2015年10月16日

Coffee Break詩編・185 あなたの恵みとまことのために、(詩編116篇1節〜8節、)



 私は主を愛する。
 主は私の声、私の願いを聞いてくださるから。(詩編116篇1節)
 主は、私に耳を傾けられるので、
 私は生きるかぎり主を呼び求めよう。(2節)
 死の綱が私を取り巻き、
 よみの恐怖が私を襲い、
 私は苦しみと悲しみの中にあった。(3節)
 そのとき、私は主の御名を呼び求めた。
 「主よ。どうか私のいのちを助け出してください。」(4節)

 主は情け深く、正しい。
 まことに、私たちの神はあわれみ深い。(5節)
 主はわきまえのない者を守られる。
 私がおとしめられたとき、私をお救いになった。(6節)
 私のたましいよ。おまえの全きいこいに戻れ。
 主はおまえに、良くしてくださったからだ。(7節)

 ちょうど、今朝、私はあるクレームのメールを受け取ったのです。相手の立場を明らかにするので、詳しくは書けませんが、私の落度を咎めているメールです。
 問題は、私は相手が指摘していることも、私がその原因だとも認められないので、ちょっと面白くないわけです。すぐにもメールの返事を書きました。わたしが当惑していること、相手が指摘しているような言動に覚えがないこと。
 けっきょく、すぐには返信しませんでした。これは、もしもこじれたら、私と相手の問題だけではなくなりそうなことだったからです。私はある方に相談し、とりあえず返信を見合わせることにしました。

 でも、心は騒ぎます。
 「なんで人のために好意で動いて、クレームをつけられなければならないの。」
 ちょっと相手を非難する気持ちになり、同時に、「私がもう少し行き届いていたら、私がもっと世慣れていたら、私がもっと用心深かったら」と、思うわけです。
 そう。私は、「わきまえのない者」だったわけです。

★★★★★

 まことに、あなたは私のたましいを死から、
 私の目を涙から、
 私の足をつまずきから、救い出されました。(8節)

 この聖句は、奇しくも私の今の状況に適応できそうです。
 どの道、何かクレームをつけられる、相手に誤解を与えるような「つまづき」が、自分にあったわけです。

 そんなわけで、私は祈っています。
 どうか私の足をつまづきから、救い出して下さい。主よ。





posted by さとうまさこ at 10:33| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする