2015年11月06日

Coffee Break詩篇・206 あなたのみことばは、私の足のともしび、私の道の光です。(詩篇119篇105節〜112節)



 あなたのみことばは、私の足のともしび、
 私の道の光です。(詩篇119篇105節)

 みことば集などに、かならず載せられている美しいフレーズです。しばしば暗やみを手探りして歩くような私たちですが、神のみことばは、その時踏み出す一歩一歩を照らし出して下さるというような意味でしょうか。同時に道に沿って点々とならんだ街灯をイメージすることもできます。
 神様のことばは、闇の中をさまよいそうな私たちの道しるべとなるのです。もちろん、信仰生活にあって、実感として経験できることであり、だからこそ、人の口に上るのでしょう。

 私は誓い、そして果たしてきました。
 あなたの義のさばきを守ることを。(106節)
 私はひどく悩んでいます。

 御言葉のともしびを見つめながら、歩を進めていくのは、喜びであり、感謝です。それでも、この詩人は、手放しの喜びには浸れないようです。

 主よ。みことばのとおりに
 私を生かしてください。(107節)
 どうか、私の口の進んでささげるささげ物を
 受け入れてください。主よ。
 あなたのさばきを私に教えてください。(108節)

 このように念を押すことができるのが、教科書通りの倫理や道徳と、神への信仰の違いではないでしょうか。正しい道であるとわかっていても人は迷います。敵が奢って栄えていて、御言葉の光に沿って歩けないようなことさえあります。
 人間世界の倫理や道徳なら、そこで、ダブルスタンダード、裏表を使い分けることが当たり前になります
 しかし、神を信じる者は、さらに、神に訴えることができるのです。

★★★★★

 私は、いつもいのちがけでいなければなりません。
 しかし私は、あなたのみおしえを忘れません。(109節)
 悪者は私に対してわなを設けました。
 しかし私は、あなたの戒めから迷い出ませんでした。(110節)

 神を信じない人たちも「いのちがけ」で生きているでしょう。私たちは、生まれて以来、いつもいのちがけの「椅子取りゲーム」にさらされているのです。罪の世は、人と人がしのぎを削って自分の命を永らえようとする宿命にあります。
 しかし、信仰者のいのちがけは、かならず、神を見あげることがセットになっています。自分のいのちのためならば何をしても許されるということは、ありえないのです。神がそのような自己中心をお望みになっていないからです。

 私は、あなたのさとしを
 永遠のゆずりとして受け継ぎました。
 これこそ、私の心の喜びです。(T11節)
 私は、あなたのおきてを行なうことに、
 心を傾けます。いつまでも、終わりまでも。(112節)

 神の道の光は、それを見つめる人のために延々と続いています。迷い出そうなときにも、光を見失いそうなときにも、神のさとしを思い起こし、主のおきてを行うことに心を傾けていれば、見失うことはないのです。
 詩篇の作者は、「知っていた」のです。たぶん、終わりの時、彼の手を引き上げて下さる方があると「知っていた」ように思います。








posted by さとうまさこ at 10:09| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする