2016年02月06日

Coffee Break箴言・45 野菜を食べて愛し合うのは、肥えた牛を食べて憎み合うのにまさる。(箴言15章7節〜17節)

 

 知恵のある者のくちびるは知識を広める。
 愚かな者の心はそうではない。(箴言15章7節)
 悪者のいけにえは主に忌みきらわれる。
 正しい者の祈りは主に喜ばれる。(8節)
 主は悪者の行ないを忌みきらい、
 義を追い求める者を愛する。(9節)
 正しい道を捨てる者にはきびしい懲らしめがあり、
 叱責を憎む者は死に至る。(10節)

 ふたたび、知恵ある者=正しい者=義を追い求める者と、愚かな者=悪者=悪者の行い=正しい道を捨てる者=叱責を憎む者が、対比されています。
 注目すべきは、知恵ある者は、詩篇にあるように、「何をしても栄える」(詩篇1章2節)のです。知恵がある者の唇は「知識を広める」のです。祈りは「主に喜ばれる」のです。「主に愛される」のです。それに対して、悪者はいけねえをささげてさえ、主に忌み嫌われるのです。いろいろな行いも主に忌み嫌われるのです。懲らしめがあり、最後は死に至ると断言されています。なんと空しいことでしょう。

 よみと滅びの淵とは主の前にある。
 人の子らの心はなおさらのこと。(11節)

 人にはうかがい知ることもできない場所、よみと滅びの淵も主はご存知であるから、人の心などなおさら見ておられるとの意味(新実用聖書注解・いのちのことば社)です。

 あざける者はしかってくれる者を愛さない。
 知恵のある者にも近づかない。(12節)

 私たち人間は、たしかに真逆の価値観には拒否反応する者です。神をあざける者は、神を信じる者から逃げたいのは当然です。叱られるのがわかっているからです。

★★★★★

 心に喜びがあれば顔色を良くする。
 心に憂いがあれば気はふさぐ。(13節)
 悟りのある者の心は知識を求めるが、
 愚かな者の口は愚かさを食いあさる。(14節)
 悩む者には毎日が不吉の日であるが、
 心に楽しみのある人には毎日が宴会である。(15節)

 正しい者と悪者を一歩突っ込んだ「心情」で色分けしています。正しい者=心に喜びがある=悟りがある=心に楽しみがある。悪者=心に憂いがある=愚かさを食いあさる=悩む者=毎日が不吉の日。
 
 このような図式に陥らないために、どうすればよいのかが、書かれています。

 わずかな物を持っていて主を恐れるのは、
 多くの財宝を持っていて恐慌があるのにまさる。(16節)

 貧しくても、「主を恐れて」生きる人は、どのような財宝を持っている人より平安があるのです。多くの財宝が恐慌を呼ぶのは、日々世の中を見ていてもわかります。犯罪の動機の多くが金に関わる物です。直接にはそう見えない場合でも、そうなのです。戦国時代の陣取り合戦、植民地争奪戦、王位継承のための殺し合い。毎日、メディアを賑わす詐欺、贈収賄、結婚できない若者は経済力に自信がないといいます。反面、結婚に際してしっかりとそろばん勘定をするのも当たり前です。

 野菜を食べて愛し合うのは、
 肥えた牛を食べて憎み合うのにまさる。(17節)

 有名な言葉です。
 もし、一椀の野菜スープしかなくても、みんなで笑いあって食べることができれば、たしかに、豊かなごちそうの前で陰謀をたくらんでいる人たちより幸せでしょう。
 しかし、貧しさに満ち足りるためには、「主の教え」という「山海の珍味」を見ることができなければならないのではないでしょうか。







posted by さとうまさこ at 09:43| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする