2016年06月08日

Coffee Break 雅歌20 雅歌を読み解く上でA



 雅歌は素直に読めば、恋愛の歌です。
 人間の「異性を恋する」というしぜんな感情が、情熱的に歌い上げられています。恋心そのものは、神の御心に反することではありません。

 十戒には、「姦淫してはならない」(出エジプト記20章14節)はありますが、「異性を恋い慕ってはならない」とは、出て来ません。「わたしのほかに、他の神々があってはならない」(出エジプト記20章3節)と戒められていますが、神と人間はもともと対等になりえないものですから、誰かを恋い慕って「拝みたいほど」でも、神様はそんなことでお怒りになるはずもないでしょう。

 それでも、何となく、信仰と恋愛が相容れない、まして信仰とセックスの問題は相容れないと思われているのは、「姦淫の罪」が私たち自身の問題として、すぐ横にあるからでしょう。

 「心にみだらな思いを抱いて女を見る者は、すでに姦淫したのである」と言われて、思い当たらない人はいないでしょう。魅力的だなと思うことは、恋心の入り口であり、恋い慕う心は、性的関係をもつことと無関係ではないのです。
 イエス様は、この言葉を、男性社会イスラエルの男を想定して仰せになったのですが、男女平等の現代、女性も、この点に関しては無罪だとは言えません。

 女性の肉体を性的玩具のように見立てることばがあるように、女性から見た男性を、性的玩具のように「はやす」時代です。

 婚姻関係と独身の境目もあいまいになっていて、セックスが、神様の意図されたような「子孫を残すこと」からも切り離され、むしろ快楽の手段として、存在します。たしかに、聖書の神様の目からごらんになったら、私たちの異性とのかかわりは、すでに「正しい」とは言えないかもしれません。

 ただ、だからと言って、神様は「愛の歌」を否定されるでしょうか。人が人を恋い慕う気持を罪だと決めておられるでしょうか。

★★★★★

 雅歌の「比喩的解釈」について、新実用聖書注解(いのちのことば社)は次のように解説しています。

 聖書に書かれている本文を、文字通りの事実として受け取らず、背後に隠されている霊的意味によって解釈する方法である。それゆえ、著者が本文を通して語っていることが、解釈者の主観によってゆがめられる危険性がある。
 ユダヤ人たちは本書を、神とイスラエルの民との間における愛を示すものと解釈した。そして、出エジプトからメシヤの到来に至るまでの歴史において、そのような愛の関係が示されていると考えた。
(中略)
 7:2の「ほぞ」を「サンヘドリンの議会」、「混ぜ合わせたぶどう酒」を「律法」と解する者もある。このような解釈はキリスト教会にも見られた。オーリゲネースは本書を神とキリスト教会、あるいは個々の信者との間の愛の関係を示していると考え、(後略)

 しかし、このような解釈に対して、注解書の著者は、「いわゆる「霊解」の立場に立つ人びともこの分類に含められるだろう。いずれにせよ、主観的解釈なので、解釈者によって何を意味しているかがまちまちであり、客観性に乏しいのが、この立場の欠点である。」(同)と結論づけているのは、しごく妥当だと思われます。

★★★★★

 セックスも神様がくださったものであるかぎり、聖書がそれに触れないほうがむしろ不自然です。
 じっさい、聖書では、姦淫や売春、愛、ねたみ、恋するなどということばは、神様の私たちへの語りかけの中で数えきれないほど出てきます。
 神様の救いのご計画が人一代では終わらない大事業である限り、男と女はむしろ、「交わらなければいけない」関係です。

 神様は、もちろん、生物創世の初めに、「生めよ。ふえよ。地を満たせ」(創世記1章27節)と仰せなのです。ところが、罪を犯して楽園を追放された直後、神様がエバに仰せになったのは、「あなたは苦しんで子を産まなければならない」(創世記3章16節)という厳しいことばです。

 創造の初めには、祝福だった喜びの性が、堕落とともに、苦しみを伴うようになったことが、記されているのです。








posted by さとうまさこ at 11:43| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

Coffee Break 雅歌21 雅歌を読み解く上でB



 楽園でのアダムとエバの関係を考えてみましょう。アダムは楽園の管理者であり、エバはアダムの助け手でした。「夫婦二人だけで、楽園全部の管理なんて大変だなあ」と思うのは、私たちが今見ている「世の楽園」を考えるからでしょう。エデンの園では、悪意ある害虫、悪意ある暴風雨、悪意に満ちた訪問者が楽園を荒しまわることはなかったでしょうから、二人が園の管理のために朝から晩まで、くたくたになるまで働く必要なんかなかったはずです。仕事が終わったら、ぼろ雑巾のようにくたびれて、ただ寝込むだけというのは、まさに「罪の世」の話です。

 二人の仕事は、楽園を歩き回り、神様がお造りになったすべての植物や動物を見て回り、その素晴らしさをほめたたえることだったのではないでしょうか。おいしい果物がいたる所でたわわに実っていたので、お腹が空けば食べることができました。たぶん、それらを手に入れるために、はしごを使ったり、木登りをしたり、地を掘り返す必要さえなかったでしょう。
 と、すれば、二人の仕事は、「愛し合う」ことしかないでしょう。その二人を神様はまちがいなく愛して下さっていたのです。
 彼らには何の心配もなかったのです。いのちは永遠のものでした。なにしろ、園の中央には「いのちの木」があって、その実を食べることができるのです。

「喜び」に水を掛けてくるような「不快」は何もありませんでした。ただ一つだけ、それでも、神様は、彼らに禁止事項をお与えになりました。「善悪の知識の木からは、取って食べてはいけない。それを取って食べるとき、あなたは必ず死ぬ」(創世記2章17節)
 しかし、蛇の姿を取ったサタンが彼らに近づいて来て、エバにそれを食べさせるのです。(同3章1節〜7節)
 その結果、二人は楽園から追放されるのです。

★★★★★

 神様の命令への違反、楽園追放のいきさつは、さまざまな方が解説して下さっていますから、それらをご覧いただきたいのです。

 はっきりしているのは、堕罪を犯した二人に神様が宣告されたことばです。
 エバには、「あなたは苦しんで子を産まなければならない。しかも、あなたは夫を恋い慕うが、彼はあなたを支配することになる」(同3章16節)
 アダムには、「あなたは一生苦しんで食をえなければならない。(中略) あなたは顔に汗を流して糧を得、ついにあなたは土に帰る」(同3章19節)

 これは、「愛し合うだけが仕事」ではなくなってしまった「世にある人間の姿」を言い得ています。たとえ、どれほどとうとい愛、楽しい愛であっても、愛の生活を維持するために、「顔に汗を流して」働かなくてはなりません。妊娠出産は、女性にとっては大きな負担、ときに招かざる喜びでした。子を産み、家族が増えることが喜びの人にとっても、「死が存在する」世界では、喜びは不安と背中合わせです。

★★★★★

 今も、そのようなことわざが通用しているのかどうか心もとないのですが、「恋は盲目」です。盲目状態にならないと恋ができないとも言えますが、これはもとより、霊的、または、情動的な面を指しているのは、だれの目にも明らかです。
 大胆に言ってしまえば、楽園でのアダムとエバが愛し合っていた愛は「盲目」の愛でした。「顔に汗を流して糧を得る」心配はありませんでした。この時、まだエバは出産していませんが、仮に出産していても「産みの苦しみ」はなかったはずです。子どもを養う心配も、子供が病気に掛かったり、自分たちが先に死んだりする心配もなかったのです。
 セックスに伴うどのような危惧もありませんでした。

 でも、たぶん、愛の行為は、そのような「完全な安心の中」でこそ、本当の喜びに到達するのでしょう。
 私達が、古来から愛の歌を歌い続けてきたのは、性愛が盲目的な相手への思慕に結びつくためです。

 雅歌はたまたま、ソロモンのような「選ばれた男性」との恋です。でも、だれもが恋をする資格があります。たとえ、自分では弱い小さな者と思い、社会的な評価も、「失敗ばかりしている人」であっても、神様は恋をする資格を与えておられるはずです。エデンの園でのアダムとエバのように、すべてを忘れて互いに愛し合う機会はだれにも与えられているのではないでしょうか。

 でなければ、雅歌が聖書に入れられている理由がわかりません。

 始めに神が天と地を創造した。(創世記1章1節)







posted by さとうまさこ at 10:39| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

Coffee Break 雅歌22 雅歌を読み終わって、愛の効用と誤用



 男と女は、恋し合い、結婚するように方向づけられているのは事実です。
 しかし、性愛はいつの時代も混乱していて、誤用されてきたのです。
 結婚制度が社会の基礎だった時代にも、一夫多妻や遊女(売春婦)の存在は、どの社会にもあったものです。同性愛も不倫もあったからこそ、聖書はそれらを厳しく禁じているのです。離婚については、特別な規定を設けて許可しています。ただ、これらの性規範は、どんどん緩められてきています。

 神は、原始的な仕組みの一部の生物を除き、すべての生物を雌雄一対にお造りになり、雌雄が一体となることで、そのコピーを造ることができるようと設計されました。
 神様の御心は、男女が愛し合う「性的関係」を勧めるものです。その愛は対等で誠実で、生涯二人がひとりであるかのような関係です。

 しかし、悪魔の支配する罪の世の性的関係は、どうひいき目に見ても、神様のお決めになった枠からはみ出してきました。
 自由恋愛、売春、姦淫、同性愛、離婚などは、楽園から追放されたアダムとエバの子どもたちが増え始めたと同時に置き、広がっていたようです。

 主は、地上に人の悪が増大し、その心の計ることがみな、いつも悪いことだけに傾くのをご覧になった。(創世記6章5節)
 それで主は、地上に人を造ったことをことを悔やみ、心を痛められた。(6節)
 そして主は仰せられた。「わたしが創造した人を地の面から消し去ろう。人をはじめ、家畜やはうもの、空の鳥に至るまで、わたしはこれらを造ったことを残念に思うからだ。」(7節)

 このあと、主(神様)は「大洪水」を起こされるのです。

★★★★★

 もちろん、ノアの洪水の原因になった人の罪は、性的ふしだらだけではありません。殺人や盗みは、十戒に記されているとおりです。その前に、創造主以外の神に走ることが戒められています。
 それらの罪は、20世紀の今日に至るも、全く減少している様子はなく、むしろ、氾濫しているようにさえ見えます。

 一夫一婦制を守るシステム、犯罪者をより正確に特定し、処罰する方法なども進歩しています。孤児ややもめ(未亡人)の生活を保障する制度も、それなりに整っています。居住や職業選択の自由はひろがっていますし、選挙で自分たちの統治者を選べるなんて、聖書時代には考えられなかった制度もあります。とりわけ、生業の種類が増えました。
 農業、牧畜、商売などの、一次産業がといわれるものが人の生活を支える仕事だった時代は過ぎ去りました。サービス業が大きなシェアを占め、その中には、あらゆる娯楽産業、旅行業、飲食業、このようなPCやネットのシステムもあって、いまや、世の中を支配しています。神の御心を行なわなければ、宗教も、娯楽・サービス産業に成り下がってしまうでしょう。

 問題は、このような巨大な「資本の論理」のなかで、セックスさえ「産業」になっていることです。今日、批判されても潰されても生まれてくる「性風俗産業」は、個人営業の「遊女」とは比べ物にならないほど大きな罪を犯していて、しかも、大きいゆえにまかり通っています。

 創意工夫された工業製品が100円均一で売られているように、本来、神が御造りになった特別なシステム・性が、たやすく売買されたり、「自由の名のもとに」気軽に提供されるのになっています。
 性体験は、現実であると同時に、からかい、はやすものとなっていて、安っぽいことばで、人の口から口、人の目から目を転がされているのです。男女の体の美しさ、性の喜びなどが、あまりにもたやすく売買されているのです。
 「セックスレス」が「停電」と同じレベルの言葉として、流布するはずです。

★★★★★

 最近、何人かの有名人が、「不倫」を謝罪する記者会見を開きました。
 「皆様にご心配をかけて」「妻に申し訳ないことをして」「社会をお騒がせして」などということばが、並んでいました。

 でも、「ほんとうにおわびするべき方は、他にいるでしょう!」 と、さとうは突っ込みそうになりました。








posted by さとうまさこ at 10:55| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

ご挨拶





    いつも訪問してくださいまして、ありがとうございます。
    雅歌については、別にエッセイにして発表することとして、
    Coffee Breakは、明日から
    エレミヤ書を読み進めてまいります。
    これからも、よろしくお願い申し上げます。
    ご教示、ご示唆、ご批判など頂ければ、感謝です。
                        さとうまさこ


 
  
posted by さとうまさこ at 09:11| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

Coffee Break エレミヤ書1、はじめに、(エレミヤ書1章1節)



 このエッセイは、聖書を創世記1章1節から,隙間なく読み進めています。聖書のみことばをランダムに取捨選択しないためです。

 筆者は、何度かお断りしているように、このエッセイを、あくまで一信徒として書いています。目的は、聖書の解説や紹介ではなく、自分と聖書のことばの「お付き合い」です。もちろん、この「おつきあい」は、対等なものではありません。聖書が「神のことば」だとの前提に立てば、神様と私が対等であるはずがないのですから、その言葉とのおつきあいも、おのずから、人と人のおつきあいとは違います。
 初めから、そう思っていたのではなく、読み進めていくうちに、「その作法を教えられる」ことに気が付いたのです。それは、窮屈さではなく、喜びでした。
 聖書は、たしかに難しいのです。とくに、私のように専門教育を受けたこともなく、ヘブル語、ギリシャ語はもちろんのこと、古代中東の歴史にもうとい日本人にとって、シーラカンスを見るような近寄りがたい先入観がありました。

 それでも、「読んでみたい。」「救われたからには、聖書をきちんと自分の舌で味わい、出来るだけ咀嚼してのみ込んでみたい」と願いました。教界全体でも、信徒が聖書を読むのを勧めておられると、思いました。

 恐る恐る近づいて、臭いをかいだり、触って見たり、先達の感想に耳を傾けたりしながら、どんなことでも、毎日、エッセイにして出すことに決めました。
 気が付くと、いま、エレミヤ書を前にしているというのは、まさに神さまのあわれみだったと、感謝の思いを新たにしています。

★★★★★

 聖書を読み進めるにつれ、「信仰は、知識を超えている」と思うようになりました。確かに、聖書66巻を知識として蓄えることは意味があると思います。その並び順、その時代背景、おもな登場人物、その働きなどを即座に、知識として導き出せるのはすばらしいのです。
 でも、それが、信仰の前提であるなら、「だれも、救われるはずがありません。」
 知識と理解が入信の前提だとするなら、飛び抜けたトップエリートだけが、試験に合格することでしょう。
 それでは、全世界の人に救いをもたらそうとされる、神様のみこころを妨げてしまいます。神が、ご自分から、ご自分の意志にさからう「制度」を置かれるはずはないでしょう。
 人は、制度を造りますし、知識や理解を整えるだけの知恵も知能もあります。
 げんに、神学的知識をもって働いている主のしもべが、神の国のために多くの仕事をしているのです。

 ところが、神様ご自身が、こうした人間の知識や知恵、年齢や、役割り、地位などを塵芥(ちりあくた)のように、捨て去っておられるのを、聖書を読む者は気づくのです。

 ★★★★★

 預言の書は、他の文学ジャンルにはない、不思議なカテゴリーです。
 預言の書に入らない書物に登場する主要な人物も、ほとんどが「預言者」を兼ねています。アブラハムから、つい最近読み終わったソロモンまで、神のことばをあずかる能力のなかった人は一人もいません。それでも、「預言の書」があり、そこに、特別に括られている多くの預言者がいます。彼らの存在が、またいっそう「神とはどのような方か。神が私たちに何を語っておられるのか」を知らしめてくれます。

 すでに、イザヤ書は読んでいます。今度読むことになった、エレミヤ書のエレミヤは、イザヤより100年ほど後に生まれ、ほとんど終末期のユダ王国で活躍した予言者でした。

 エレミヤ書はつぎの言葉で始まります。

 ベニヤミンの地アナトテにいた祭司のひとり、ヒルキヤの子エレミヤのことば。(エレミヤ書1章1節)
 アモンの子、ユダの王ヨシヤの時代、その治世の第十三年に、エレミヤに主のことばがあった。(2節)
 それはさらに、ヨシヤの子、ユダの王エホヤキムの時代にもあり、ヨシヤの子、ユダの王ゼデキヤの第十一年の終わりまで、すなわち、その年の第五の月、エルサレムの民の捕囚の時まであった。(3節)









posted by さとうまさこ at 11:16| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする