2016年02月22日

Coffee Break箴言・60 おのれを閉ざす者は自分の欲望のままに求め、すべてのすぐれた知性と仲たがいする。(箴言18章1節2節、創世記2章18節〜23節、マタイの福音書28章19節20節)



 おのれを閉ざす者は自分の欲望のままに求め、
 すべてのすぐれた知性と仲たがいする。(箴言18勝1節)
 愚かな者は英知を喜ばない。
 ただ自分の意見だけを表わす。(2節)

 人間は一人では生きていけないように造られています。アダムをお造りになったあとすぐに、神様は仰せられるのです。「人がひとりでいるのは良くない。わたしは彼のために、彼にふさわしい助け手を造ろう。」(創世記2章18節)
 神である主は土からあらゆる野の獣と、あらゆる空の鳥を形造り、それにどんな名を彼がつけるかを見るために、人のところに連れて来られた。人が生きものにつける名はみな、それがその名となった。(19節)
 人はすべての家畜、空の鳥、野のあらゆる獣に名を付けた。しかし、人には、ふさわしい助け手が見つからなかった。(20節)

 このあと、アダムのあばら骨からエバが造られます。それを人は喜ぶのです(同21節〜23節)
 これは、人間のカップルの由来ですが、同時に、人間がひとりでは生きることができないという大切な神のメッセージです。神はアダムがひとりの人(a man)としてでなく、人類(Man)として生きるように決められたのです。

 人間は「群れ」の中で生き、群れのハーモニー(和)を大切にします。どれほど個性的な人も才能のある人も、群れの中でその個性が光り、才能が生きるのです。しばしば、「ハーモニー」(和)は、日本人の持つ強い美質だといわれますが、聖書は、人間を唯一の神さまによって造られた、ひとつの命のように扱っています。聖書の物語りでは、ノアやアブラハムやイスラエル(ヤコブ)、モーセ等が、固有名詞で登場しますが、彼らはすべて「神の救いのご計画」のために指名を受けたに過ぎません。罪に罪を重ねて「箸にも棒にもかからない人間たちを救いに導くご計画のために」神は彼らを用いられ、民族としてイスラエルを、救い主を誕生させる麦畑として選びだされました。
 しかし、救い主が誕生して救いが完成した今は、「全人類」(としての群れ)が明確な救いの対象としてして認識されています。

 イエス様が十字架にかかって死なれたのも、全人類の罪のためでした。復活されて、天にお帰りになるとき、主イエスは仰せになっています。

 あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、[マタイの福音書28章19節]
 また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように,彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。(20節)

★★★★★

 じつは、神は聖書を通して、人に知性や叡智について、繰り返し語っておられるのではないでしょうか。
箴言18章の冒頭の2節も、それゆえ、「おのれを閉ざす」「自分の意見だけ主張する」ことは、神のことばを聞かない者のことを指していると思われます

 群れとしてのハーモニー、神とのハーモニーの中にこそ、優れた知性や英知あると、神ご自身が仰せなのでしょう。心しなければとは思いますが、人には難しいことですね。







posted by さとうまさこ at 10:34| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする