2016年01月04日

Coffee Break箴言12 わが子よ。もし、あなたが隣人のために保証人となり、(箴言6章1節〜5節)



 人生の戦いは、もともと、人間が「顔に汗を流して食べ物を得」なければならなかったところから、始まっています。エデンの園では,食べ物は無限にあり、気候は温暖で裸で暮らすことができました。人間は園の管理人としての「仕事」がありましたが、それはとくに「労苦」を伴なうものではなかったようです。(創世記2章)
 楽園を追放されたとたん、人間に労苦が入ってきたのです。

 顔に汗を流して働かなければならなくなったのは、「土地はあなたのゆえにのろわれてしまった」(創世記3章17節)からです。
 人は良い土地を求め、十分に食べられる生活を求めてさまようようになってしまいました。井戸や泉を他の人と争うようになりました。少しでも、災害や不運に見舞われるとたちまち負債がつきまとい、これに追われるようになりました。持てる人は蓄え、人に利子を取って貸してさらに肥え太り、一度貧しくなった者は利子や年貢の支払いに追われるだけの生産活動に身を刷りへらすことになります。

 貸す側は狡猾になり、いろんな条件をもうけて貸し渋るのは現在でも変わらない経済ルールです。
 保証人制度もそのひとつでしょう。金の貸し借りに、保証人をつけるのは、貸す側の安全土を高くするためです。
 しかし、わが子を諭す父親は、強く言います。
 
 わが子よ。もし、あなたが
 隣人のために保証人となり、
 他国人のために誓約をし、(箴言6章1節)
 あなたの口のことばによって、
 あなたの口のことばによって、
 捕えられたなら、(2節)

 経済活動を担っている人――特に男性は、一生に一度や二度「保証人」を恃まれるのではないでしょうか。学校や会社に入る甥や姪のために保証人になるなどは、まずまず安全です。しかし、事業のお金を銀行から借りるために保証人になることは、大きなリスクを伴います。借りた当人が返せない場合、保証人が支払うことになるからです。

★★★★★

 複雑怪奇な罪の世では、愛する友、保証人になってあげても良いように見える関係や信頼にも、じつは、罠があるのです。
 苦しさのあまり、事業の発展の可能性もないのに金を借り、友人を保証人に頼む人の中には、最初から裏切る確信犯もいます。
 計画倒産を仕組んで、事業の協力者や友人から「借り倒す」者も出てきます。
 父親は、そんな世の中の厳しさ、人の苦境を見通している人です。

 わが子よ、そのときにはすぐこうして、
 自分を救い出すがよい。
 あなたは隣人の手に陥ったのだから、
 行って、伏して隣人にしつこくせがむがよい。(3節)

 しつこく何をせがむのでしょう。借金を払わず自分に迷惑をかけそうな相手に、払うように迫るのです。昔の映画などを観ると、金貸しは、布団でも鍋釜や茶碗でも取って行きます。これはもちろん、今の価値観から見ると人道的に許せない行為です。しかし、貸した側、助けた側は必死になって、相手から取り返さなければならないという一つの例ではあると思います。

 あなたの目を眠らせず、
 あなたのまぶたをまどろませず。(4節)
 かもしかが狩人の手からのがれるように、
 鳥が鳥を取る者の手からのがれるように
 自分を救い出せ。(5節)

 保証人にならないほうが良いに決まっています。しかし保証人になったために苦境に陥ったなら、猟師のワナにかかった鳥が必死に逃れるように、自分を(知恵を使って)救い出せと命じられているのです。




お知らせ!  長い間、ブログに掲載していた聖書物語「ワシュティ」
         電子書籍として、アマゾンから発売されました。
         アマゾン書店にてご覧いただきますようご案内します。
         また、お買い求めいただければ感謝です。
         電子書籍は、Kindleリーダーのような機器がなくても、
         パソコンやスマホ、タブレットでも読むことができます。
         下のURLからアクセスできます。
         よろしくお願い申し上げます。

http://www.amazon.co.jp/dp/B019ZMY0UY?ref_=pe_2427780_160035660

                                         さとうまさこ



                                      












Amazon
プライム

Amazonランキング大賞2015










Kindleストア

すべてのカテゴリー Kindleストア Amazonビデオ デジタルミュージック Android アプリ 本 洋書 ミュージック クラシック DVD TVゲーム PCソフト パソコン・周辺機器 家電&カメラ 文房具・オフィス用品 ホーム&キッチン ペット用品 ドラッグストア ビューティー 食品・飲料・お酒 ベビー&マタニティ 服&ファッション小物 シューズ&バッグ 腕時計 ジュエリー おもちゃ ホビー 楽器 スポーツ&アウトドア カー・バイク用品 DIY・工具 大型家電 クレジットカード ギフト券 産業・研究開発用品 Amazonパントリー


検索










Kindle



Paperwhite



Fire



Fire HD 8



Fire TV Stick









カバー



ケース



保護フィルム



microSDカード



充電・ケーブル



スタンド




















































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































 カテゴリー


佐藤正子さんアカウントサービス今すぐ登録プライム カート
0ほしい物リスト


マイストアギフト券タイムセールAmazonで出品ヘルプ

Amazonポイント: 0

Kindleストア Kindle を購入 アクセサリ Kindle本 コミック 雑誌 日替わりセール まとめ買い Kindle Singles Amazonランキング Kindle無料アプリ コンテンツと端末の管理 Kindleサポート


佐藤正子さんのご注文状況のお知らせ お客様は、2016/1/3にこの商品を注文しました。 注文を確認する



Kindleストア

Kindle本


Would you like to see this page in English? Click here.








¥ 361で購入

配信先: 
佐藤正子さんの Kindle for PC

購入・配信方法

PCで利用可能
































無料サンプル



冒頭部分を試し読みできます



配信先: 
佐藤正子さんの Kindle for PC

サンプルの配信方法

PCで利用可能





シェアする





















画像をクリックして拡大イメージを表示







ワシュティ: 聖書物語より(1) [Kindle版]
さとうまさこ (著)
カスタマーレビューを書きませんか?




Kindle 購入価格: ¥ 361
プライム会員: ¥ 0 (Kindle 端末上のストアから、無料でお読みいただけます)
販売: Amazon Services International, Inc.







• Amazon Whispernet 経由の無料ワイヤレス配信を含む
• 紙の本の長さ: 105ページ (推定)
• 利用可能な端末
• プライム会員の方は、Kindleオーナー ライブラリーを利用するとこの本を無料でお読みいただけます。Kindleオーナー ライブラリーは、KindleまたはFireタブレット端末からのみ利用手続きができます。






Kindle端末をお持ちのお客様へ

この本は、Kindleオーナー ライブラリーの対象タイトルです。Kindle端末をお持ちで、Amazonプライム 30日間無料体験に登録すると、無料でお楽しみいただけます。Kindleオーナー ライブラリーは、KindleまたはFireタブレット端末からのみ利用手続きができます。

Amazonプライムにご加入で、Kindle端末をお持ちのお客様は、ベストセラーやコミックを含む数千冊以上の対象タイトルの中からお好きな本を、一か月に1冊 無料でお読みいただけます。詳細はこちら



































Kindle お買い得情報メールマガジン Kindle本 お買い得情報メールマガジン
Kindle日替わりセールほか、Kindle本のお買い得情報をいち早くEメールでお知らせ!登録はこちらから







注目の特集: 冬のセール | 特典満載、プライム



内容紹介

 ときは、紀元前5世紀。アケネメス朝ペルシャの最盛期。アハシュエロス王の時代です。ペルシャの領土は、東はインド・インダス河から西は小アジア、アラビア、エジプトに至るまで広がり、百二十七の州を支配する、文字通り世界初の大帝国でした。

 ワシュティは、ペルシャ人の裕福な商人の家に生まれました。天性の美貌と愛らしさで評判の娘でした。両親や兄たちに愛され、幼馴染のいいなずけアサとの結婚を夢見ているワシュティの生活は、しあわせそのものでした。
 そんなワシュティの身の上に、思いがけない出来事が降りかかるのです。
 ある日、大ペルシャ帝国の王アハシュエロスに見初められてしまったのです。
 多くの人がうらやむような「玉の輿」ですが、ワシュティは悲嘆にくれます。いいなずけアサを、深く愛していたからです。
 アサは、ペルシャ領内に広く散って暮らしていたユダヤ人の息子でした。古代ユダヤ王国は、かつては信仰に燃え、ダビデやソロモン王を戴く強い国でしたが、紀元前6世紀の前半には完全に国が崩壊してしまいます。国民は捕囚に連れ去られ、ばらばらになっていました。奴隷のような生活から抜けられないものが多い中で、アサの両親は、まずますの成功者でした。

 ワシュティが王宮に連れ去られたことは、アサとその家族にとっても大事件でした。しかし、大ペルシャ王国の王が相手では、どうしようもありません。

 ワシュティは、王宮で王妃になるためのさまざまな教育を受け、あらゆる贅沢で磨かれます。匂い立つように美しくなった14歳の日に、ワシュティはアハシュエロスに召されます。
 日の下にあるもので、手に入らないものはないペルシャ王にとっても、ワシュティは最大の自慢でした。
 ある時、各地の首長を集めた大宴会が催されます。酒に酔って上機嫌のアハシュエロス王は、自慢の王妃を客人たちに披露したくなり、ワシュティに男ばかりの宴会場に出てくるよう命じます。
 ワシュティは、王の召しを断るのです。アハシュエロスや王宮に、うんざりしていたワシュティの、せめてもの抵抗でした。
 客の前で恥をかかされた王は、烈火のごとく怒りました。その日のうちに、重臣が集められ、王の意向を受けて、ワシュティは廃位、追放と処分が決まりました。

 無理やり王宮に連れてこられたワシュティは、また、一方的に王宮から追い出されたのです。
 故郷に帰ってきたワシュティは、実家の奥深く、隠れ住んでいました。いいなずけだったアサが逢いにやってきました。なんと、アサはワシュティを忘れられずに、待ち続けていたのです。「私は汚された身だから!」としり込みするワシュティに、アサは「結婚しよう」とプロポーズをします。

 ワシュティとアサの結婚生活は、平凡ながら幸せな日々でした。二人の子どもにもめぐまれました。ところが、とつぜん恐ろしい事件が持ち上がります。

 「ペルシャ領内にいるユダヤ人は、すべて殺してもよい。その財産も奪ってよい」とペルシャ王の命令が出たのです。ユダヤ人を快く思わない家臣ハマンの悪だくみでした。
 アサはユダヤ人です。その法令が発効する日には、アサもその妻であるワシュティも殺されてしまいます。ユダヤ人たちは何とかしなければならないと、みんなで集まっていろいろ相談しますが、良い案がありません。
 
 都スサで王宮に勤務しているモルデカイという人は、ユダヤ人の間で人望がありました。そのうえ、モルデカイの養女エステルは、ワシュティが退位した後に、召されて王妃になっていました。
 モルデカイがエステル王妃を動かし、王妃が王に頼んで、法令を無効にしてくれないものかと、ユダヤ人たちは考えたのです。
 一度発布された法令を撤回してもらうのは、簡単ではありません。ペルシャのような大帝国では、王妃といえども王からお召がなければ面会をすることもできないのです。
 王国の厳格な制度を無視して、「直訴」をすることは命がけでした。

 それでも、全ユダヤ人を救うために、モルデカイはエステルに厳しく王への嘆願を迫ります。エステルは、死ぬ覚悟を決めて、王の前に出て行くのです。
 エステルの行動には、すべてのユダヤ人のいのちと運命がかかっていました。祈りと断食が、彼女のためにささげられました。
 神がアハシュエロスの心を動かしました。法令は無効になり、知らせの早馬がワシュティたちの町にもやってきました。

 抱き合って喜ぶワシュティとアサ、ふたりの子供たち、町の人たち。喜び叫びユダヤ人の声は、ペルシャ領内に満ち溢れました。
 ワシュティは思うのです。自分が退位したことは、やがてくるユダヤ人の危機に備えて、神がエステルを用いられるためだったのだ。自分にはエステルのような働きはできなかった・・・。
 廃位となった美しい王妃ワシュティ。その生い立ちやアサとの生涯は、作者のフィクションです。ですが、ユダヤ人絶滅の陰謀は、旧約聖書エステル記に記されています。イスラエルでは、いまもこの事績を、プリムの祭りとして祝っています。
 





posted by さとうまさこ at 10:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする