2016年03月06日

Coffee Break箴言・73 王の心は主の手の中にあって、水の流れのようだ。(箴言21章13節〜17節)



 箴言で、繰り返し強調されているのは、正義と公儀を行なうことです。正義と公儀の具体例については、聖書が随所に示しています。たとえば、十戒とそれに伴う細則に見られる社会的弱者へいの配慮です。

寄るベのない者の叫びに耳を閉じる者は、
自分が呼ぶときに答えられない。(箴言21章13節)

 新約聖書には有名な善いサマリヤ人のたとえがあります。(ルカの福音書10章30節〜37節)

 旅の途中に強盗に会い、瀕死の状態で倒れている旅人を、たまたま行き会ったサマリヤ人が助け、自分のお金で宿まで連れて行き、介護し、さらに宿の人にお金を渡して後を頼んで旅を続けます。彼の前に、見てみぬふりをして通り過ぎた祭司やレビ人がいたのです。半ば異教徒であるサマリヤ人の方が神の目に正しいことをしていると、イエスが当時の宗教者を皮肉った話です。


 また、イエスのことばにも次のようにあります。
 
 わたしの弟子だというので、この小さい者たちのひとりに、水一杯でっも飲ませるなら、まことに、あなたがたに告げます。あなたがたは決して救いに漏れることはありません。(マタイの福音書10章42節)

★★★★★

ひそかな贈り物は怒りをなだめ、
ふところのわいろは激しい憤りをなだめる。(14節)

 聖書の戒めは賄賂を禁じていると思うのですが、箴言では、贈り物の効用も説いているようです。たしかに、世渡りは杓子定規に正義を主張するばかりでは、うまくいかないからでしょうか。たしかに、賄賂の見返りを初めから計算しているような贈り物は、悪です。しかし、贈り物には、好意を得るため、つながりを保つため、喜んでもらうためなど様々なレベルがあるのは事実です。

★★★★★

公義が行なわれることは、正しい者には喜びであり、
不法を行なう者には滅びである。(15節)
悟りの道から迷い出る者は、
死者の霊たちの集会の中で休む。(16節)

銀行でも会社でも、教会であっても、会計監査がありますが、これは当然ですね。正しく行なわれているかチェックすることもまた、公儀を行なうことです。どんなに立派な人格者でもチェックが入らないと堕落します。時折、ベテランの銀行員の使い込みだとか、営業マンの会社のお金の流用などが明るみに出ますが、不法を行なっている者はチェックによって滅びるのです。
 正義と公儀を生きるのは、悟りです。結局、その方がいのちにつながるのです。

 快楽を愛する者は貧しい人となり、
 ぶどう酒や油を愛する者は富むことがない。(17節)

 快楽は、勤勉と両立しません。また健全な生活とも両立しません。ぶどう酒や油はぜいたくの象徴として挙げられています。(新実用聖書注解・いのちのことば社)







posted by さとうまさこ at 07:41| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする