2015年12月06日

Coffee Break詩篇・235 神よ。あなたの御思いを知るのはなんとむずかしいことでしょう。(詩篇139篇13節〜18節)



 それはあなたが私の内臓を造り、
 母の胎のうちで私を組み立てられたからです。(詩篇139篇13節)
 私は感謝します。
 あなたは私に、奇しいことをなさって
 恐ろしいほどです。
 私のたましいは、それをよく知っています。(14節)
 私がひそかに造られ、地の深い所で仕組まれたとき、
 私の骨組みはあなたに隠れてはいませんでした。(15節)
 あなたの目は胎児の私を見られ、
 あなたの書物にすべてが、書きしるされました。
 私のために作られた日々が、
 しかも、その一日もないうちに。(16節)

 私たちが一度は考える根源的な疑問のひとつに、「私はどこから来たのか」があると思います。私は、なぜ生まれて来たのか。なぜ、この時代に、あの両親から、生まれて来たのか。それは国籍、人種はもちろんのこと、外見、素質など、生まれながらの重要な「要素」が、出生の神秘に由来するからです。「からすの子はからす」などという言葉があったように、からすに生まれたらけっして、スズメにも白鳥にもなれないわけです。
 同時に、私を産んだ親が子供を産むとき、期待はあっても完全な予測はないのです。顔かたちや素質を想定できても、その通りに行かないのです。親にとっても、子供は「与えられたもの」なのです。たとえ、神様を信じていなくても、たとえ、計画出産で産んだ子供であっても、同じときに受胎するはずだった子どもの素質の可能性については、「神のみぞ知る」ことなのです。おなじ卵子と同じ精子で生まれたはずの兄弟姉妹が、全員顔も性格も違うものなのです。

 なぜ、生まれて来たのか。なぜ、このような形に造られたのか。
 このような疑問を真剣に問うことは、現実の社会問題にさえ、答える手がかりであると思います。

 たとえば、「性同一性障害」のような問題です。生まれつき、自分の外見と心の性が異なっているとはどういうことか。もし、完全な受胎機能が備わっている「メス」の外見をもっていて、それでも、「自分はオスだ」と心が思い、女として生きることに苦痛を感じるとは、どういうことか。女だけれども女を好きになり、男を好きになれないとは、どういうことか。
 その逆も、考えてみるべきことでしょう。

★★★★★

 現実に男色や女色は存在したようです。
 聖書を読むと、すでに、創世記の中に、「男を出せ。なぐさみものにしてやろう」という男たちがいた(創世記19章5節)ことがわかります。しかし、彼らの例は、「愛のある関係」ではありません。まさに、遊び、娯楽であるとわかります。

 しかし、今日、同性婚を認めよと、叫んでいる人たちは、「慰みやあそび」ではなく、「愛の物語」として訴えているのです。もし、彼らが、異性の妻(夫)や恋人では得られない快楽があって、それを楽しまないではいられないから、「同性婚」を認めよと言うなら、社会的コンセンサスを得ることができるでしょうか。

 詩篇が二五〇〇年前に、示唆した受胎の問題,神が私たちを組み立てられたという真理を、私たちは今こそ、考えてみるべきではないでしょうか。

 神よ。あなたの御思いを知るのは
 なんとむずかしいことでしょう。
 その総計は、なんと多いことでしょう。(17節)
 それを数えようとしても、
 それは砂よりも数多いのです。
 私が目ざめるとき、
 私はなおも、あなたとともにいます。(18節)









posted by さとうまさこ at 08:53| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする