2015年10月11日

Coffee Break詩編・180 主は直ぐな人たちの報酬(詩編112篇1節〜10節)



 主を恐れるとは、主を信じるの旧約的表現です。
牧師の書斎
http://meigata-bokushin.secret.jp/index.php?%E7%9E%91%E6%83%B3Ps112%2FA

 じっさい、「主を恐れる」という言葉は、旧約聖書の中、至る所にあります。
 現代では、「信仰は信頼である。神に信頼して甘え、ゆだねること」とやさしい神様のイメージが強調されていますが、たしかにそれだけでは、足りない気がします。すべての人のすべてをご存知であり、すべてを引き受けて愛で包んで下さるような大きな方を、恐れなしに近づくことはあり得ないはずです。

 偶像の神様は、守備範囲が小さいので(たとえば豊作とか)、その祭りは、結局人間の楽しみ(享楽)の時間になってしまうようです。食べたり飲んだりし、歌い踊り、無礼講になってしまうのです。これは今では、より顕著に見えます。
 現代日本人は信仰心がないと言われていますが、宗教行事に由来する「祭り」は、年中、日本中いたるところで行なわれていて、テレビなどのニュースになっています。しかし、神事そのものより、人を集め楽しむイベントの側面が強調されています。もともとはどのような神さまのどのような働きに対して、人間がなにをささげているのか、まるでわからないのです。

★★★★★

 ハレルヤ。
 幸いなことよ。
 主を恐れ、その仰せを大いに喜ぶ人は。(詩編112篇1節)

 しかしながら、「主を恐れる」ことは、たしかに容易でないと感じさせられます。

 その人の子孫は地上で力ある者となり、
 直ぐな人たちの世代は祝福されよう。(2節)

 まず、「直ぐな人」でなければなりません。まっすぐ生きるなんてこの地上では、「至難のわざ」だと思えないでしょうか。
 でも、神を恐れて「直ぐであるよう」にと勧められています。

 繁栄と富とはその家にあり、
 彼の義は永遠に堅く立つ。(3節)
 主は直ぐな人たちのために、光をやみの中に輝かす。
 主は情け深く、あわれみ深く、正しくあられる。(4節)

 直ぐであることに対して、主は報いて下さるのです。繁栄と富、やみの中にあっても(神からの)光が輝き、主の情けとあわれみを受けることができるのです。

 しあわせなことよ。
 情け深く、人には貸し、
 自分のことを公正に取り行なう人は。(5節)
 彼は決してゆるがされない。
 正しい者はとこしえに覚えられる。(6節)

 自分を公正にとり行うのも至難ですが、そうすることによって、「決してゆるがされない」というのです。そのような人を神様はとこしえに覚えて下さるのです。

★★★★★

 その人は悪い知らせを恐れず、
 主に信頼して、その心はゆるがない。(7節)
 その心は堅固で、恐れることなく、
 自分の敵をものともしないまでになる。(8節)

 私たちにとって、究極の幸せは、何事にも心をゆるがされない「平安」ではないでしょうか。たしかに、苦しみと悩みは「揺るがされる」ところにあると思います。
 家族の絆,仕事、友人関係、経済状態、健康などに私たちは、いつも揺るがされています。心配の種、不安の種が尽きないのです。
 ですから、私たちは防衛的になります。最たるものが経済的防衛です。集め、蓄え、倉を立て、何とか、一生遊んで暮らせるほどのもので自分を防衛しようとします。(ルカの福音書12章16節〜21節)高い富で人より上位に立ち、防衛しようとします。
 貧しい人に惜しみなく与えるのは、「特別な勇気」がいるようになるのです。でも、神を恐れ、平安を得ている人は、それができるのかもしれません。

 彼は貧しい人々に惜しみなく分け与えた。
 彼の義は永遠に堅く立つ。
 その角は栄光のうちに高く上げられる。(29節)
 悪者はそれを見ていらだち、
 歯ぎしりして溶け去る。
 悪者の願いは滅びうせる。(10節)

 悪者は、強欲な人というより、彼らを動かしている「サタン」ではないでしょうか。悪者は人が苦しむのを見て喜ぶのです。神に信頼できず、「不安の中にいる」人を見て手を打つのです。ぎゃくに、直ぐな人には、歯ぎしりするのです。






posted by さとうまさこ at 08:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする