2015年12月11日

Coffee Break詩篇・240 私のたましいを、牢獄から連れ出し、私があなたの御名に感謝するようにしてください。(詩篇142篇1節〜7節)



 ダビデのマスキール。
 彼が洞窟にいたときに。祈り


 私は主に向かい、声をあげて叫びます。
 声をあげ、主にあわれみを請います。(詩篇142篇1節)
 私は御前に自分の嘆きを注ぎ出し、
 私の苦しみを御前に言い表わします。(2節)
 私の霊が私のうちで衰え果てたとき、
 あなたこそ、私の道を知っておられる方です。
 私が歩く、その道に、
 彼らは、私に、わなを仕掛けているのです。(3節)
 私の右のほうに目を注いで、見てください。
 私を顧みる者もなく、
 私の逃げる所もなくなり、
 私のたましいに気を配る者もいません。(4節)

 ダビデの逃亡生活は、Tサムエル記19章から始まります。それに先立つ18節で、サウルがダビデに殺意を抱く過程が描写されています。

 ダビデは、ゴリヤテを倒して一躍イスラエルの英雄になりました。しかし、このことがサウルを苦しめたのです。嫉妬と猜疑にさいなまれたサウルの様子を、聖書は「わざわいをもたらす、神の霊がサウルに激しく下り、彼は家の中で狂いわめいた。」と記しています。(Tサムエル記18章7節〜12節)
 ダビデはいつものようにサウルのために琴を弾いていたのですが、そのダビデに、サウルはとつぜん槍を投げつけたのです。ダビデは俊敏な若者だったのでしょう。二度も身をかわして槍を避けました。

 つぎに、サウルはダビデを千人隊の長にして、危険な戦場に派遣しました。討ち死にさせようと思ったからでした。(同17節) しかし、ダビデはどこに行っても大勝利を治め、ますますその人気は高まるのでした。
 そこでサウルは、娘とダビデとの縁組を考えます。始めは姉娘メラブ、つぎに妹娘のミカルとの結婚を持ちだすのです。それは、ペリシテ人の「陽の皮」百をダビデに調達させるためでした。陽の皮(陰茎)を取るとなると、命がけの戦いになります。ダビデが返り討ちに遭う可能性もあります。サウルは、ペリシテ人にダビデを殺させようとしたのです。
 ダビデは、陽の皮二百を用意しただけでなく、ダビデと結婚したミカルは深く夫を愛していました。このこともサウルを憤慨させるのです。

★★★★★

 ひとたび逃亡生活が始まると、王の息子ヨナタンの好意や多くの人たちの間での人気にも拘わらず、ダビデは逃げ回るしかありませんでした。サムエルや祭司アヒメレクのところにも逃げましたが、安全ではありませんでした。ついには、敵であったガテの王アキシュのところに逃れて、結局正体を見破られ、ほうほうのていでそこからも逃げることになります。(同19章、20章)
 
 ほら穴に隠れていたダビデに、討伐に来たサウルが「用を足すために」入ってきた話は、Tサムエル記24章から始まります。息詰まるようなサスペンスあふれる場面です。宿敵であるサウルを打つ絶好の機会が訪れたのです。
 ダビデの部下たちは、「今こそ、主があなたに、『見よ。わたしはあなたの敵をあなたの手に渡す。彼をあなたのよいと思うようにせよ』と言われた、その時です」(同4節)と、ダビデに進言するのです。けれども、ダビデは、サウルを殺しませんでした。サウルが「主に油注がれた王」だったからです。
 サウルの着物の裾を切り取って、それを持ってサウルに語りかけるのです。
 
 この場面は、ダビデ物語の中でも最も美しい話ではないでしょうか。どうにもならない生死を分ける場面で、ダビデは、サウルに手をかけることをしませんでした。
 それは、ダビデが日ごろから神に祈り続けていたからこそ出来た選択だったでしょう。

 主よ。私はあなたに叫んで、言いました。
 「あなたは私の避け所、
 生ける者の地で、私の分の土地です。(5節)
 私の叫びに耳を留めてください。
 私はひどく、おとしめられていますから。
 どうか、私を迫害する者から救い出してください。
 彼らは私よりも強いのです。(6節)

 ダビデは、自分の手のうちにあったサウルのいのちを救うことで、ダビデ自身のたましいを、牢獄から救い出したのです。
 危険の中でなお善を選び、「神様が自分を牢獄から連れ出して下さった、感謝します」と言えるダビデになったのです。

 私のたましいを、牢獄から連れ出し、
 私があなたの御名に感謝するようにしてください。
 正しい者たちが私の回りに集まることでしょう。
 あなたが私に良くしてくださるからです。」(7節)

 神に従うダビデの回りには、「その名を慕う者」が多く集まってきました。(Tサムエル記22章2節)




       お知らせ
       さとうまさこ・聖書物語「ワシュティ」「つむじ風の谷・アビガイルとダビデ」「ルツ」の
       ブログ上での掲載は、
       2015年12月10日をもって終了させていただきました。
       5年4カ月にわたって、多くの方が訪問、閲覧して下さったことに、
       改めて感謝を申し上げます。
       なお、聖書通読エッセイCoffee Breakは、今後も続きます。
       引き続き訪問いただけると、感謝です。
                                       主にあって      
                                          さとうまさこ





posted by さとうまさこ at 10:36| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする