2016年02月16日

Coffee Break箴言・55 悪を行なう者は邪悪なくちびるに聞き入り、(箴言17章4節〜7節)



 悪を行なう者は邪悪なくちびるに聞き入り、
 偽り者は人を傷つける舌に耳を傾ける。(箴言17章4節)

 悪はひとりでに湧いて出るのではなさそうです。またまた創世記ですが、アダムとエバが禁断の木の実を食べる時も、その耳にささやきかけてきた「邪悪なくちびる」があったのです。(創世記3章1節〜6節)カインがアベル殺害を行なう時も、悪魔が戸口で待ち伏せしていると神が警告しておられます。ここでは、悪魔のセリフは書かれていませんが、悪魔はカインにささやきつづけていたのは明快です。(創世記4章1節〜8節)

 新聞で見たのですが、ある少女を山林に連れ込んで暴行殺害した犯人は、取調官に、「悪魔がささやいたのだ。(自分ではない)」と供述したとか。
 他人への不満を自分一人の胸に収めることができず、すぐに友人の同意を求める人がいます。すると、それは不思議と賛同者を得るのです。誰も、自分を偽り者だと思いたくないのですが、たしかに悪魔の囁きがあると、耳が、そば立つのです。

 貧しい者をあざける者は自分の造り主をそしる。
 人の災害を喜ぶ者は罰を免れない。(5節)

 貧しい者や災害にあった人をあざけるのは、ある意味とても簡単です。上司や身分の高い人の悪口などうっかり言えませんが、弱者に対するあざけりは、報復の心配がありません。

 近年では、公人としての発言やマスコミ報道では、人を不用意にあざけることが戒められています。しかし、私の記憶ではわずか30〜40年前に、「年寄りにお金を使うのは、枯れ木に水をやるようなもの」と発言した大臣がいたのです。今でも、性的暴行を受けた女性に「女の方にも責任がある。挑発するような恰好をしていた」などと言う「公人」がいます。
 公けでは言わないけれど、いつでも陰口なら、貧しい人や災害にあった人は、格好の槍玉です。そのような残酷な人間の言動を、神は見ておられるという自覚が必要なのでしょう。

★★★★★

 孫たちは老人の冠、
 子らの光栄は彼らの父である。(6節)

 子孫の繁栄が祝福であり、人の喜びであるのは、時代を超えた真実です。

 すぐれたことばは、しれ者にふさわしくない。
 偽りのくちびるは、高貴な人には
 なおさらふさわしくない。(7節)

 しれ者(痴れ者)とは愚か者です。愚か者が立派なことを言うはずはないのです。りっぱなことを言うかぎりは、愚かな行動をしてはいけないのです。
 まして、自分を高貴であると自覚している人、回りからも尊敬されている高貴な人なら、言葉に気をつけなければならないと、戒められています。







posted by さとうまさこ at 09:49| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする