2015年11月16日

Coffee Break詩篇・216 私は山に向かって目を上げる。私の救いはどこからくるのだろうか。(詩篇121篇1節〜8節)



 私が、時折残念に思うのは、教会に来ていて「おびえている」人がいることです。せっかく救われたのに、「開放」ではなく「規制」を感じるらしいのです。病院や温泉場に来たのではなく、偏差値と素行の水準と高い規律で評判の学校にでも入った気分なのかもしれません。

 自分の高校時代を思い出します。「一応の水準」と評判の学校に入学した喜びも束の間、そこは、「あるべきモデル」のために訓練され、常に監視されているような気分になる場所でした。勉学はもちろん、服装や校則遵守、態度物腰にまで、「あるべき姿があって、成文化された規律はもちろん、軍国主義下で教育を受けた先生たちの抱く何となくの「良き学生像」までが、亡霊のように学校の隅々までを監視しているようでした。
 もちろん、多くの生徒は、たくましく学校生活と私生活を使い分け、遊びや、楽しい行事や友達づきあいなどに心の配分をやりくりして、何とか卒業にこぎつけるのですから、「抑圧」があったなどと言うのは、当たらないと思います。事実、建前は民主主義社会の建設で、どこにも、「滅私奉公」「忠君愛国」などといったスローガンは見当たらなかったのです。

 問題は、そのような雰囲気の中で、多くの生徒は脅えていたということです。いつも、「足りないのではないか」「先生が求める基準に届かないのではないか」「自分はダメ人間なのではないか」との、問いかけが迫って来るのです。今の時代とは違いますから、「個性を伸ばそう」「わずかでもよいところを見つけてほめてあげよう」などと言う視点はありません。「個性を伸ばしたい人は、ほか(の学校)へ行けばよいのです」「長所は長所ですが、学生の本分は忘れないように」。
 もちろん、先生のお気に入りになる人もいるし、先生の求める基準に届くのは悪いことではなかったと今でも思います。
 ただ、同窓の友人と話すと、多くの人が、「きつかった」「あの先生はひどかった」「びくびくしていた」などと言うのですから、あながち劣等生の私の感想ではないでしょう。
 
 ★★★★★

 なぜ、あの時代のことが思い出されたのでしょう。せっかく救われたのに、幾人かの人は、「自分は、神様(キリスト教)の要求する(高い)基準に届かないのではないか」との思い込みがあると気が付くからです。

 ちいさな祈り会で、昨日もおずおずと切り出した方がいました。
「皆さんの家には仏壇がありますか」
「あるわよ。主人はクリスチャンじゃないし。長男だし。だから、仏壇のお水を変えたり、お掃除をしたり、法事なんかも手伝いますよ。それをしなかったら、クリスチャンはだめと言われるでしょう」と、しっかり答えたのは教会生活が長い信徒。「うちにもあるわ。だって、親を粗末には出来ないでしょう」という方。
 「私、●●先生に聞いたら、仏壇は捨てて、位牌は持っていていいと言われたから、家にあるんです。でも、ある(クリスチャンの)友達に聞いたら、それも、いけないと言われたんです」
「お葬式の時、手を合わせて拝んでもいけないと言われた」
「御遺体に頭を下げてもいけないと言われた。」
 いろいろ言い出す人がいて、それがすべて、先生の顔色を見てお伺いを立てている、かつての自分たちの姿に重なったのです。
 
★★★★★

 聖書は、神は、私たちを助け、守って下さる方だと、至る所に記しています。

 私は山に向かって目を上げる。
 私の助けは、どこから来るのだろうか。(詩篇121篇1節)
 私の助けは、天地を造られた主から来る。(2節)

 主はあなたの足をよろけさせず、
 あなたを守る方は、まどろむこともない。(3節)
 見よ。イスラエルを守る方は、
 まどろむこともなく、眠ることもない。(4節)

 主は、あなたを守る方。
 主は、あなたの右の手をおおう陰。(5節)

 だから、もし、私たちがクリスチャンになって、何となく「痛い」とか、「打たれた」と思うなら、それは何よりもその人の「神様イメージ」が間違っていると思います。

 昼も、日が、あなたを打つことがなく、
 夜も、月が、あなたを打つことはない。(6節)

 位牌があることを心配している姉妹は、大きな病気から生還した人で、その病気の再発を恐れている中にあるのです。ですから、もし、神様の仰せに叛いたら、再発するのではないかと脅えているのです。
 それをまた、少し先輩のクリスチャンが、「あれはいけない。これはいけない」と律法学者さながら教えるのは、せっかくの救いを台なしにするものではないでしょうか。
 
 この詩編、121篇は、だから、100回でも読むに値すると思います。

 主は、すべてのわざわいから、あなたを守り、
 あなたのいのちを守られる。(7節)
 主は、あなたを、行くにも帰るにも、
 今よりとこしえまでも守られる。(8節)









posted by さとうまさこ at 10:35| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする