2015年11月21日

Coffee Break詩篇・221 涙とともに種を蒔く者は、喜び叫びながら刈り取ろう。(詩篇126篇1節〜6節)



 都のぼりの歌の中でも、具体的に情景が見える詩です。捕囚から開放されて帰還したことが歌われているのです。

 主がシオンの捕われ人を帰されたとき、
 私たちは夢を見ている者のようであった。(詩篇126篇1節)
 そのとき、私たちの口は笑いで満たされ、
 私たちの舌は喜びの叫びで満たされた。
 そのとき、国々の間で、人々は言った。
 「主は彼らのために大いなることをなされた。」(2節)

 たとえば、どこかに拉致されて閉じこめられていたとか、テロ集団に捕虜として連れ去られた人が、とつぜん解放されて故国や自分の家庭に帰ってきたら、こんな気分かもしれません。しかも、それが莫大な身代金や政治的取引の結果ではなくて、例えば、ユダヤ教を捨てなさいと言われることもなくて、開放されるのです。バビロンを滅ぼしたクロス大王は、彼の統治政策として他の宗教に寛大だったと言われていますが、その結果、捕囚の民は帰還命令を受け取り、ついでに神殿建設の費用や材料などの「手当」までもらって帰国できたのです。
 帰還する民の笑顔と喜びが見えるような場面です。
 注目すべきは、彼らはそれを、「クロス王」ではなく、「主」の御業であると口々に神を褒めたたえていることです。

 主は私たちのために大いなることをなされ、
 私たちは喜んだ。(3節)

★★★★★

 主よ。ネゲブの流れのように、
 私たちの捕われ人を帰らせてください。(4節)

 ネゲブは砂漠に等しいような乾いた土地です。砂漠地帯の川は普段はほとんど枯れ川です。逆に、ひとたび雨が降ると、しぜんの堤防になる大木も丘もなくて、広く怒涛のように水があふれるのです。そのような「洪水」は、乾燥地帯では災害ではなく、むしろいのちの迸りにも見えるものです。その水で土地が潤い,流れの後に多く動植物の命が息を吹き返すからです。
 このように歌われているということは、この詩人が帰還する時には、まだいっしょにエルサレムに上って来る同胞は、少なかったのかもしれません。

★★★★★

 涙とともに種を蒔く者は、
 喜び叫びながら刈り取ろう。(5節)
 種入れをかかえ、泣きながら出て行く者は、
 束をかかえ、喜び叫びながら帰って来る。(6節)

 ここも有名な聖句ですね。しかし、ちょっと注意する必要がある箇所かもしれません。
 この箇所は、伝道をするときによく使われてきたというのです。トラクトなどをもって労苦と共に種をまく者には、収穫が約束されている・・・。このような解釈を私も見たことがあります。

 同時に、これは、みことばを自分の「心という畑」に蒔くことだという解釈を目にするのです。バビロン捕囚のような試練の時こそ、みことばを自分の心に蒔くときである、む しろ、堕落したユダヤ人に神が望まれたことであると解釈するのです。
 そうして、艱難辛苦の捕囚時代に、民の心に律法の言葉が植え直されるのです。今、帰還している民は、その意味でその種から萌え出た束を抱えて帰ってきたというのです。
 
 自分は教会に繋がっている、毎日聖書を読んでいると思っていても、たしかに、いつ、バビロンに連れ去られるかもしれない弱さがあります。捕囚や人質は現代の先進国日本に暮す自分には、無関係だと思いたいのですが、言い切れません。
 心を引き締めて、みことばの種を心の中に蒔きつづけたいと、願うものです。







posted by さとうまさこ at 10:33| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする