島やアラビヤ半島では、井戸を見つけることは富と権力を見つけることでした。

★★★★★

 野のすべての獣に飲ませられます。
 野ろばも渇きをいやします。(11節)
 そのかたわらには空の鳥が住み、
 枝の間でさえずっています。(12節)
 主はその高殿から山々に水を注ぎ、
 地はあなたのみわざの実によって満ち足りています。(13節)

 主は家畜のために草を、
 また、人に役立つ植物を生えさせられます。
 人が地から食物を得るために。(14節)
 また、人の心を喜ばせるぶどう酒をも。
 油によるよりも顔をつややかにするために。
 また、人の心をささえる食物をも。(15節)

 平和な光景が語られます。アフリカからのフィルムなどでも、野性動物が水辺で水を飲む姿には、ほっとさせられるものがありますね。
 水があれば、草が生え、ぶどうの木も順調に実を実らせ、人にぶどう酒や食物をもたらすのです。

 主の木々は満ち足りています。
 主の植えたレバノンの杉の木も。(16節)
 そこに、鳥は巣をかけ、
 こうのとりは、もみの木をその宿としています。(17節)
 高い山は野やぎのため、
 岩は岩だぬきの隠れ場。(18節)

 水があれば、レバノン杉のような大木も枝を張ることができ、鳥がその中に巣を懸けるのです。木はまた、いろいろの動物に巣を与え、逃げ場を与えます。
 食べて満ち足りた動物たちのいのちは、美しく繁栄して行くのです。





posted by さとうまさこ at 09:34| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする