2016年03月11日

Coffee Break箴言・78  あざける者を追い出せ。そうすれば、争いも出て行く(箴言22章10節〜16節、箴言1章1節〜4節)



 あざける者を追い出せ。
 そうすれば、争いも出て行く。
 けんかも、悪口もやむ。(箴言22章10節)
 心のきよさを愛し、優しく話をする者は、
 王がその友となる。(11節)

 人間は罪の世界に堕ちた存在ですから、どうしても問題を起こします。人間社会には争いがあるのです。聖書を読んでいると、男女一対しかいなかったエデンの園から夫婦喧嘩があり、兄弟二人しかいないときに、カインは弟アベルを殺してしまいます。アブラハムの家にも「もめごと」がありましたし、イサクの二人の息子も敵対してしまいました。モーセに率いられていたイスラエルの民の荒野の40年ももめごと続きでした。

 争いの中には、避けられないものがあるようにも見えます。小は家族の中から、企業や国家間の問題まで、毎日のように私たちは「争い」見聞きしています。いったい、どうすればいいのでしょう。
 箴言は、じつにあっさり命じるのです。「あざける者を追い出せ」
 あざける者とは「口汚くののしる者」(新実用聖書注解・P881)だとか。静かで紳士的な人が多い日本人社会でも、たしかに争いが起るときは、「口汚くののしる者」がいますね。

 集団で、ある人がいなくなったら雰囲気が変わったという場合は、誰かが「争う人」だったのです。
 腹が立っても穏やかにやさしく話をする人は「王が味方になる」というのは、神さがが味方をして下さるということでしょう。
 
 主の目は知識を見守り、
 裏切り者のことばをくつがえす。(12節)

 「主の目の前に正しくあろう」とする以外に、どうやら裏切り者に勝つ方法はなさそうです。

★★★★★

 なまけ者は言う。
 「獅子が外にいる。私はちまたで殺される。」と。(13節)

 どのようなことにも悲観論をぶつ人がいます。慎重なら意味があるのですが、なまけ者は、自分が出て行きたくないために「獅子が外にいる」と言うのです。
 教会に行ったりしたら、たちまち洗脳されて抜けられなくなると思い込んでいる人がいます。「聖書はすばらしい書物ですよ」と無料配布の聖書をもらっても、一ページも見ないで捨ててしまう人もいます。「小さな紙の活字の中に、獅子がいる!」と恐れているのです。

 他国の女の口車は深い穴のようだ。
 主の憤りに触れた者がそこに落ち込む。(14節)

 他国の女の意味は、異教徒の女、言葉も価値観も違う外国人でしょう。今日のようなグローバル社会には合わないことばのようにも聞こえますが、ぎゃくに今日では、同じ国籍で、隣にいるのに「得体のしれない女」は、箴言の時代よりはるかに多いかもしれません。さらに深い穴で待ち構えているのは「女」だけではありません。男女のあいだは、魅惑的でスリリングです。サタンが、穴を備え、仮面をかぶって近づいてくる場所でもあるのです。

 ★★★★★

 愚かさは子どもの心につながれている。
 懲らしめの杖がこれを断ち切る。(16節)

 聖書の価値観の厳しさを思わされることの一つに、子供への冷徹な目です。日本人は子どもを「無邪気な」「罪のない」などと形容しますが、聖書では「愚かさに繋がれている」存在なのです。
 懲らしめの杖が必要なのは、そのためです。「無邪気である」ことは「正しい人であること」ではないのは、アダムとエバを思い起こすだけで明らかです。
 彼らは「成人」でしたが、「生まれたばかりの子どものように無垢」だったのです。だからこそ、簡単に悪魔に誘惑されてしまいました。
 子どもは、「正しい大人」に教育しなければなりませんし、箴言は、そのために何が必要かを、語る書物です。
 箴言の最初を振りかえってみましょう。

 これは、知恵と訓戒を学び、
 悟りのことばを理解するためであり、
 正義と公儀と公正と、
 思慮ある訓戒を体得するためであり、
 わきまえのない者に分別を与え、
 若い者に知識と思慮を得させるためである。(箴言1章1節〜4節)







posted by さとうまさこ at 09:51| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

Coffee Break箴言・79  耳を傾けて、知恵のある者のことばを聞け。 あなたの心を私の知識に向けよ。(箴言22章16節〜23節)


自分を富まそうと寄るベのない者をしいたげる人、
富む人に与える者は、必ず乏しくなる。(箴言22章16節)

 こんな人、いますね。弱い人からは奪い、強い人には媚びるのです。
お金だけではありません。ブラック企業が弱い立場の社員を酷使すること、安物の食品しか買えない人には、廃棄処分するはずだった食料がまわるなんてこともあり得ます。弱い人のプライドを奪って、相対的に自分を高くして自分のプライドを満足させる人もいます。同じ人が「富める人」には媚びて、お世辞を言ったり、贈り物をしたりします。
このような「打算」を神は見逃すはずがありません。かならず、彼を乏しくすると言われるのです。

★★★★★

 耳を傾けて、知恵のある者のことばを聞け。
 あなたの心を私の知識に向けよ。(17節)
 これらをあなたのうちに保つなら、楽しいことだ。
 これらをみな、あなたのくちびるに備えておけ。(18節)

 私たちは勝手に大人になって行くのではなく、多くの人の手によって育てられてきたのです。親はもちろん、回りにいたすべての人が自分を導いてくれていたのです。ためになる言葉を教えてくれた人もいたし、身をもって親切や厳しさを示されたこともあったと思います。よい人に出あえた人は幸運ですが、どんな人との出会いや、どんな人のことばでもまず「傾聴」してみる価値はあるかもしれません。心を働かせてしっかりと聞いていれば、良いことばはおのずから身に染みていくのではなでしょうか。
 良いことばを蓄えて行き、必要な時に唇から出るようにしなさいと、教えています。

 あなたが主に拠り頼むことができるように、
 私はきょう、特にあなたに教える。(19節)
 私はあなたのために、
 勧告と知識についての三十句を書いたではないか。(20節)
 これはあなたに真理のことばの確かさを教え、
 あなたを遣わした者に
 真理のことばを持ち帰らせるためである。(21節)

 ここに言及されている30句については、22章22節〜24章22節を指す新実用聖書注解に解説があります。しかし、実際に数えてみて、どう区切れば30になるのか分かりませんし、専門家の間でもいろんな見解があるようです。(p882) 

 貧しい者を、彼が貧しいからといって、
 かすめ取るな。
 悩む者を門のところで押えつけるな。(22節)
 主が彼らの訴えを弁護し、
 彼らを奪う者のいのちを奪うからだ。(23節)

 22章16節を別の表現で現わしているのだと思います。貧しい者というのは、神の民イスラエルの間でも、かすめ取られたり、押さえつけられたりしたのでしょう。弱肉強食は人間の罪の性質ですから世界中どこでもあることです。ただ、主、神を恐れるイスラエルの民の間では、絶対者が弁護する、また、復讐して下さることが宣言されています。絶対者を恐れることで、悪にブレーキがかかるのです。

 まさに「主を恐れることは知識の初め」(箴言1章7節)です。







posted by さとうまさこ at 08:57| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

Coffee Break箴言・80  あなたの先祖が立てた昔からの地境を移してはならない。(箴言22章24節〜29節)




 おこりっぽい者と交わるな。
 激しやすい者といっしょに行くな。(箴言22章24節)
 あなたがそのならわしにならって、
 自分自身がわなにかかるといけないから。(25節)

 なにが嫌と言っても、いつも怒っている人ですね。不平不満が熾火(おきび)のように心にくすぶっている人がいます。突然カッとなって激する人は、心の底に隠している燠が、小さな刺激で、とつぜん燃え上がるんですね。わずかな不満、相手の落度が彼(彼女)にとってガソリンとなるのです。そのような人と交わっていると、いつのまにか相手のやり方が移ってしまう可能性があります。人の本性は自己防衛のためにも、「右の頬をたたかれたら、たたきかえしてしまう」からです。
 イエス様の御命令、「右のほうを叩かれたら、左も向けなさい」は、なかなかできないことなのです。

★★★★★

 あなたは人と誓約をしてはならない。
 他人の負債の保証人となってはならない。(26節)
 あなたに、償うものがないとき、
 人があなたの下から
 寝床を奪い取ってもよかろうか。(27節)

 子供の頃見た映画で、このような場面がありました。貧しい家に入ってきた借金取りが、病気で寝ている老婆の布団を持って行ってしまうのです。自分が借りた負債のために強引な取り立てにあっても悲惨ですが、保証人は同じ責任を負うのです。これは、箴言が書かれた時代はもちろん、現代も変わらないのです。

★★★★★

 あなたの先祖が立てた昔からの地境を
 移してはならない。(28節)

 イスラエル人は、カナンに入った時、ヨシュアによって相続地の分配を受けました。
その多くはくじで決められました。神の御心をくじで求めたためです。神の決めた地境で
あれば、人が勝手にそれを動かすのは、神の御心に叛くことです。

 あなたの神、主があなたに与えて所有させようとしておられる地のうち、あなたの受け
継ぐ相続地で、あなたは、先代の人々の定めた隣人との地境を移してはならない。(申命記19章14節)
 「隣人の地境を移す者はのろわれる。」民はみなアーメンと言いなさい。(同27章17節)

★★★★★

 じょうずな仕事をする人を見たことがあるか。
 その人は王の前には立つが、
 身分の卑しい人の前には立たない。(29節)

 ここでいう「じょうずな仕事」とは、誠実な仕事,「いい仕事をしてますねえ!」と専門家をうならせるような仕事のことでしょうか。工芸品を作るような人だけでなく、たとえば、受付でも、掃除でも、給仕でも、あらゆるジャンルでクオリティの高い仕事ができることは、しぜんと身分の高い人のところへ導かれます。
 ヨセフは奴隷に売られたのですが、仕事ぶりが洗練されていたので侍従長ポテファルの家の家政をすべて任されました。のちには王家の宰相になって王家の財産管理をすべて任される人になりました。ダビデは羊飼いでしたが、あたりに聞こえる琴の名手でしたからサウルの元に連れていかれました。ネヘミヤは、捕囚の民でしたが、王の献酌官でした。高い教養と語学力と分別があったからでしょう。
 賤しい身分から抜け出るためには、「良い仕事」をすることが、先であるかもしれません。







posted by さとうまさこ at 08:58| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

Coffee Break箴言・81  貪欲な人の食物を食べるな。彼のごちそうを欲しがるな。(箴言23章1節〜8節)



 あなたが支配者と食事の席に着くときは、
 あなたの前にある物に、よく注意するがよい。(箴言23章1節)
 あなたが食欲の盛んな人であるなら、
 あなたののどに短刀を当てよ。(2節)
 そのごちそうをほしがってはならない。
 それはまやかす食物だから。(3節)


 私たちが一番誘惑を受けるのは、食べ物ですね。どのようにきれいごとを言う口も、りっぱな哲学も、信仰でさえ、「まことに食べるのに良く、目に慕わしく、賢くするというその木」(創世記3章6節)が微笑みかけるとき、抗うことはできません。
 おいしい食事を味わってみたいということ自体は、罪ではないと思います。私たちは、神様から「感性」もいただいているのです。きれいなもの、楽しいもの、耳や目に快い物、美しさや洗練を愛するだけの知能もいただいているのです。ですが、ときに「理屈抜きで陶酔することができる感性」の世界は、サタンがもっとも待ち構えている場所ではないでしょうか。誘惑する者が働くのに、「甘い物・おいしい物」はとても良い道具になります。

 人を支配する人は、食べ物の価値をよく知っていて、「すばらしい食卓を用意」します。そこで並んでいるものに魅せられたとたん、私たちは誘惑に落ちているのかも知れません。
 受ける価値もないのに、豪華な食卓に招かれるのは、そこに隠された意図があるからですね。賄賂かもしれません。そのように見えなくても大きな借りを作ることになります。優劣の力関係もはっきりします。サタンは、人間のそういう不完全さに付けこんできます。

★★★★★

 誘惑の一つに、「自分も金持ちになりたい。このような食卓に付ける者となりたい」があるかもしれません。招待してくれた金持ちの価値観にはまりこんでいるのです。

 富を得ようと苦労してはならない。
 自分の悟りによって、これをやめよ。(4節)
 あなたがこれに目を留めると、
 それはもうないではないか。富は必ず翼をつけて、
 わしのように天へ飛んで行く。(5節)

★★★★★

 貪欲な人の食物を食べるな。
 彼のごちそうを欲しがるな。(26節)
 彼は、心のうちでは勘定ずくだから。
 あなたに、「食え、飲め。」と言っても、
 その心はあなたとともにない。(7節)

 ここでは、食事に招いてくれた「支配者」を、「貪欲な者」と露骨に形容しています。正体は、「勘定づく」であると、はっきり言います。
 「飲め。食え」と言われてそれに乗ることは、一般的にも戒められているのです。昔から、分別のある人は「ただ飯は食うな」とさとしたのです。
 でないと、つぎのようになります。

 あなたは、食べた食物を吐き出し、
 あなたの快いことばをむだにする。(8節)








posted by さとうまさこ at 11:33| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

Coffee Break箴言・82  子どもを懲らすことを差し控えてはならない。(箴言23章9節〜27節)



 愚かな者に話しかけるな。
 彼はあなたの思慮深いことばをさげすむからだ。(箴言23章9節)

 世の中には、たしかにシリアスに物を言うのを嫌う風潮があります。「思慮深く見える」のは「うざい」と感じるのでしょう。それが、聖書をいただいた「神の民」の間でも「ありふれた」出来事だったのですね。つまり、人間の罪の性質の現れだとしたら、人間に共通する性質なのも当然ですが。

 また、このような性質は、愚か者と思慮深い人とに分けられて、語られているのではないのは、箴言のほかの部分と同じではないでしょうか。
 きわめて思慮深い人でも、同じことを他人が言う場合はさげすむ場合があります。愚か者になるときがあるのです。議論の中で「さげすみ」の態度が現れたら、たしかにそこで、話を中止すべきかもしれません。不毛な論争になるだけだからです。
 人間同士の中では、知恵のことばが高められていくことはないので、神が聖書を下さったのではないでしょうか。

★★★★★

 昔からの地境を移してはならない。
 みなしごの畑にはいり込んではならない。(10節)
 彼らの贖い主は力強く、
 あなたに対する彼らの訴えを弁護されるからだ。(11節)

 ふたたび、「地境」です。今度は、「みなしごの土地の地境」です。土地を盗むという不正も相手が弱い立場である場合、さらに罪が重いのです。神がそんな非道を見逃されるはずがないのは、オムリの子アハブ(北王国・イスラエルの七人目の王・T列王記16章28節〜22章40節)が、領民ナボテのぶどう畑を、計略のよって奪い取った記録にも明らかです。(T列王記21章1節〜25節)

 ★★★★★

 あなたは訓戒に意を用い、
 知識のことばに耳を傾けよ。(12節)
 子どもを懲らすことを差し控えてはならない。
 むちで打っても、彼は死ぬことはない。(13節)
 あなたがむちで彼を打つなら、
 彼のいのちをよみから救うことができる。(14節)

 教育現場で体罰が禁止されて久しいと思います。たしかに、立場が強い教師が子供を殴るのは問題です。私の子供の頃は、まだ軍隊帰りの先生も多く、「殴る」先生がいました。私も平手打ちを受けたことがありますが、その先生は人望があったし、自分は可愛がられていると確信があった(ノウテンキ!な性質です)ので、あまり気にしませんでした。しかし、その先生が転任した先では、学校帰りに何人かの男子生徒に待ち伏せされ袋叩きにあったと、聞きました。むちで打たれることを「侮辱だとしか感じない関係」で殴るのは、たしかに「暴力」でしかないかもしれません。

 さらに、今では家庭内でも、度を越した暴力は刑罰の対象になります。
 度を超しているかどうかは、「正しさ」だけでは判断できないと思います。だいたいにおいて親のいうことの方が正しいのです。ただ、その正しさには、神様がご覧になっても大丈夫でなければなりませんし、愛が伴っていないといけないと思います。
 
 わが子よ。もし、あなたの心に知恵があれば、
 私の心も喜び、(15節)
 あなたのくちびるが正しいことを語るなら、
 私の心はおどる。(16節)

 あなたは心のうちで罪人をねたんではならない。
 ただ主をいつも恐れていよ。(17節)
 確かに終わりがある。
 あなたの望みは断ち切られることはない。(18節)

 わが子よ。よく聞いて、知恵を得、
 あなたの心に、まっすぐ道を歩ませよ。(19節)
 大酒飲みや、肉をむさぼり食う者と交わるな。(20節)
 大酒飲みとむさぼり食う者とは貧しくなり、
 惰眠をむさぼる者は、
 ぼろをまとうようになるからだ。(21節)

 むちを振るう父親の最終的な目的は、神の前に正しい人間を作ることでなければいけないのでしょう。
 懲らしめる目的と、目の前の子どもは神様から預かった子どもだという責任と愛がいつも念頭になければならないのです。でないと、懲らしめは自己満足になり、殴られる方には痛みだけしか残らず、逆効果です。







posted by さとうまさこ at 09:09| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする