2016年02月11日

Coffee Break箴言・50 主はすべてのものを、ご自分の目的のために造り、悪者さえもわざわいの日のために造られた。(箴言16章4節〜6節)



 主はすべてのものを、ご自分の目的のために造り、
 悪者さえもわざわいの日のために造られた。(箴言16章4節)

 ある時、教会に来て求道している人が尋ねました。
「すべてを神さまがお造りになったのなら、どうして神様は悪魔を造ったんですか」
 これは、創造神・唯一の神である聖書の神に信仰をもつ過程で、一度は誰でも自問することではないでしょうか。なにしろ、神様がお造りになった完全な美しい世界「エデンの園」に、ぬけぬけとサタンが入り込んでいたのです。神様がご自分の息を吹き込んで生きる者とされた人間・アダムとエバが、やすやすとサタンにそそのかされ、神様の禁じておられた木の実を食べてしまうのです。
 どうして、みすみすそのような悪の存在を、神様はお許しになったのか。まして、エデンの園から追放されると、そこは、悪魔がさらに力を振るう世界だったようです。

 アダムとエバの息子カインとアベルにも、悪魔は働き、兄のカインが弟のアベルを殺してしまいます。神は、カインの殺意をご存知でいて警告もされるのですが、その元になっている罪(サタン)をその場で滅ぼされる様子はありません。つまり、サタンの存在を許しておられるのです。少なくとも、そう見えるのです。その結果災いが起ります。
 地震や洪水などの天災はもちろん、障がいや病気にいたるまで、人の苦しみのもととなっています。すると、神を信じない人は言うのです。「神がいるなら、どうしてこのようなことを許しているのだ?」
 少なくとも、「自分の神」「自分を守ってくれる神」「愛の神」である方が、「自分にムチを振るうことがある」「自分を痛めつけることがある」のは、心情的に受け容れられないのです。

 このあたりの「人間的な心情」が、多くの神を産みだす理由かもしれません。神の担当を細かく分け、ある神は、豊作、ある神は恵みの雨、ある神は、安産、ある神は、家の繁栄や良縁、ある神は、戦いの時の味方、ある神は、病気平癒、ある神は、厄除けといった具合に分けておけば、拝む側の気持ちがすっきりするのです。
 それはまさに、自分の都合なのですが、自分の都合で生きることは心地がいいので、それが、心がおごっている結果だとはなかなか気が付きません。

 ★★★★★

 主はすべて心おごる者を忌みきらわれる。
 確かに、この者は罰を免れない。(5節)

 多くの人は、「心おごる者」は、自分以外の誰かだと思いたいのです。(私もそうです)けれども、たぶん「心おごる者」という烙印を押される固定した存在はいないのではないでしょうか。どれほど謙遜を心がけていても、それが「おごる心」に逆転する瞬間があります。イエスさまを十字架に架けた時代の律法学者やパリサイ人、祭司のように、振る舞いはいかにも謙遜で信仰的でした。が、その心はおごりで満ち満ちていました。

 恵みとまことによって、咎は贖われる。
 主を恐れることによって、人は悪を離れる。(6節)

この言葉が、イエス様の十字架によってはっきりいたものとなりました。キリストが十字架上で私たちの罪を贖って死んでくださったこと自体が、神のまこととめぐみだったのです。このような犠牲を払って下さる神さま(主)であることを、改めて思い起こしたいと思います。
ますます、主を恐れる者になりたいと、思うのです。






posted by さとうまさこ at 09:58| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする