2015年11月11日

Coffee Break詩篇・211 あなたの恵みによって私の声を聞いてください。(詩篇119篇145節〜152篇)



 信仰をもち始めたころは、なんとか「言葉で」理解しようとしていたと思います。神様が自分に関わって下さっていて、自分の人生を変えようとして下さっているその事実を、何とか「説明しよう」「自分にも、人にもわかる言葉でとらえ直しておきたい」。
 聖書を精読して行けば、神様の神秘がよくわかり、(もし、自分でも)聖書に通じることができれば、きっとより神様に近づき、わからない多くの神秘に答えを見出し、信仰を深めていけるに違いない。
 
 分厚い聖書を目の前に、ただ、手をこまねいていては仕方がないので、ためらいがちにみことばの壁を打ち始めました。
 Coffee Breakを書きはじめた最初、自分に課したルールは二つだけでした。
 @原則、どんなことがあっても毎日聖書を読み、文章にまとめ、ブログに投稿すること。
 Aわからないことは、わかっている方々(牧師、信仰仲間、注解書や先達の方々の著書)に訊ね,あるいは、そのままわからないと認め,ともかく、みことばを十分味わって咀嚼して「楽しむ」

 通読のためのスケジュールなど定められるとは思えませんでした。精読に先立つ何年か前に、一応、聖書通読と言われる行為をしたことがあります。ですが、「若い」信徒であり、同時に「六十の手習い」の私には、読み終わって残っていることがあまりにも少なかったのです。また、教会からは「聖書通読表」なる物が配られていました。毎日、旧約を3章分、新約を1章分ずつ読んだら一年で完読できるというスケジュール表です。

 どうしても、着実に、ごまかしなしに、聖書の密林を歩いてみる必要を感じました。大変かもしれないけれど、入ってみたい密林。真っ暗闇で足を取られ、沼地に沈んでしまうかもしれないけれど・・・と、元文学少女らしく神の世界を勝手に「恐れて」、ドキドキしながら、聖書エッセイを始めました。
 基本的にはこの最初の日の気持ちは、今も変わっていません。光であられる神様は、けっして私を暗やみに沈めることはなさいませんでしたが、でも、一歩先は手探りで、またすり足で、薄氷を踏んでいる「こわさ」は変わりません。

★★★★★

 詩編は、私の聖書に向かう態度を問いかけて来ます。同時に、新しい希望も提示してくれます。

 私は心を尽くして呼びました。
 主よ。私に答えてください。
 私はあなたのおきてを守ります。(詩篇119篇145節)
 私はあなたを呼びました。私をお救いください。
 私はあなたのさとしを守ります。(146節)
 私は夜明け前に起きて叫び求めます。
 私はあなたのことばを待ち望んでいます。(147節)

 私は「心を尽くして主を呼んでいる」だろうかと、改めて問い返す箇所です。あなたのおきてやさとしを、守ります。と心の底から申し上げているだろうか。
 私が主に求めていることは、
「私に答えて下さい。」
「私をお救い下さい。」
「あなたのことばを待ちのぞんでいます。」
 私は、「主にささげる人」ではなくて、「主から受けたい人」なんだと改めて気が付くのです。

 私の目は夜明けの見張りよりも先に目覚め、
 みことばに思いを潜めます。(148節)

 じっさいには、夜更かしの方が多くて、夜明けの見張りより先に目覚めて祈っているとは言い難いのです。
 けれどもつぎの言葉に、私は歓んでしまいます。

 あなたの恵みによって私の声を聞いてください。
 主よ。あなたの決めておられるように、
 私を生かしてください。(149節)

 私たちは、私たちの熱心の度合いによってではなく、「主の恵みによって」、声を聞いていただける! 主が決めておられるように、それぞれを生かして下さる。

 詩人は、主の恵みを確信していて、断言しています。

 しかし、主よ。あなたは私に近くおられます。
 あなたの仰せはことごとくまことです。(151節)
 私は昔から、あなたのあかしで知っています。
 あなたはとこしえからこれを
 定めておられることを。(152節)

 アーメンですね。







posted by さとうまさこ at 10:15| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする