2016年03月01日

Coffee Break箴言・68 だれが、「私は自分の心をきよめた。私は罪からきよめられた。」と言うことができよう。人(箴言20章5節〜12節)



 人の心にあるはかりごとは深い水、
 英知のある人はこれを汲み出す。(箴言20章5節)

 一見、人間は物質世界を耕して、物質世界から物質を取り出すことに汲々としているように見えます。人が物質世界から何かを得ようとするのは、「土の器である自分の体」が、「物質」だからです。人は食べ物で自分を養い、衣服で体を覆い、しっかりと自分を守ってくれる「巣」(住まい)が必要です。けれども、いのちの本質は心です。英知もさまざまなはかりごとも、「こころ」から生まれます。どれほど、豊かで十分な物資に囲まれている人も、今日住む場所のないホームレスであっても、アスリートの様な強靭な肉体を持っている人も、瀕死の病人であっても、「こころ」はあり、心がすべての思いや行動の司令室です。

 最近では、この心の動きを脳の働きであるとか、ある種の電気刺激が脳内を伝達して、いろいろな思索や感情が生まれるのだと言われています。「こころ=心臓」のように考えられていた時代に対する新しい観点だというわけです。
 ただ、脳に司令室(こころ)があるとわかったところで、心の問題が解決するわけではなさそうです。むしろ、心の病は文明社会で増えているからです。精神科などという昔にはなかった診療科目、脳科学と名づけられた研究分野は花盛りで、脳や心に働くと言われる薬もたくさん開発されて確かに、一定の効果は見られるようですが。
 
★★★★★ 
 
 人を動かす司令室「こころ」は、病んで、機能不全に陥るときだけ問題なのでしょうか。
 この複雑怪奇な場所をコントロールするのは、だれであっても、その持主にとって「難題」であるはずです。
 箴言は、自己コントロールができかねる人間の心を問題にしています。

 多くの人は自分の親切を吹聴する。
 しかし、だれが忠実な人を見つけえよう。(6節)
 正しい人が潔白な生活をするときに、
 彼の子孫はなんと幸いなことだろう。(7節)
 さばきの座に着く王は、
 自分の目ですべての悪をふるい分ける。(8節)


 いかにも人格者らしく見える人がいます。キリスト者なら、神に取り扱っていただくことが必要なことも「知って」います。ですが、ほんとうに神に忠実な人は、なかなか見つけられないと、箴言は語っているのです。司令室を完全に神様に明け渡すことが、どれほど難しいかは、聖書を開いて、同時に自分の胸に手を当ててみるだけでわかります。
 王が、まことに神さまから委託された権能を持って人を裁くなら、その前に出ることは恐ろしいことです。

 だれが、「私は自分の心をきよめた。
 私は罪からきよめられた。」と言うことができよう。(9節)

 そう。誰も、自分で私は罪からきよめられたとは言えません。

★★★★★

 異なる二種類のおもり、異なる二種類の枡、
 そのどちらも主に忌みきらわれる。(10節)
 幼子でさえ、何かするとき、
 その行ないが純粋なのかどうか、
 正しいのかどうかを明らかにする。(11節)

 今の時代、秤をごまかすことは難しくなりました。重さも容積も長さも規格を国家が決めています。さらに、これは古代社会から行なわれていたことですが、近年ではより厳格に正確になっていて、さらにコンピュータの導入で計算も正確ですから、商店でごまかされる心配をする人はあまりいないでしょう。

 見える秤は使い分けられなくなりましたが、「見えない秤」はどうでしょう。
 ダブルスタンダードという言葉があります。世界を判断するのに、だれでもメジャーを使い分けていて、それがあまりにも当たり前なので気が付かないくらいです。

 「子どもは保護しなければならない」という基準の元でも、自分の子どもと他人の子どもでは扱いが異なるでしょう。「自然を守らなければならない」ことはわかっていますが、愛する自然を求めて未踏の山や森や川に入って行き、自然の秩序を壊していきます。難民は保護されるべき対象ですが、自分の国に入って来るとなると、当惑することも多いのです。
 これは、もう赤ん坊の時から使い分けることを覚えるのです。確かに幼児でさえ、大人の顔色を見ます。友だちと争って負けると、「火がついたように泣いて」相手の不当を訴えます。自分自身は何食わぬ顔で、ズルをしたりするのです。

 聞く耳と、見る目とは、
 二つとも主が造られたもの。(12節)

 「聞く耳」と「見る目」は、もちろん、主が私たちに与えて下さったのです。それは、主のみこころを伺うためでもあり、同時に、主が私たちのこころ(の指令室)をどのようにご覧になっているかを、自分で見張るためでもあると語られているようです。






posted by さとうまさこ at 10:09| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする