2016年01月11日

Coffee Break箴言19 深淵もまだなく、水のみなぎる源もなかったとき、わたしはすでに生まれていた。(箴言8章24節〜36節)



 箴言8章を語った時、この著者は(ソロモンとは限らないと思います。)預言を得たのでしょうか。とつぜん、語り手が、人間の父ではなく「わたし(神ご自身)」になっているのは、何とも言えない神秘です。
 しかし、神ご自身でなければ発しようのない真実が明かされていきます。

 深淵もまだなく、水のみなぎる源もなかったとき、
 わたしはすでに生まれていた。(箴言8章24節)
 山が立てられる前に、丘より先に、
 わたしはすでに生まれていた。(25節)
 神がまだ地も野原も、
 この世の最初のちりも造られなかったときに。(26節)
 神が天を堅く立て、
 深淵の面に円を描かれたとき、
 わたしはそこにいた。(27節)
 神が上のほうに大空を固め、
 深淵の源を堅く定め、(28節)
 海にその境界を置き、
 水がその境を越えないようにし、
 地の基を定められたとき、(29節)
 わたしは神のかたわらで、
 これを組み立てる者であった。
 わたしは毎日喜び、いつも御前で楽しみ、(30節)
 神の地、この世界で楽しみ、
 人の子らを喜んだ。(31節)

 これは、創世記1章に記述されている天地万物創世の次第ですね。箴言を書いた時代の教養人なら、創世記を読んでいたと思われます。けれども、驚くのは、そこで、わたしを「神のかたわらにいて、神とともに天地を組み立てる者」と形容していることです。
 さらに、「人の子らを喜んだ」というのです。これは、創世記1章31節の言葉どおりです。

 神はお造りになったすべてのものを見られた。見よ。それは非常に良かった。夕べがあり、朝があった。(創世記1章31章)

★★★★★

 子どもらよ。今、わたしに聞き従え。
 幸いなことよ。わたしの道を守る者は。(32節)

 「子どもらよ」という呼びかけも驚くべきことだと思います。神様である「わたし」が私たちを「子ども」と呼んでくださることは、新約の民にとっては「周知の事実」ですが、この時代の人たちは、これをどう解釈したのでしょう。
 率直に、わたし=知恵と考えたのでしょうか。

 訓戒を聞いて知恵を得よ。
 これを無視してはならない。(33節)
 幸いなことよ。
 日々わたしの戸口のかたわらで見張り、
 わたしの戸口の柱のわきで見守って、
 わたしの言うことを聞く人は。(34節)

 なぜなら、わたしを見いだす者は、
 いのちを見いだし、
 主から恵みをいただくからだ。(35節)
 わたしを見失う者は自分自身をそこない、
 わたしを憎む者はみな、死を愛する。」(36節)

 そうですね。毎日、神様の訓戒を聞いて、知恵を得る者でありたいと思います。
 私にできることは、何でしょう。結局一番勧められている方法ですね。
 日々、聖書を開いてみことばを読み、祈って聖霊の導きをいただくことでしょうか。

 最後に、箴言8章について書かれたすばらしい紹介を、お借りして、写させていただきたいと思います。

  空知太キリスト栄光教会、銘形秀則師
  http://meigata-bokushin.secret.jp/index.php?FrontPage


 ベレーシート
 ##8章は箴言の中で最高峰と言われる箇所です。特に、22〜36節がそのクライマックスですが、今回はそのクライマックスの前の部分(1〜21節)を扱います。「知恵が声を上げて、呼んでいる」のです。すでに、1章でも「知恵は、ちまたで大声で叫び、広場でその声をあげ・・叫び、・・語りかけて言う」(20〜21節)とありました。にもかかわらず、それを「拒み、顧みず、無視し、受け入れなかった」(24〜25節)とあります。そこでも「知恵」が擬人化されて「わたし」と表現されていますが、8章では本格的に「知恵であるわたし」(原文では「わたしは知恵」)と明言されているのです。
##8章で、「わが」でもなく、「私」でもなく、「わたし」と記述されている箇所は25回にも及びます。ただしこれは新改訳の場合で、新共同訳ではすべて一律に「わたし」として区別されてはいません。新改訳聖書の8章にある25回の「わたし」という人称代名詞の中で、主格(主語)として用いられている独立人称代名詞の「アニー」(אֲנִי)が使われているのはわずか4回(12, 14, 17, 27節)です。今回の範囲では12節、14節、17節の三つがそれです。それらの一つ一つを取り上げて瞑想したいと思います。 









posted by さとうまさこ at 11:17| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

Coffee Break箴言20 「わきまえのない者はだれでも、ここに来なさい。」(箴言9章1節〜9節)



 箴言9章は、箴言1章8節〜8章の終わりまでに述べられたことの「まとめ」です。

 知恵は自分の家を建て、
 七つの柱を据え、(箴言9章1節)
 いけにえをほふり、ぶどう酒に混ぜ物をし、
 その食卓も整え、(2節)
 小娘にことづけて、
 町の高い所で告げさせた。(3節)

 知恵である神はりっぱな家を立て、十分な食事を支度して、私たちを招いてくださったというたとえです。

 「わきまえのない者はだれでも、
 ここに来なさい。」と。
 また、思慮に欠けた者に言う。(4節)
 「わたしの食事を食べに来なさい。
 わたしの混ぜ合わせたぶどう酒を飲み、(5節)
 わきまえのないことを捨てて、生きなさい。
 悟りのある道を、まっすぐ歩みなさい。」と。(6節)

 招かれているのは、「わきまえのない者はだれでも」なのです。じつは、人間はみんなわきまえのない者なので、全員が招かれているのです。混ぜ合わせたぶどう酒は、あるいは、「水で割ったぶどう酒」かもしれません。当時、ぶどう酒は水で割って飲んだ(新聖書辞典P1081・いのちのことば社)とのことですから、その意味かもしれません。
 ぶどう酒も、アルコール度は日本酒と同じくらいですから、水で割らないと酔っぱらう可能性があります。知恵を聞くときに酔っぱらっているのは良くないから、この「混ぜ物」は、水が近いとさとうは、推測します。

★★★★★

 あざける者を戒める者は、自分が恥を受け、
 悪者を責める者は、自分が傷を受ける。(7節)

 ここは裏返せば、愚か者や悪者を戒めても、逆恨みをされ、逆襲されるだけだと言っています。
 豚に真珠を投げてはいけないと、イエスさまも仰せです。(マタイの福音書7章6節)

 あざける者を責めるな。
 おそらく、彼はあなたを憎むだろう。
 知恵のある者を責めよ。
 そうすれば、彼はあなたを愛するだろう。(8節)

 とても世俗的な知恵ですが、世俗を生きる私たちには大切な戒めかもしれません。
 人をあざけるような者は、そもそも愚か者なのでしょう。そのような人間を諭したり、責めたりしても、無意味なのです。
 責めるなら「知恵のある者」である。つまり、非を指摘されて、責めた人を愛するのは、知恵のある人なのです。

 知恵のある者に与えよ。
 彼はますます知恵を得よう。
 正しい者を教えよ。
 彼は理解を深めよう。(9節)

 こうして見ると、知恵のある人はますます知恵を得るというわけです。








posted by さとうまさこ at 11:26| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

Coffee Break箴言21 もし、あなたが知恵を得れば、その知恵はあなたのものだ。(箴言9章10節〜18節)



主を恐れることは知恵の初め、
聖なる方を知ることは悟りである。(箴言9章10節)


 箴言の数多くの言葉は、ここに要約されています。箴言1章7節で、訓戒の書き出しとなっていた「主を恐れることは知恵の初め」が、ここで繰り返されているのです。

わたしによって、あなたの日は多くなり、
あなたのいのちの年は増すからだ。(11節)

 主を知ることで、いのちを見出すと8章35節にある言葉も、繰り返されているのです。
 神様の御前に出て、神様から答えをいただいた知恵は、「あなただけのものだ」と言うのです。このなにげない言葉も、味わうほどに、深くなるものです。

 私たちは、ほんの赤ん坊の時から、人間社会で教育を受け、無数の知恵を学ぶのです。まもなく学校へ行き、ときに自分だけの「お稽古事」に通い、知識とスキルを身に付けていくのです。親をはじめ、たくさんの人生の先輩や教師、友人、通りすがりの人、それに、本やネットやテレビ、ラジオ、新聞などが、毎日私たちの知恵を豊かにしてくれるように見えるのです。

 問題は、「自分だけのもの」「一生の間、自分のもの」と言える知識や知恵に、巡りあえるかどうかでしょう。確かに大学へ行くことも、留学することも、技術や資格を身に付けることも、一生涯、役に立つはずです。それでも、人(世)から得たものは、つねに変わります。時代が日々移り、昨日有用だった知識が、翌日にはむしろ無駄なものになり、安全と思っていたポジションは幻想だったりします。

 自分自身でさえ、昨日までの自分とはまるで異なる人間に、日々変化して行くのです。若い時は、自分が持っている若さは、「当たり前」でした。健康な時は、健康も当たり前でした。老人は初めから老人で、病気の人は初めから病人で、美人はずっと美人であるかのような思い込みありました。

 あるとき、自分も自分をとりまく環境も、刻々と変化しているのに気が付きます。社会(世間)は「発展している!」と叫びますが、少なくとも、個人はやがて死ぬ運命にあります。そのからだは日々色褪せて、土の器にすぎないと思い知らせるかのように、からだのあちこちに「ほころび」が出てきます。

★★★★★

 でも、「そんなことは、すべて、わかっていたでしょう」と、問いかけて下さる方がいます。
 神は語っておられ、聖書には、神のことばが繰り返し記されています。
 その言葉を、あざけってはならないと、知恵は、教え諭しています。

 もし、あなたが知恵を得れば、
 その知恵はあなたのものだ。
 もし、あなたがこれをあざけるなら、
 あなただけが、その責任を負うことになる。(12節)

 







posted by さとうまさこ at 11:25| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

Coffee Break箴言22 「わきまえのない者はだれでもここに来なさい。」と(箴言9章13節〜18節)



 愚かな女は、騒がしく、
 わきまえがなく、何も知らない。(箴言9章13節)


 「愚かな女」は、文字通り「女」を指すとも解釈できますが、「愚かさ=誘惑する者」を示していると考えると、よりこの箇所の意味が明快です。この時代は男社会ですから、箴言自体も、(どうやら)男の子に向けた訓戒ですから、若い男の子にとって一番のワナになる「女」は、「誘惑する者」かもしれません。

 彼女は自分の家の戸口にすわり、
 町の高い所にある座にすわり、(14節)
 まっすぐに歩いて行く往来の人を招いて言う。(15節)  
 
 これは、遊女が門口で男を招いている図なのでしょうか。でも、今でも、歓楽街などでは、女や「女を紹介する」と言う男たちが立っていて呼びかけていますね。(もちろん、東京では、「客引き」行為は、法律で禁止されています。)

★★★★★

 「わきまえのない者はだれでも
 ここに来なさい。」と。

 これは、誘惑する者の本音ですね。
 じっさいには、「こんにちわ。素敵な方」と呼びかけて来るのでしょう。

 また思慮に欠けた者に向かって、彼女は言う。(16節)
 「盗んだ水は甘く、
 こっそり食べる食べ物はうまい。」と。(17節)

 これは、夫のある女が誘惑してくるときの、「ささやき」でしょうか。姦淫は盗みの罪とも重なります。 盗みの誘惑自体が、快感になる人もいるのでしょう。

 ときおり、テレビで万引き摘発番組を放映していますが、万引きは繰り返す人が多いようです。スーパーマーケットの食品売り場では、盗品で「荒稼ぎ」できるわけではありません。(盗まれる店側では死活問題ですが) チョコレートとかパック詰めの惣菜とか、佃煮の瓶詰とかは、その夜の食卓に上るようです。

 盗んだものを口に入れる時、舌が「痛み」を感じないのでしょうか。苦みが口に広がらないのでしょうか。胃が痛んで数日下痢が止まらないなんてことなら、盗む人はいなくなるでしょう。
 むしろ、盗む人は、盗んだ物を「おいしい」と感じるような回線が埋め込まれているのかもしれません。
 何百円か「得をした」「うまく盗めた」と、喜ぶような心の仕組みを直さない限り、このような人の悪癖は収まらないでしょうね。
 たまたま、保安要員につかまらなくても、盗みは知られている。保安係より、警察より、家族より、もっと大きな権限をお持ちの方が知っていて、盗みに憤っておられると知らしめることこそ、大切でしょう。

★★★★★

 しかしその人は、そこに死者の霊がいることを、
 彼女の客がよみの深みにいることを、知らない。(18節) 

 ここでの「死者の霊」は、盗みを行なった人間の「運命」のことです。私たちの肉体は必ず死にます。そして、いつか神の前に立ってさばきを受けなければなりません。神様の前で嘘は通用しません。私たちの行いはすべて、「神の書」に記録があるのです。

 盗みをして、懲りずに繰り返して、悔い改めるどころか「うまかった!」と舌鼓を打つような者は、永遠の滅びが待っています。つまり、死者になりますと、万引き癖の人たちを教育できたらと思います。
 
 まあ、当時でさえ、そんなことは不可能なのでせめて子供たちを教育しなさいと、箴言が託されているのでしょう。

 主を恐れることは知恵の初め、
 聖なる方を知ることは悟りである。(箴言9章10節)






posted by さとうまさこ at 10:15| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

Coffee Break箴言23 正しい者の口はいのちの泉。悪者の口は暴虐を隠す。(箴言10章1節〜13節)



 箴言1章1節と同じ、「ソロモンの箴言」と銘打った書き出しです。箴言全体の著者がソロモンだとされています。それを、わざわざもう一度ここで、「ソロモンの箴言」と銘うっているのは、ここからが、本来の「箴言」で、9章までは、10章以降の言葉を受けいれる準備だったのです。(新実用聖書注解・いのちのことば社)
 
 ソロモンの箴言
 知恵のある子は父を喜ばせ、
 愚かな子は母の悲しみである。(箴言10章1節)
 不義によって得た財宝は役に立たない。
 しかし正義は人を死から救い出す。(2節)
 主は正しい者を飢えさせない。
 しかし悪者の願いを突き放す。(3節)

 ここまでの三節は、互いにつながった言葉でなく、独立した「ことわざ・警句」になっています。これからも、このように箴言が続いて行きます。

 とはいえ、音符が微妙につながりながらメロディを奏でるように、まるで、無関係なものがランダムに並べられているのでもなさそうです。
 つぎの二節は、怠慢と勤勉、富と窮乏を関連付けています。怠惰は箴言の戒めの大きな柱です。(箴言6章6節〜11節)

 無精者の手は人を貧乏にし、
 勤勉な者の手は人を富ます。(4節)
 夏のうちに集める者は思慮深い子であり、
 刈り入れ時に眠る者は恥知らずの子である。(5節)

★★★★★

 つぎは、正しい者と悪者の対比です。

 正しい者の頭には祝福があり、
 悪者の口は暴虐を隠す。(6節)
 正しい者の呼び名はほめたたえられ、
 悪者の名は朽ち果てる。(7節)

 旧約聖書には、因果応報思想が垣間見られますが、これは、とくに訓戒を述べる箴言では、それが明確になるようです。子どもに言い聞かせるのに、「信賞必罰」を示すのは大切なことです。正しくてもほめたたえられず、悪者であっても上手く行くなどと言うのが、世渡りの方程式だと教えられたら正しい人が育つでしょうか。

 心に知恵のある者は命令を受け入れる。
 むだ口をたたく愚か者は踏みつけられる。(8節)
 まっすぐに歩む者の歩みは安全である。
 しかし自分の道を曲げる者は思い知らされる。(9節)

 ときには、すぐに報酬があるように見えなくても、正しいことを受けいれるのが「知恵ある者」だというのです。たしかに、なかなかできないことです。命令に対して、何か一言無駄口を叩きたいのが人間です。
「こんなことやってられるか」「自分ばかりが真面目にやっているじゃないか」と、一度も思わなかった人はいるでしょうか。思いはすぐに、具体的に現れます。彼が歩む道は曲がって行くからです。

 勉強中、教科書の内側にコミックを重ねていたり、パソコンの画面を見ているけれど個人的なメールを書いていたり、社用の帰りに映画館や喫茶店で時間をつぶしたり、化粧直しに立ったりしていると――自分にも身に覚えがあることですが――、それらを合理化するために、いろんな悪が入り込んできます。
 同僚と目配せしたり、お互いのサボりを励まし合うためにおしゃべりします。
 人は、弱い人間なので、どうしてもサタンを味方につけておきたいのです。

 目くばせする者は人を痛め、
 むだ口をたたく愚か者は踏みつけられる。(10節)
 正しい者の口はいのちの泉。
 悪者の口は暴虐を隠す。(11節)

 うまくやれば確かに、一時的には、暴虐も隠せるでしょう。しかし、せっかくの舌で自分の道を曲げる人は、自分を殺してしまうのです。その理由がつぎの言葉です。

 憎しみは争いをひき起こし、
 愛はすべてのそむきの罪をおおう。(12節)
 悟りのある者のくちびるには知恵があり、
 思慮に欠けた者の背には杖がある。(13節)

 この杖は、詩篇23篇にもありますね。「あなたの杖とあなたのむち」。 羊飼いはむちや杖をひつじを襲う猛獣に向けて振るったのです。
 神に叛く「思慮に欠けた者」は、御しがたい害獣と同じだと見なされて、杖で背中を叩かれ追い払われるのです。








posted by さとうまさこ at 10:43| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする