2016年05月22日

Coffee Break 雅歌5  わが愛する者、美しいひとよ。さあ、立って、出ておいで。(雅歌2章7節〜15節)



 女性からの呼びかけに対して、男性が答えます。

 エルサレムの娘たち。
 私はかもしかや野の雌鹿をさして、
 あなたがたに誓っていただきます。
 掘り起こしたりかき立てたりしないでください。
 愛が目ざめたいと思うときまでは。(箴言2章7節)

 激しい恋を経験した人なら、だれでも自分の中で燃え上がる熱情をもてあます気持ちが理解できるのではないでしょうか。相手のことがいつも脳裏を去来し、「いても立っても」いられないのです。「掘り起こしたりかき立てたりしないでください」と言うのは、すでに「掘り起こされ、かき立てられている」ことへの反語ですね。

 女性も同じ気持ちです。

 愛する方の声。
 ご覧、あの方が来られます。
 山々をとび越え、丘々の上をはねて。
 私の愛する方は、
 かもしかや若い鹿のようです。

 若い時に、ある日突然恋をするというのは、考えてみたら不思議です。今日では、結婚している人もシルバー世代も恋をするのが当然のような風潮があります。けれども、若い時、思春期に、経験する「何故ともなく人を恋い慕う」衝動は、その時期かぎりのものではないでしょうか。誰に教えられるわけでもないのに、人は恋をするのです。
 どれほどたくさんの情報が流され、セックスや婚活についての詳しい案内を手にすることができても、恋を与えることはできません。

 ご覧、あの方は私たちの壁のうしろに、
 じっと立ち、窓からのぞき、
 格子越しにうかがっています。(9節)

 このような経験、感覚は、すでに恋のプログラムの中に埋め込まれているのです。
 人生のある時期、四六時中、相手のことが浮かんできて何も手に着かないというのは、それがすでに、埋め込まれた情動だからです。花が開き、香しい香りを漂わせると、そよ風が花粉を運び、蜂や蝶が花の蜜を吸いにやってくるように、神様は人には人を「恋い慕う」プログラムをあたえてくださったのではないでしょうか。
 
★★★★★

 私の愛する方は、
 私に語りかけて言われます。
 「わが愛する者、美しいひとよ。
 さあ、立って、出ておいで。(10節)
 ほら、冬は過ぎ去り、
 大雨も通り過ぎて行った。(11節)
 地には花が咲き乱れ、
 歌の季節がやってきた。
 山鳩の声が、私たちの国に聞こえる。(12節)
 いちじくの木は実をならせ、
 ぶどうの木は、花をつけてかおりを放つ。

 格子戸から覗いていた男性が、呼び掛けています。
 
 わが愛する者、美しいひとよ。
 さあ、立って、出ておいで。(13節)
 岩の裂け目、崖の隠れ場にいる私の鳩よ。
 私に顔を見せておくれ。
 あなたの声を聞かせておくれ。
 あなたの声は愛らしく、あなたの顔は美しい。(14節)
 『私たちのために、
 ぶどう畑を荒す、狐や子狐を捕えておくれ。』
 私たちのぶどう畑は花盛りだから。」(15節)

 このように賛美されたとき、女性は抗(あらが)えるでしょうか。暴力的なはずかしめには、殺されても抵抗する娘も、愛する男性の心からの呼びかけには、出て行って、顔を見せて、声を聞かせたいと思うのです。それは、神様が、私たち人間に下さったプログラムだからではないでしょうか。






posted by さとうまさこ at 08:53| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする