2016年05月06日

伝道者の書17 知恵は町の10人の権力者よりも知恵者を力づける。(伝道者の書7章19節〜29節)



 知恵は町の10人の権力者よりも知恵者を力づける。(伝道者の書7章19節)
 この地上には、善を行ない、罪を犯さない正しい人はひとりもいないから。(20節)
 人の語る言葉にいちいち心を留めてはならない。あなたのしもべがあなたを呪うのを聞かないためだ。(21節)
 あなた自身も他人を何度ものろったことを知っているからだ。(22節)

 自己啓発の本はよく売れるそうです。コンサルタント業も花盛りです。カウンセリングという言葉も、どこにでも見られます。
 情報がこれだけ広く拡散され、簡単に手に入る時代ですが、やはり人は、自分の行く道に迷っているのでしょう。知識は正しい情報に裏付けられるべきでしょうが、実際には、それは言葉のアヤでしかありません。正確な情報、正しい情報が、まず手に入っているかを吟味しなければなりません。新聞やネットの情報、業界紙、学会誌、広報、口コミが正確だという保証はありません。けれども、私たちは、そのようなところから情報を得るしかないのです。

 正確な情報を得ても、例えば天気予報のように――特定の人の利害と偏見に基づかないものであっても――雨の予報にどう対応するかは、人によって異なります。子供の頃よくありました。遠足の日の朝になっても決行か中止か決まらず、一応、弁当とおやつをリュックに詰めて学校に出かけたものです。子どもは、おやつがあるし弁当も特別メニューだったりしますから、それでも嬉しいのです。しかし、学校側はそうは行きません。ピクニック先で、雨に濡れて風邪をひく子供がいたら大変です。弱くてすぐに泣き出す子や、迷子になる子が出る可能性もあります。

 そんな時、どう決断するかが知恵なのでしょう。一応マニュアルはあるのでしょうが、先生たちが苦慮する苦心する場面です。

★★★★★

 たかが遠足の話です。ですが、先生たちの間でも賛否が分かれたりするとき、校長先生はいかに決断を下すべきなのでしょう。
 聖書の言葉は、高邁(こうまい)すぎてすぐに役に立たないという人がいます。ところが、このようなときにも、伝道者の書7章19節以下は、とても意味のある言葉です。
 責任者は、まず神の前にへりくだって祈るのです。全能の神が示された答えを聞き取り、それを選び取った後は、口論を終わらせ、リーダーになり、実行するのです。人の言葉に心を揺らされてはならないのです。人は、わずかなことでも他人との意見の違いを呪いますし、それは、「あなたもそうでしょう」と伝道者は言っています。

★★★★★

 私はこれらのいっさいを知恵によって試み、そして言った。「私は知恵あるものになりたい」と。しかし、それは私の遠く及ばないことだった。(23節)
 今あることは、遠くて非常に深い。だれがそれを見極めることができるだろう。(24節)
 私は心を転じて、知恵と道理を学び、探り出し、捜し求めた。愚かな者の悪業と狂った者の愚かさを学びとろうとした。(25節)

 「これらいっさい」の意味は、伝道者の書の最初から、著者がテーマにしている「知恵」のことでしょう。彼は、神に向かって知恵を乞いながら、やはり自分で「知恵と道理」を探り出し、捜し求めずにはいられないのです。しかし、彼はそれを、「愚かな者の悪業と狂った者の愚かさ」と言っています。

★★★★★

 私は女が死よりも苦々しいことに気がついた。女はわなであり、その心は網、その手はかせである。神に喜ばれる者は女からのがれるが、罪を犯す者は女に捕えられる。(26節)
 見よ。「私は道理を見いだそうとして、一つ一つに当たり、見いだしたことは次のとおりである。」と伝道者は言う。(27節)

 伝道者は、女性との関係で、「これこそ真実」と思うことも多かったのでしょう。男女関係は美しい想像をかき立てる世界、人の目を開かせると思えるような景観がある世界です。
 千人の妃とそばめを手にしていたソロモンは、官能の神秘も極めたに違いありません。
その結果、それで、言うのです。

 私はなおも捜し求めているが、見いださない。私は千人のうちに、ひとりの男を見いだしたが、そのすべてのうちに、ひとりの女も見いださなかった。(28節)

 これでは、女性たちは立つ瀬がないと思いますが、ソロモンの結論です。

 私が見いだした次の事だけに目を留めよ。神は人を正しい者に造られたが、人は多くの理屈を捜し求めたのだ。(29節)

 本来、「妻も友も、神が与えて下さっている」(創世記2章21節〜23節)のに、たしかに人間は、そこにいちいち理屈をつけるのですね。その瞬間「正しくなくなる」のも事実ですね。妙な理屈にそそのかされて、アダムとエバが知恵の実を食べたように。(創世記3章)









posted by さとうまさこ at 09:59| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする