2016年01月06日

Coffee Break箴言14 遊女はひとかたまりのパンで買えるが、人妻は尊いいのちをあさる。(箴言6章20節〜35節、申命記6章5節〜9節、出エジプト記20章12節〜18節)



 わが子よ。あなたの父の命令を守れ。
 あなたの母の教えを捨てるな。(箴言6章20節)

 この言葉は、儒教の倫理に縛られていたに戦前の日本人には共感できる個所だっただったでしょう。明治の黎明期にキリスト者になった多くの人は下級武士だったということです。下級というのは身分が低くて豊かではないということですが、武士ですから論語などの教養はありました。誇るのは倫理的矜持(きょうじ=プライド)だけといってもよかったかもしれません。
 キリスト教は、価値観が混乱して行く明治初期の武士に倫理的な共感を与えたと言われています。

 それをいつも、あなたの心に結び、
 あなたの首の回りに結びつけよ。(21節)
 これは、あなたが歩くとき、あなたを導き、
 あなたが寝るとき、あなたを見守り、
 あなたが目ざめるとき、あなたに話しかける。(22節)

 この言葉は、申命記6章を思い出させます。

 聞きなさい。イスラエル。主は私たちの神。主はただひとりである。
 心を尽くし,精神を尽くし,力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。(申命記6章5節)
 わたしがきょう、あなたに命じるこれらのことばを、あなたの心に刻みなさい。(6節)
 これをあなたの子どもたちによく教え込みなさい。(7節)
 あなたが家にすわっている時も、道を歩くときも、寝る時も起きる時も、これを唱えなさい。(8節)
 これをしるしとしてあなたの手に結びつけ、記章として額の上に置きなさい。(9節)

 大切な戒めを、骨身に沁みさせるためには、ただ口で唱えたり暗記しただけでは不十分なのです。一夜漬けの試験勉強のように、試験が終わったら忘れてしまう「知識」であったはいけないのです。

 命令はともしびであり、おしえは光であり、
 訓戒のための叱責はいのちの道であるからだ。(箴言6章23節)

★★★★★

 これはあなたを悪い女から守り、
 見知らぬ女のなめらかな舌から守る。(24節)
 彼女の美しさを心に慕うな。
 そのまぶたに捕えられるな。(25節)

 女性問題を、再度警告しています。

 遊女はひとかたまりのパンで買えるが、
 人妻は尊いいのちをあさるからだ。(26節)
 人は火をふところにかき込んで、
 その着物が焼けないだろうか。(27節)

 とりわけ、人妻との姦淫を警告しています。
 買春はいいけれど人妻は良くないという警告にも抵抗を覚える方は多いでしょう。パンひとかたまりで、性の売買をする状況は悲しいことです。性的関係はもっと神聖なものだと思っている人は多いのではないでしょうか。お金でかたがつき、あと腐れがない関係が理想でしょうか。

 しかし、世慣れた父親の目から見れば、「あと腐れ」がないことは良いことなのでしょう。どうしても、女性を抱きたくなったら、せめて「遊女にしなさい」。人妻はいけないと繰り返すのです。

 これは聖書が「その時代を生きる人々に対して与えられた書物である」と認識すれば、おのずと理解できる箇所です。神様の御心は違うのです。この言葉を許されるとき、神様は憐れみをもって人の限界に歩み寄って下さったと考えるべきなのです。
 
 また人が、熱い火を踏んで、
 その足が焼けないだろうか。(28節)
 隣の人の妻と姦通する者は、これと同じこと、
 その女に触れた者はだれでも罰を免れない。(29節)

 神はイスラエルに律法をお与えになった時、「姦淫するな」とお命じになりました。これは、対人間関係に対する戒めの三番目(F)に当たります。
 Dあなたの父と母を敬え。E殺してはならない。F姦淫してはならない。G盗んではならない。H隣人に対し、偽りの証言をしてはならない。Iあなたの隣人の物を欲しがってはならない。(出エジプト記20章12節〜18節)

 盗人が飢え、
 自分の飢えを満たすために盗んだとしたら、
 人々はその者をさげすまないであろうか。(30節)
 もし、つかまえられたなら、彼は七倍を償い、
 自分の家の財産をことごとく
 与えなければならない。(31節)
 女と姦通する者は思慮にかけている。
 これを行なう者は自分自身を滅ぼす。(32節)

 盗人が出てくるのは、姦淫が次の戒めG「盗んではならない」と関係しているからです。旧約聖書時代は(じつは、ほん最近まで)妻は、夫の所有物だと考えられていたのです。ですから、姦淫は同時に盗みにあたります。

 さらに、姦淫は十戒の十番目の戒めI「隣人の物を欲しがってはいけない」にも、抵触します。
 自分が欲しいと思う隣人の持ち物は、当の隣人にとってはさらに執着のあるものです。
 妻を寝取られた夫の怒りを制御するものはありません。たとえ、お金を払っても「かたがついた」とはいかないでしょう。
 他人の持ち物と自分の物とのけじめをきちんと分別するのが、円満な社会生活、平穏な人生を送る秘訣であると、諭されているのです。

 彼は傷と恥辱とを受けて、
 そのそしりを消し去ることができない。(33節)
 嫉妬が、その夫を激しく憤らせて、
 夫が復讐するとき、彼を容赦しないからだ。(34節)
 彼はどんな償い物も受けつけず、
 多くの贈り物をしても、彼は和らがない。(35節)










posted by さとうまさこ at 10:48| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする