2016年05月07日

伝道者の書18 だれが知恵ある者にふさわしいだろう。(伝道者の書8章1節〜5節)




 だれが知恵ある者にふさわしいだろう。
 だれが事物の意義を知りえよう。
 人の知恵は、その人の顔を輝かし、
 その顔の固さを和らげる。(伝道者の書8章1節)

 この問いは、反語ですね。こんなふうに問われたら、答えはもう明快です。知恵あるものにふさわしい人間などいないのです。事物の意義を知る人間もいないのです。そんな人間が集まって社会を形成し生きていくのです。まさに、人生は不条理です。

 知恵あるものにふさわしい人間はいないとしても、それでも、知恵を求めることは人間として本能のようなものではないでしょうか。伝道者は神を信じる人ですから、神を信じ、恐れることを前提に論を展開しているはずです。神を恐れることによって私たちは、知恵への一歩を踏み出すのです。
 知恵を見出したと思えることは、どのような凡人にも罪びとにもあるわけです。本物の知恵は、人の顔を輝かす。こわばっていた心をなごませるのは経験的にもうなずけます。

 この箇所の「だれ」について、空知太キリスト栄光教会の銘形先生は、はっきりとイエス・キリスト(イエシュア)であると答えています。
 その箇所を、そのまま引用、紹介させていただきます。

##イェシュアは当時の人々(ユダヤ人)に「あなたがたは、聖書の中に永遠のいのちがあると思うので、聖書を調べています。その聖書が、わたしについて証言しているのです。」(ヨハネ5:39)と語っています。ここでの「聖書」とは旧約の聖文書(諸書)といわれる「ケトゥーヴィーム」(כְּתוּבִים)のこと(「ケスビーム」と表記される事があります)であり、ヨブ記や詩篇、箴言、伝道者の書、雅歌などを含んでいます。ですから、私たちがそれらを読むときには、それらがどのようにイェシュアついて証言しているのかを、よくよく注意して読む必要があります。

牧師の書斎
http://meigata-bokushin.secret.jp/index.php?%E7%9F%A5%E6%81%B5%E3%81%82%E3%82%8B%E8%80%85%E3%81%AE%E5%BF%83%E3%81%AF%E6%99%82%E3%81%A8%E3%81%95%E3%81%B0%E3%81%8D%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B


★★★★★

 私は言う。王の命令を守れ。神の誓約があるから。(2節)
 王の前からあわてて退出するな。悪事に荷担するな。王は自分の望むままを何でもするから。(3節)
 王のことばには権威がある。だれが彼に、「あなたは何をするのですか。」と言えようか。(4節)
 命令を守る者はわざわいを知らない。
 知恵ある者の心は時とさばきを知っている。(5節)

 前節からつなげて読むと、王の命令を守らなければならない理由は、あきらかです。
 人間はだれも知恵があるとは言えないのです。一般的にも「神ならぬ身」という言葉があります。神でない者には多くの限界を制約があるのです。
 王もまた人間に過ぎませんが、それでも、王の命令を守らなければいけないのは、王は神が任命しておられるとの前提があるからです。神からの権能を授けられてことを行い、人をさばくことができるのです。
 ですから、王の命令を守ることは、たんなる処世の術を超えているのです。
 王の背後に「知恵ある者」が付いている、もしそう言う前提がなければ、王もそのような自覚がなければ、たしかに政治やさばきは立ち行かないでしょう。

 ただ、これは「理念としては」絶対的真理ですが、聖書にも、神の御心に反したイスラエルの王はたくさん登場します。(→列王記)
 神に叛いく王が罰せられて、悲惨な末路になっていることが、逆に、王の権威の重さを語っていると思います。







posted by さとうまさこ at 10:48| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする