2015年12月17日

Coffee Break詩篇・247 私の口が主の誉れを語り、すべて肉なる者が聖なる御名を世々限りなくほめたたえますように。(詩篇145篇8節〜21節)



 主は情け深く、あわれみ深く、
 怒るのにおそく、恵みに富んでおられます。(詩篇145篇8節)


 この言葉は、最初、出エジプト記34章6節に現れます。主ご自身が、ご自分について宣言された神のご性質です。
 ダビデは、この言葉を自身の詩篇で何度も反すうしています。つまり、神様への祈り中で、賛美されているのです。
 つぎの言葉も、神のご性質をほめたたえたものです。

 主はすべてのものにいつくしみ深く、
 そのあわれみは、
 造られたすべてのものの上にあります。(9節)

 このような神様に、私たちが感謝しほめたたえるのは、当然すぎるほど自然の成り行きです。

 主よ。あなたの造られたすべてのものは、
 あなたに感謝し、
 あなたの聖徒はあなたをほめたたえます。(10節)
 彼らはあなたの王国の栄光を告げ、
 あなたの大能のわざを、語るでしょう。(11節)

 この王国は、すでに知られているように、神の王国(Kingdom of God)、神が支配されるところという意味です。私たちキリスト者は、神の王国に入れられる約束を握りしめている者であり、今現在すでに、神の支配を受けるものです。また将来、永遠に神の王国に入ると証印をもらっている者です。ですから、それがどれほどすばらしいことか喜び、神の「大能のわざ」について、人びとに語らないではいられない者なのです。
 ほかでもない、クリスマスのイベントは、神の支配をあがめている者が、広くそれを褒めたたえ、語り継げるために行なわれるのです。

 こうして人の子らに、主の大能のわざと、
 主の王国の輝かしい栄光を、知らせましょう。(12節)
 あなたの王国は、永遠にわたる王国。
 あなたの統治は、代々限りなく続きます。(13節)

★★★★★ 

 さらにダビデは、あわれみ深く情け深い神の「大能のわざ」、その支配を受けるとき、人はどのように「救われるのか」を具体的に語ります。

 主は倒れる者をみなささえ、
 かがんでいる者をみな起こされます。(14節)
 すべての目は、あなたを待ち望んでいます。
 あなたは時にかなって、彼らに食物を与えられます。(15節)
 あなたは御手を開き、
 すべての生けるものの願いを満たされます。(16節)

 主が、生けるものの願いを満たして下さるのは、主が正しいお方であるからと繰り返します。

 主はご自分のすべての道において正しく、
 またすべてのみわざにおいて恵み深い。(17節)
 主を呼び求める者すべて、
 まことをもって主を呼び求める者すべてに
 主は近くあられる。(18節)

 神の王国に入るのは、難しい条件はありません。ただ、神に「呼び求める」だけでいいのです。自分の力のなさを悟り、主を恐れて(信じて)叫び求めるだけでいいと、ダビデは繰り返します。

 また主を恐れる者の願いをかなえ、
 彼らの叫びを聞いて、救われる。(19節)
 すべて主を愛する者は主が守られる。
 しかし、悪者はすべて滅ぼされる。(20節)

 大切なことは、主をほめたたえることです。
 この詩篇は、最初から最後まで主への賛美で、あふれています。

 私の口が主の誉れを語り、
 すべて肉なる者が聖なる御名を
 世々限りなくほめたたえますように。(21節)









posted by さとうまさこ at 09:57| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする