2016年03月22日

Coffee Break箴言・88  外であなたの仕事を確かなものとし、あなたの畑を整え、そのあとで、あなたの家を建てよ(箴言24章30節〜34節)



 24章は、「悪い者たちをねたんではならない(箴言24章1節)」ということばで始まります。
 「悪事を働こうとたくらむ者は、陰謀家と言われている。愚かなはかりごとは罪だ。あざける者は人に忌み嫌われる(同8節9節)と受けています。
 「悪者よ。正しい人の住まいをねらうな。――悪い者はつまずいて滅びる。(
15節16節)」「悪を行なう者にたいして腹を立てるな。悪者に対して妬みを起こすな。(19節)」
「外であなたの仕事を確かなものとし、あなたの畑を整え、そのあとで、あなたの家を建てよ」。
さらに、「『彼がしたように、私も彼にしよう。私は彼の行いに応じて、仕返しをしよう』」と言ってはならない。」(29節)と、訓戒が続くのです。

 神様からの知恵(箴言)は教えています。人を妬んだり復讐を考えたりしている間に、「自分の持ち場で働きなさい」。

★★★★★

 労働が、支配者からの圧力だと考えられた時代があったと思います。「奴隷労働」「搾取」などという言葉があるのです。げんに支配階級や金持ちは、人を雇うことで、多くの面倒な労働から解放されてきたのです。畑にクワを入れたこともない人が、収益だけ取り上げ、食器を洗ったこともない者が一番上等のごちそうを食べている。機織りも縫い物もしない者が、豪奢で美しい着物をまとっている――。
 そのような社会の構図は、人に格差を作り、また格差があるかのごとく思わせ、労働する側である人間の誇りを奪い、ねたんだり、嘘をついたりしてさえ「盗もうとする人間の罪」を増長させてきたかもしれません。

 私たちは、富の格差が人をゆがめたと思いたいのですが、聖書を見ると、「嫉妬」は、富の偏在の前に既に存在しています。カインがアベルを殺したのは、嫉妬でした。悪事を働こうとする「陰謀家」はエデンの園にもいたのです。言葉巧みにエバを唆して、禁断の知恵の実を食べさせた悪魔です。さいわい、それは、神が御造りになった人間ではありませんでしたが。

 ★★★★★

 労働が苦しいもの、喜ばしくないものという「刷り込み」は、「楽園追放の記憶」と関係していると思われます。
 簡単に悪魔に誘惑されてしまったアダムとエバに対し、神は、宣告しておられます。
「――あなたは、一生、苦しんで食を得なければならない。――。あなたは、顔に汗を流して糧を得、ついにあなたは土に帰る。あなたはそこから取られたのだから。あなたはちりだから、ちりに帰らなければならない。」(創世記3章17節〜19節)
 けれども、同時に、神はノアを祝福して言われたのです。「生きて動いているものはみな、あなたの食物である。緑の草と同じように、すべてのものをあなたがたに与えた。(創世記9章3節)

★★★★★

 私は、なまけ者の畑と、
 思慮に欠けている者のぶどう畑のそばを、通った。(箴言24章30節)
 すると、いばらが一面に生え、
 いらくさが地面をおおい、その石垣はこわれていた。(31節)
 私はこれを見て、心に留め、
 これを見て、戒めを受けた。(32節)

 聖書を見れば、この世界のすべては神様の所有物です。神様がお造りになり、所有し、支配しておられるのです。しかも、神様はそれらを、「すべて与えた」と言って下さったのです。人に、神様並の知恵があれば、いただいたものを適切に管理し、公平に分配し、誰ひとり、飢えたり、苦しんだりすることなく、享受できるはずなのでしょう。けれども、パラダイスのような「平和と公平と喜び」を、邪魔する者がいるのは事実です。
 嫉妬や陰謀に加えて、怠慢もその一つであると、聖書は語っているように思います。

 しばらく眠り、しばらくまどろみ、
 しばらく手をこまねいて、また休む。(33節)
 だから、あなたの貧しさは浮浪者のように、
 あなたの乏しさは横着者のようにやって来る。(34節)

 楽をしたい、手をこまねいて休みたいと思う時、すでに悪魔が働いているのかもしれません。








posted by さとうまさこ at 08:56| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする