2015年10月06日

Coffee Break詩編・176 死刑を宣告する者たちから救って下さる神(詩編109篇21節〜31節)



 神に、敵への報復を訴えながら、同時にダビデは、自分へのあわれみを乞います。

 しかし、私の主、神よ。
 どうかあなたは、御名のために
 私に優しくしてください。
 あなたの恵みは、まことに深いのですから、
 私を救い出してください。(詩編109篇21節)
 私は悩み、そして貧しく、
 私の心は、私のうちで傷ついています。(22節)
 私は、伸びていく夕日の影のように去り行き、
 いなごのように振り払われます。(23節)
 私のひざは、断食のためによろけ、
 私の肉は脂肪がなく、やせ衰えています。(24節)
 私はまた、彼らのそしりとなり、
 彼らは私を見て、その頭を振ります。(25節)

 人生においてこのような経験をしないで済めばさいわいです。けれども、一度も「傷ついています」と言えないで済む人などいるでしょうか。「夕日の影」は、やがて闇に呑み込まれて消え去ります。草原でたくさんのイナゴに飛びつかれた人は、思わず振り払います。
 このように、人はときに、自分が空しく消え、邪険にふり払われる経験をするのです。

 ヨブは、最悪の不幸が訪れた時、神を呪う代わりに荒布を着て灰の中にすわり、断食しました。しかし、彼を励ましに来た友人たちは、その痩せ衰えた姿を見て、かえって彼を詰り、攻撃する有様でした。
 ヨブの物語は、ヨブだけの固有の物語ではなく、普遍的な人間世界の不条理を語っているのです。

★★★★★

 わが神、主よ。私を助けてください。
 あなたの恵みによって、私を救ってください。(26節)
 こうして、これがあなたの手であること、
 主よ、あなたがそれをなされたことを
 彼らが知りますように。(27節)

 神を信じる者は、たんに助け出されれば満足というのではありませんね。不幸に代えて祝福が来たとき、それがどこから来たのかは大切です。良い報いが神さまから来たのだと、敵が認める時、私たちに、「本当の勝利」があるのではないでしょうか。
 たとえ、ジャンボ宝くじに当たったとしても、それがサタンから来ているかもしれないのです。

 彼らはのろいましょう。
 しかし、あなたは祝福してくださいます。
 彼らは立ち上がると、恥を見ます。
 しかしあなたのしもべは喜びます。(28節)
 私をなじる者が侮辱をこうむり、
 おのれの恥を上着として着ますように。(29節)

 敵への厳しい報復を願っていた祈りは、やわらいできています。彼らは恥を見、侮辱をこうむるのですが、6節から15節に述べられたような具体的に悲惨な状態は、もう詩人の念頭を去っています。
 おそらく、ダビデはここで主からのお答をいただいたのでしょう。
 たしかに、主が答えて下さったのです。

 私は、この口をもって、大いに主に感謝します。
 私は多くの人々の真中で、賛美します。(30節)

 信仰者の祈りは、賛美と感謝で始まり、賛美と感謝で終わります。
 不確かな神・偶像を礼拝している者は、お金や良縁や豊作などの結果だけを願い、それが聞き届けられるか否かが祈りの焦点です。しかし、聖書の神を知っている者は、神との関係が何よりも大切です。神との交わりを喜ぶのです。
 最後に、詩人は確信しているのです。

 主は貧しい者の右に立ち、
 死刑を宣告する者たちから、
 彼を救われるからです。(31節)

 新約の信徒には、このあとに、もう一つみことばが思い浮かんでくる気がします。

 イエスは言われた。「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じるものは死んでも生きるのです。
 また、生きていてわたしを信じる者は、決して死ぬことがありません。このことを信じますか。」(ヨハネの福音書11章25節26節)







posted by さとうまさこ at 08:12| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする