2016年03月16日

Coffee Break箴言・83  「酒と女」への戒め(箴言23章22節〜35節)



 22節からは、親の子どもへの語りかけになっています。
 「あなた」「わが子」と、呼び掛けているのです。しかし、語りかけているのは、「主(神)」ご自身です。

 あなたを生んだ父の言うことを聞け。
 あなたの年老いた母をさげすんではならない。(箴言23章22節)
 真理を買え。それを売ってはならない。
 知恵と訓戒と悟りも。(23節)
 正しい者の父は大いに楽しみ、
 知恵のある子を生んだ者はその子を喜ぶ。(24節)
 あなたの父と母を喜ばせ、
 あなたを産んだ母を楽しませよ。(25節)

 子どもを育てるのは、大変なことです。人間の子育ては、ほかの動物のように餌を与えて養い、巣立ちまで守るだけで良いのではありません。目標が「神様の御前に正しい人になる」ことであるなら、到達点は限りなく高いのです。神様のことを、不完全な人間である親が教えなければなりません。親子の間には、当然大きな葛藤が生まれます。父親との間には、断絶や亀裂が生まれます。母親に対しては、「さげすむ」かもしれません。
 神は仰せです。
 一時的には、いさかいや憎しみがあっても、「父と母を喜ばせなさい!」「真理を売ってはならない」。

 わが子よ。あなたの心をわたしに向けよ。
 あなたの目は、わたしの道を見守れ。(26節)

★★★★★

 遊女は深い穴、見知らぬ女は狭い井戸だから。(27節)
 彼女は強盗のように待ち伏せて、
 人々の間に裏切り者を多くする。(28節)

 女性からの誘惑に対する戒めも、何度も出てきます。
 快楽が目的の「楽しい男女関係」はそれ自体、かぎりなく魅惑的なのです。悪魔の絶好の働き場にもなり得ます。十戒では、それゆえ、姦淫を戒め、石打の刑を定めています。(出エジプト記20章14節)もっともこの場合の姦淫は、女性に夫がいる場合です。妻のいる男性が、独り身の女性と交わるのは姦淫とは言いません。あるいは、独り身同士の性的関係は、「不品行」と言いました。

 聖書時代は、女性に仕事がない時代です。親や兄弟の後ろ盾もなければ、遊女(売春婦)になる者もいたのでしょう。遊女は当然、複数の男性を客とするのです。客には嘘をついて「うれしがらせ」を言い、その場限りの恋愛ゲーム、夫婦関係を演じることになります。
 純真な若者はそのような遊女の口に乗せられ、身を誤ることも多かったに違いないのです。
 ペリシテ人の遊女の手練手管に乗ったサムソンは、イスラエルの英雄だったのに、悲惨な死に方をしなければなりませんでした。(士師記16章1節〜31節)

★★★★★ 

 悪魔の誘惑にはまり込んだ人は、次のような症状に見舞われます。

 わざわいのある者はだれか。嘆く者はだれか。
 争いを好む者はだれか。不平を言う者はだれか。
 ゆえなく傷を受ける者はだれか。
 血走った目をしている者はだれか。(29節)


 ぶどう酒を飲みふける者、
 混ぜ合わせた酒の味見をしに行く者だ。(30節)
 ぶどう酒が赤く、杯の中で輝き、
 なめらかにこぼれるとき、それを見てはならない。(31節)

 アルコール飲料も、文明とともに始まったといわれています。
 http://gigazine.net/news/20150911-history-of-booze/

 しかし、アルコール飲料も悪魔の働き場になりやすいのです。「正しい人」ノアがぶどう酒に酔った時、全裸で前後不覚に寝入っていたのです。それは、息子に「ゴシップの罪」を犯す機会を与えました。(創世記9章20節〜26節)

 あとでは、これが蛇のようにかみつき、
 まむしのように刺す。(32節)
 あなたの目は、異様な物を見、
 あなたの心は、ねじれごとをしゃべり、(33節)
 海の真中で寝ている人のように、
 帆柱のてっぺんで寝ている人のようになる。(34節)
 「私はなぐられたが、痛くなかった。
 私はたたかれたが、知らなかった。
 いつ、私はさめるだろうか。
 もっと飲みたいものだ。」(35節)

 たしかに、「芸術」と言えるようなカクテルがあり、家一軒に匹敵するような高価なワインもあります。ワインや日本酒、ビール、ウイスキーなどの製造工程をテレビで見ることがありますが、そこには、細心の注意が払われていて、知性の集積といえるほどの工程があり、その味や香りや色を守る専門職の人がたくさんいて、なるほど、酒類も「文化」だと思わせられるのです。

 けれども、魅惑的なものは同時に危険があります。酩酊の度合いを自覚しながら飲まなければいけないのですが、それが難しいのです。
 アルコールが入った状態で運転してはいけないように、いつの日か、アルコールももっと厳しく社会的制限を受けることになることでしょうか。





 

posted by さとうまさこ at 09:32| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする