2015年12月22日

Coffee Break詩篇・252 聖徒たちは栄光の中で喜び勇め。(詩篇149篇1節〜9節)



 ハレルヤ。
 主に新しい歌を歌え。
 聖徒の集まりで主への賛美を。(詩篇149篇1節)
 イスラエルは、おのれの造り主にあって喜べ。
 シオンの子らは、おのれの王にあって楽しめ。(2節)
 踊りをもって、御名を賛美せよ。
 タンバリンと立琴をかなでて、主にほめ歌を歌え。(3節]
 主は、ご自分の民を愛し、
 救いをもって貧しい者を飾られる。(4節)

 ちょうどクリスマスウィークの真っただ中で、ハレルヤ詩編を味わえるなんて、まさに神さまのお恵みです。感謝です。
 いまは、イエス様のご降誕に思いを馳せているのですが、イエス様は神様ご自身ですから、三位一体の神のおひとりの位格として世に降された方ですから、これを喜ばないわけにはいきません。

                    
 
 旧約の時代には、誰でも神様に近づくというわけにはいきませんでした。神様は、神様の選びとして、身分の上下、男女、子ども、老人の区別なく、声をお掛けになって使命をお与えになっています。イスラエルの民だけでなく、まだ、イスラエルが存在しなかった時代にさえ、ノアを選んで箱舟に入れて彼とその家族を助けたのです。
 それでも、多くの人は、どのようにしたら神にお会いできるのか、どこでお会いできるのか、知りませんでした。

 「神を見た者は死ぬ」と言われていたのです。事実、ノアも神の声を聞いたのであって、直接顔と顔を見合わせて、命令を受けたのでないことは、聖書を読めば推測できます。
 アブラハムも神の声を聞き、また、神の使いと会って話をしていますが、あくまで、「神の使い(みつかい)」でした。イサクもヤコブも同様です。

 ★★★★★

 神は、モーセとは、「顔と顔を会わせて」お語りになったと書かれています。しかも、モーセを召し出されてから死ぬまで、四十年間、つねにモーセにお語りになっておられたのです。
ホレブの山で、燃える芝の中から、モーセを呼ばれた時から、シナイ契約を締結するまでの出エジプトの息詰まるような一瞬一瞬、神はモーセとまるで二人三脚をしておられるかのようにぴったりと寄り添い、モーセの働きを導き支えておられます。
 やがて、幕屋を作るよう命じられ、祭司職を任じられ、幕屋の至聖所で大祭司だけは、犠牲を持って神にお伺いを立てる制度ができた後も、神様にとって、モーセは大祭司アロンとは別格だったのです。

 ★★★★★

 神の救いの歴史を振り返っていると,感慨が尽きません。詩編の時代の人々が「ハレルヤ」と歌う喜びを味わったのは、彼らイスラエルの歴史を「知っている」からです。
 聖徒たちと呼ばれ、神の栄光の中にある者は、神を称賛しないではいられません。
 
 まして、いま、私たちは、もっと大きな栄光の中にいます。
 私たちはみんな、イエス様を信じる信仰だけで救われ、それぞれに聖所をいただき、何の犠牲をささげることなく,神様の御前に出ることができるのです。夜寝床にいる時も、朝、太陽を仰ぐときも、仕事でくたくたの時も、神様(イエス様)は私にもぴったりと寄り添って下さっているのだと思うと、クリスマスを喜ばないではいられません。

 聖徒たちは栄光の中で喜び勇め。
 おのれの床の上で、高らかに歌え。(5節)
 彼らの口には、神への称賛、
 彼らの手には、もろ刃の剣があるように。(6節)
 それは国々に復讐し、国民を懲らすため、(7節)
 また、鎖で彼らの王たちを、
 鉄のかせで彼らの貴族たちを縛るため。(8節)
 また書きしるされたさばきを
 彼らの間で行なうため。
 それは、すべての聖徒の誉れである。
 ハレルヤ。(9節)










posted by さとうまさこ at 10:32| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする