2016年01月16日

Coffee Break箴言24 正しい者の口はいのちの泉。悪者の口は暴虐を隠す。2(箴言10章14節〜21節)



 知恵のある者は知識をたくわえ、
 愚か者の口は滅びに近い。(箴言10章14節)

 ほんとうの知恵とは、謙遜に知識を蓄えること。知恵のある者とは、諭しの言葉はもちろんのこと、経験や書物から学べる人のことでしょうか。
 これも、「言うは易し、行うは難し」です。10章全体が、口に対する戒めになっていますが、愚か者は口で災いを招くのでしょう。
 
 富む者の財産はその堅固な城。
 貧民の滅びは彼らの貧困。(15節)

 「その堅固な城」の「その」は、知識を蓄えた心のことでしょう。貧民は、彼らが自ら知恵や知識を蓄えないところにあると言うのです。

★★★★★

 正しい者の報酬はいのち。
 悪者の収穫は罪。(16節)

 神を求める「正しい人」には、いのちが与えられるというのは、聖書のメッセージそのものです、イエス・キリストが十字架にかかって死んだのは、罪に堕ちた人間、死を宿命づけられていた人間に、ふたたびいのちを与えるためです。対して、神に叛くことが罪であるのは、聖書のメッセージの前提です。

 訓戒を大事にする者はいのちへの道にあり、
 叱責を捨てる者は迷い出る。(17節)

 神のことばは、律法の訓戒として告げられるわけです。父親は子どもが「神の道」を外れないように、訓戒して育てる責任があります。それが、結局は、子供が生きながらえることだからです。
 しかし、叱責を捨てる者はあとを絶ちません。

 憎しみを隠す者は偽りのくちびるを持ち、
 そしりを口に出す者は愚かな者である。(18節)

 このふたつの対句もなかなか鋭いのです。
 神が憎しみをいとわれるからと言って、憎しみを隠して嘘を言うのが良いのではなさそうです。上役やボスに、心にもないお世辞を言うなど決して神がお喜びになることではないのです。
 反対に、思ったままそしったり喧嘩をしたりするのは、「愚か者」なのです。
 人の歓心を買うためのお世辞も、喧嘩のことばもどちらも罪なのです。なぜなら、どちらの場合も、言葉数が多くなります。

 ことば数が多いところには、
 そむきの罪がつきもの。
 自分のくちびるを制する者は思慮がある。(19節)
 正しい者の舌はえり抜きの銀。
 悪者の心は価値がない。(20節)

 「えり抜きの銀」と言われるような舌を持ちたいと思いますが。くちびるを制することがどんなに大変かは、人と会って交わっていると、日々痛感するのです。
 もちろん、舌は「勝手に」動いているのではありません。「主人」の心の命じるまましゃべるのでしょう。問題は、心が曲がっていることです。

★★★★★

 正しい者のくちびるは多くの人を養い、
 愚か者は思慮がないために死ぬ。(21節)

 世俗的な自己啓発の本などでも、言葉を制することの重要さが説かれています。言葉で、人は気分良くもなり励まされもする。ひいては人間関係が円滑になり、商売なら繁昌し、組織ならみんなが気分よく働けて、やがては利益に結びつく、というわけです。

 このような考えは、箴言の思想から派生したのかなとも思えます。けれども、それが、「口がうまい」「ほめ上手」「そつがない」と言った表面的なものなら、やがては見破られてしまいます。「また言ってるよ」「話半分だよ」となったら、人を養うことなどできません。本当に、人を養う言葉を発するには、思慮が必要です。



posted by さとうまさこ at 10:30| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする