2016年01月21日

Coffee Break箴言29 正しい者の願い、ただ良いこと。悪者の望み、激しい怒り。(箴言11章23節〜31節)



 正しい者の願い、ただ良いこと。
 悪者の望み、激しい怒り。(箴言11章23節)

 これは、神の御心に叶っている願いとその結果です。正しい者は、神が「良し」(GOOD)として下さることが願いです。悪者の望みには、(神の)激しい怒り(WRATH)が下ります。

 ばらまいても、なお富む人があり、
 正当な支払いを惜しんでも、
 かえって乏しくなる者がある。(24節)

 これはこの通りですね。何十年も生きていると、誰でもがそのような例を見ることがあるのではないでしょうか。

 おおらかな人は肥え、
 人を潤す者は自分も潤される。(25節)
 穀物を売り惜しむ者は民にのろわれる。
 しかしそれを売る者の頭には祝福がある。(26節)

 歴史的に見て、文明国では穀物は国家経済の基幹でした。飢えは国家を揺るがします。聖書を見ても、イスラエルの苦しみにしばしば飢饉が登場します。
 そのうえ、飢饉に乗じてひと儲け」をたくらむ者がいて、穀物を売り惜しみ、また買い占めて、穀物の値段を釣り上げようとする者がいたのです。日本史でも米騒動はしばしば起きており、1918年の「鈴木商店焼き討ち事件」などもその一つの例です。ただし、鈴木商店が「米を買い占めていた」事実はなく、風評被害だったとの評価もあります。
 どちらにしても、穀物を売り惜しむ者が民衆ののろいを受けるのは本当でしょう。

  鈴木商店
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E5%95%86%E5%BA%97

★★★★★

 熱心に善を捜し求める者は恵みを見つけるが、
 悪を求める者には悪が来る。(27節)

 これは、23節の言い換えです。やはり、熱心に善を探し求めるのが神の御心に叶うことであり、悪を求める者には悪が返ってくるのです。箴言は訓戒ですから、このような論理は当然ですね。

 自分の富に拠り頼む者は倒れる。
 しかし正しい者は若葉のように芽を出す。(28節)

 富は、よく切れる刃物のようなものです。正しく使えば祝福を産みだすのです。ところが、使い方を間違うとわざわいになり、自分自身がケガをします。

 自分の家族を煩わせる者は風を相続し、
 愚か者は心に知恵のある者のしもべとなる。(29節)

 風は、不幸や空虚な結末を意味しているようです。たしかに、家族は自分の基本ですから家族を苦しめるなら、結果は見えています。

 正しい者の結ぶ実はいのちの木である。
 知恵のある者は人の心をとらえる。(30節)

 これは言うまでもありませんね。アダムとエバは神の命令に背いて、結局いのちの木からも離れることになってしまったのです。

 もし正しい者がこの世で報いを受けるなら、
 悪者や罪人は、なおさら、その報いを受けよう。(31節)

 〈正しい者〉さえも神の前には罪があるので、さばかれてかろうじて救われるなら・・、と言う意味(新実用聖書注解・いのちのことば社P864)悪者や罪びとの、報いがどんなものか、わかるということでしょう。





posted by さとうまさこ at 10:13| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする