2015年10月21日

Coffee Break詩篇・190 家を建てる者たちの捨てた石。それが礎の石になった。(詩篇118篇21節〜29節、マタイの福音書21章41節)


 私はあなたに感謝します。あなたが私に答えられ、
 私の救いとなられたからです。(詩篇118篇21節)

 家を建てる者たちの捨てた石。
 それが礎の石になった。(22節)
 これは主のなさったことだ。
 私たちの目には不思議なことである。(23節)

 私は建築のことはまるでわかりません。今問題の「傾いたマンション」の話で一番驚いたのは、私が目で見ている固い地面の中にさらに固い地層があって、建築者は土台の柱をその地層に届くように埋めなければいけなかったということです。しかも、その地層はリンゴの皮のように平になっているのではなく、凸凹があるので、柱を埋める前にその深さをきちんと調査しなければならない。固い地層に届いていない柱があるのは、深さのデータを偽造したのではないかと言った疑惑が浮かんでいるのです。

 昔の建築ならわかるというのでもないので、礎(いしずえ)の石もまるでわかりませんでした。さいわい参考書や多くの説教者の解説を、書物やネットを通じて接することができました。

★★★★★

 旧約時代の建物は石造であったのですが、全部の柱や天井の組み立ての要になっている石があったというのです。建物の構造はその石によって支えられ、その石を捨てると建物は崩れてしまう大切な石です。
 聖書の中では、この石はイエス・キリストです。ですから、この箇所がマタイ21章42節で詩篇118篇22節のなかで、イエス自身によって引用されているのです。

★★★★★ 

 もちろん、捕囚帰還後の礼拝の中で、詩篇118篇が歌われた時、人びとはまだ救い主の到来をはっきりと自覚してはいませんでした。ここでは、「礎の石」、自分たちユダヤ人であるという思いだったでしょう。自分たち「神の選びの民」が、「神の国」の礎の石だという自覚です。
 神の選びの民として、神の救いのご計画に用いられているユダヤ人。しかし、その重大な使命にもかかわらず、ユダヤ人は、多くの国々の中で敗北し、国を失い、捕囚の憂き目にあっていたのです。しかし、神は彼らをエルサレムに戻され、神殿を再建させられたのです。
 神殿で、再び礼拝する日を迎えて、ユダヤ人たちは今更のように自分たちの役割りを覚えたのではないでしょうか。

 家を建てる者たちの捨てた石。
 それが礎の石となった。
 これは主のなさったことだ。
 私たちの目には不思議なことである。

 専門家である大工でも、間違って(あるいは、故意に)礎の石を捨ててしまうことがある。また、捨てられて、ただの石くれにしか見えないものでも、礎の石であることもある。神様がなさることは不思議であると詩人は歌うのです。人にはわからないけれども、神様はご自分の建物を建てる時の「必要」をお忘れになっていない。
 ユダヤ人たちは、そのことに気が付き、喜びました。

 これは、主が設けられた日である。
 この日を楽しみ喜ぼう。(24節)

 ああ、主よ。どうぞ救ってください。
 ああ、主よ。どうぞ栄えさせてください。(25節)
 主の御名によって来る人に、祝福があるように。
 私たちは主の家から、あなたがたを祝福した。(26節)
 主は神であられ、私たちに光を与えられた。
 枝をもって、祭りの行列を組め。
 祭壇の角のところまで。(27節) 

 あなたは、私の神。私はあなたに感謝します。
 あなたは私の神、私はあなたをあがめます。(28節)

 主に感謝せよ。主はまことにいつくしみ深い。
 その恵みはとこしえまで。(29節)








posted by さとうまさこ at 09:50| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする