2016年06月24日

Coffee Breakエレミヤ書12、なぜ、あなたがたは、わたしと争うのか。(エレミヤ書2章20節〜28節)


 なぜ、あなたがたは、わたしと争うのか。
 あなたがたはみな、わたしにそむいている。
 ――主の御告げ――(エレミヤ書2章29節)
 あなたがた、この時代の人々よ。
 主のことばに心せよ。
 わたしはイスラエルにとって、荒野であったのか。
 あるいは暗黒の地であったのか。
 どうしてわたしの民は、
 『私たちはさまよい出て、
 もうあなたのところには帰りません。』と
 言うのか。(31節)


 イスラエルをエジプトの奴隷の境涯から救い出された時、その最初の主のお気持ちを「主は、アブラハムとの契約を思い起こされた」からと書かれています。(出エジプト記2章24節)

 ひとたび、主が救いを実行されるとき、それは、すばやく、力強く、まさに人智を超えたものでした。

 モーセへ顕現、召命、約束を思い出して下さい。口下手だから無理だとしり込みするモーセを主が説得なさったのです。兄アロンの助けを得るように、イスラエルへの民へは、神が「アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神であると告げよ」と仰せなのです。イスラエル人にとっては、懐かしくも心の支えであるはずの先祖(始祖]たちの神と言われれば、彼らはエジプトの入る前の彼らの歴史を思い出したかも知れません――それは、わざわざは記されていませんが――。パロに対しては、ホンモノの神からの超能力を見せるように促されました。そのほんのしるしは、蛇に変わった杖でした。
 パロが自分のお抱えの魔術師たちの「超能力」を見せつけると、当然、神はそれ以上の、できごとを起こされるのです。

 十の奇蹟は、映画「十戒」の見せ場であったように、じっさい、今でも、聖書全体の中でも、最高に絵になる「見せ場」ではないでしょうか。天地万物の創造とノアの洪水を除けば――。
 イスラエルの民をエジプトから連れ出されるために、神は、エジプトを打つという大きな犠牲を払われたのです。世界をお造りになった父なる神にとっては、エジプトのパロや民も自分の被造物であることには変わりないのです。ただ、彼らはそのことに全く気付かず、アブラハムの子孫を奴隷化している状態をごらんになって、主は、エジプトを打たれるのです。

 神の御心を考えると、イエス・キリストでもあられるその心を思うと、エジプトを打たれることは、神にとって痛みであったと私は思います。
 それでも、その痛みを負って、神はイスラエルを救い出されたのです。
 イスラエルは、神の大きな愛と、そのために神が払われた大きな犠牲を、いつも考えているべきでした。

★★★★★

 わたしはあなたがたの子らを打ったが、
 むだだった。
 その懲らしめは役に立たなかった。
 あなたがたの剣は、食い滅ぼす獅子のように、
 あなたがたの預言者たちを食い尽くした。(30節)

 神の「血を流す犠牲」は、とくに、イスラエルの民がカナンに定着するまでの光景に現れています。弱いイスラエルが、すでに先住民がいたカナンに入るのは、容易なことではありませんでした。神の強烈な後押しが必要でした。

 ヨシュア記を見ると、神の後押しがどれほど強力なものだったかがわかります。イスラエル民がヨルダン川を渡るとき、流れが上流で堰き止められたのです。(ヨシュア記3章14節〜17節)
 エリコ攻撃の時、、その鉄壁の城塞都市を、火器や兵器で崩したのではありません。彼らは神が命じられるまま、七日間エリコの町の回りを巡り、神の命じられるまま、七日の七度目巡った後角笛を吹き、ときの声を上げたら、城壁がくずれ落ちたのです。(6章20節)そうして、「彼らは、町にあるものは、男も女も、若いものも年寄りも、また、牛、羊、ろばも、すべて剣の葉で聖絶した」(同21節)のです。

★★★★★

 今日、キリスト教の神を非難する人は、「聖絶」という言葉を、しばしば引き合いに出します。
 聖絶は、「ことごとく滅ぼせ」と、神が命じられている虐殺だと考えるからです。「旧約の神は恐ろしい」と言われるゆえんです。

 しかし、もし、神が聖絶を命じられなかったら、カナンを取る戦いは、ただの「人間の国盗り物語」に成り下がっていたのです。古来、戦いは、敵の文物と領土と人を奪うのが目的でした。侵略は自己満足ではありません。侵略した土地から獲物をもち帰るのです。
 戦いのために兵站(食糧確保)は、なくてはならない対策ですが、同時に、勝利をした側は、略奪をするのです。いのちを賭けて働く兵士にとって、何らの略奪は楽しみでもあったでしょう。金銀宝石はもちろんのこと、めぼしい衣装や器物、また女性や子供を奪うのは大きな収穫だったと考えられます。

 「聖絶」を命じられるとき、兵士はこのような「獲物の収穫」を期待できません。こんなことは、いのちを賭けて戦う者には納得できないことです。それでも、神の御命令なら従わなければなりません。従えなくて罰せられた者が、同じヨシュア記に記されています。アカンです。(ヨシュア記7章10節〜26節)
 また、聖絶の物を惜しんで、つまらないものだけ聖絶したイスラエル王国初代の王サウルは、それが神に(サムエルに)しりぞけられる大きな要因になりました。(Tサムエル記15章1節〜34節)

★★★★★

 なぜ、神は、「民の喜び」になる戦利品を聖絶せよと仰せになったのでしょうか。そのような犠牲は、無意味なのでしょうか。たとえ、凌辱されても生かされる女の方が、剣で打たれる女より「良い」と考えられるでしょうか。せっかくの銀器をただ壊すのではなく、使いまわせばいいではないか。

 人間的には、「聖絶」は、なかなか納得できません。それでも、「聖絶せよ」と命じられるときがあるということです。
 神様は、その責任は、「わたしが取る」から聖絶せよと仰せになったのではないでしょうか。
 それは、やがて十字架上でイエスが血を流されるまで、多くの人にとっては理解不能なご命令だったかもしれません。

 でも、たしかに、神は痛みを背負われたのです。その後のイスラエルは、神に多くの痛みを負わせているのに気が付かないままだったような気がします。

 おとめが自分の飾り物を忘れ、
 花嫁が自分の飾り帯を忘れるだろうか。
 それなのに、わたしの民が
 わたしを忘れた日数は数えきれない。(32節)
 あなたが愛を求める方法は、なんと巧みなことか。
 それであなたは、悪い女にも、
 自分の方法を巧みに教えたのだ。(33節)
 あなたのすそには、
 罪のない貧しい人たちの、いのちの血が見える。
 彼らの押し入るのを、
 あなたが見つけたわけでもないのに。
 しかも、これらのことがあるにもかかわらず、(34節)
 あなたは『私には罪がない。
 確かに、御怒りは私から去った。』と言っている。
 『私は罪を犯さなかった。』と言うから、
 今、わたしはあなたをさばく。(35節)
 なんと、簡単に自分の道を変えることか。
 あなたは
 アッシリヤによってはずかしめられたと同様に、
 エジプトによってもはずかしめられる。(36節)
 そこからもあなたは、
 両手を頭にのせて出て来よう。
 主があなたの拠り頼む者を退けるので、
 あなたは彼らによって栄えることは決してない。(37節)







posted by さとうまさこ at 10:51| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

Coffee Breakエレミヤ書13、『私は罪を犯さなかった。』と言うから、今、わたしはあなたをさばく。(エレミヤ書2章31節〜35節)



 昨今、神様を信じる人が少ないのは、どうしてでしょう。神様なんかカゲロウのように、はっきりしないものだと思うからでしょうか。それとも逆に、神様が強烈に大きな存在でただならぬ力をお持ちであるのを感じていて、そのような見えない力に影響を受けるのが、恐ろしいのでしょうか。
 とくに、日本のように、多くの神様がいるという前提の社会では、どれが本当の神様かわからないからでしょうか。うっかり間違った神様を拝んで、自分がいままで祀っていた方を捨てると、とんでもない罰が当たるのではないかと思うのかもしれません。

 反面、どの神が本当の神様かわからないので、出来るだけ多くの方に敬意を表しておこう、いろんな方にお願いしておこうと考えるのかもしれません。
 じっさい、そのような庶民感情を勘案したためでしょうか。神様のほうも、いろいろ「ウリ」が分業化されていて、嫌でもいろんなところにお参りに行くように仕向けられています。受験、病気回復、結婚、安産など、とくに効験あらたかのところへは、少々遠くても出かけたりします。
 一所懸命祈ったせいか、祈りが聞き届けられるように勉強したせいか、とにかく、聞き届けられたと信じられる結果があるのですから、分業化の神様はけっして廃れることはありません。

 このような神様を神様だと信じている人たちに、「唯一の神様」を宣べ伝えようというのが、私たちキリスト者です。容易でないのは、しぜんですね。
 
★★★★★
 
 唯一の神様との関係は、非常に濃厚な関係です。私の人生のすべてに関心を払っておられ、責任も持って下さる方なのです。
 子どもがかわいくてその深いところまでいつも確認している父親、妻を深く深く愛している夫。人間でも、じつはそれほど深くは愛せない、関われないというところまで愛して下さるのです。裏切られたと知った時の怒りは、とうぜん、激しいものがあります。

 あなたがた、この時代の人々よ。
 主のことばに心せよ。
 わたしはイスラエルにとって、荒野であったのか。
 あるいは暗黒の地であったのか。
 どうしてわたしの民は、
 『私たちはさまよい出て、
 もうあなたのところには帰りません。』と
 言うのか。(エレミヤ書2章31節)

 愛を裏切られた時、だれでも、「自分は相手にとって荒野だったのか」と思うに違いありません。

 おとめが自分の飾り物を忘れ、
 花嫁が自分の飾り帯を忘れるだろうか。
 それなのに、わたしの民が
 わたしを忘れた日数は数えきれない。(32節)
 あなたが愛を求める方法は、なんと巧みなことか。
 それであなたは、悪い女にも、
 自分の方法を巧みに教えたのだ。(33節)
 あなたのすそには、
 罪のない貧しい人たちの、いのちの血が見える。
 彼らの押し入るのを、
 あなたが見つけたわけでもないのに。
 しかも、これらのことがあるにもかかわらず、(34節)

 愛を求めるふりをしながら、あなたは姦淫を犯していたと、主は仰せなのです。
 これはむしろ、王や首長、祭司、預言者などの、指導的立場の人たちの責任を問い詰めているのでしょう。
 責任逃れの指導者が民を間違った方向に導くのは、いつの時代もおなじです。
 しかし、神の目はごまかせません。

 あなたは『私には罪がない。
 確かに、御怒りは私から去った。』と言っている。
 『私は罪を犯さなかった。』と言うから、
 今、わたしはあなたをさばく。(35節)

 問題は、これらのことばが、エレミヤの口を通じて語られていることです。若いエレミヤの重責はどれほどのものだったことでしょう。









posted by さとうまさこ at 10:52| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

Coffee Breakエレミヤ書14、『私は罪を犯さなかった。』と言うから、今、わたしはあなたをさばく。(エレミヤ書2章35節〜37節)



 あなたは『私には罪がない。
 確かに、御怒りは私から去った。』と言っている。
 『私は罪を犯さなかった。』と言うから、
 今、わたしはあなたをさばく。(エレミヤ書2章35節)
 なんと、簡単に自分の道を変えることか。
 あなたは
 アッシリヤによってはずかしめられたと同様に、
 エジプトによってもはずかしめられる。(36節)

 北王国イスラエルは、19人目の王ホセアの時代にアッシリヤによって滅ぼされ、捕囚に連れ去られ、王国は崩壊しました。BC722年のことです。そのため、アッシリヤの脅威はユダ王国を直接襲いました。ユダ王国ヒゼキヤ王の時代、セナ・ケリブ、ラブ・シャケが、エルサレムを取り囲んだ話はU列王記18章19章に記録されているとおりです。

 戦っても勝ち目のない戦に直面して、ユダの王ヒゼキヤはアッシリヤに降参し、主の宮と王宮の宝物蔵にある銀を全部渡した。また、金を張り付けた主の本堂のとびらと柱から金をはぎ取り、これをアッシリヤの王に渡した。(U列王記18章14節15節)のです。
 それに対し、アッシリヤはかさにかかった行動に出ました。大軍を差し向けてエルサレムを囲んで全面降伏を迫ったのです。アッシリヤの王は、ヒゼキヤがエジプトとどこかで通じていると疑っていたのです。(U列王記18章20節21節)
 
 エジプトにより頼むというユダの姿勢を、主も咎めておられるのです。
 ユダを取り囲む政治情勢が過酷な中で、ユダ王国は、揺れ続けていたのでしょう。

★★★★★

 人間の思いは、目先の政治情勢に揺れます。人間関係が目先の出来事にゆれ動くのと同じです。神の似姿に造られたはずの人間ですが、楽園を追放されたとたんに、汗を流して働かなければならなくなり、それでも「飢えから追われている」厳しい状況を生きなければなりません。人が相争うのは、楽園から追われた瞬間から私たちに負わされた宿命かもしれません。争う理由は、目先の損得感情です。
 
 今日でも、政治の争点は、結局、「損得感情」にあるように見えます。
 イギリスの「EU残留と離脱」問題は、けっきょく、国民の損得勘定に働きかけたのです。
 私には大きな経済問題は、理解を超えることが多いのですが、これも同様です。
 離脱は、英国経済にとってダメージであるとの解説と、離脱で昔の強い英国を取り戻すという考えが対立しています。
 でも、この今日的問題は、新しそうで古いのかもしれません。
 つぎの結論は、現代も、私たちが味わうに値するのではないでしょうか。

 そこからもあなたは、
 両手を頭にのせて出て来よう。
 主があなたの拠り頼む者を退けるので、
 あなたは彼らによって栄えることは決してない。(37節)








posted by さとうまさこ at 10:58| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

Coffee Breakエレミヤ書15、あなたは、多くの愛人と淫行を行なって、しかも、わたしのところに帰ると言っている。 (エレミヤ書3章1節〜5節)



 もし、人が自分の妻を去らせ、
 彼女が彼のもとを去って、
 ほかの男のものになれば、
 この人は再び先の妻のもとに戻れるだろうか。
 この国も大いに汚れていないだろうか。
 あなたは、多くの愛人と淫行を行なって、
 しかも、わたしのところに帰ると言っている。
 ――主の御告げ――(エレミヤ書3章1節)

 聖書では、神様とイスラエルの関係が夫と妻の婚姻関係になぞらえられているのは、前にも書きました。そう考えれば、夫婦のあいだに問題が起こり、離婚が成立したら、それで関係は終わりになるというのも、理解できます。

 申命記では、一度、離婚状を渡されて離婚になった妻は、もう一度元の夫と再婚することを禁止しています。
 そのいきさつは、

 彼女が家を出て、行って、他の人の妻となり、
 次の夫が彼女をきらい、離婚状を書いてその女の手に渡し、彼女を家から去らせた場合、あるいはまt、彼女を妻としてめとったあとの夫が死んだ場合、
 彼女を出した最初の夫は、その女を再び妻としてめとることはできない。彼女は汚されているからである。(後略) (申命記24章2節〜4節)

 エレミヤ書3章の冒頭で神が仰せになっているのは、このような男女間がベースにあるからです。一度でも、他の男と交わった妻は「汚れている」のです。
 
★★★★★

 目を上げて裸の丘を見よ。
 どこに、あなたが共寝をしなかった所があろう。
 荒野のアラビヤ人がするように、
 道ばたで相手を待ってすわり込み、
 あなたの淫行と悪行によって、この地を汚した。(2節)
 それで夕立はとどめられ、後の雨はなかった。
 それでも、あなたは遊女の額をしていて、
 ともしない。(3節)

 もちろん、ここで神様から叱られている女イスラエルは、一度の過ちのためではありません。何度も何度も、異なる男と交わったというのです。
 それでいて、罪を犯したという自覚がないのです。

 今でも、わたしに、
 こう呼びかけているではないか。
 『父よ。
 あなたは私の若いころの連れ合いです。(4節)
 いつまでも怒られるのですか。
 永久に怒り続けるのですか。』と。
 なんと、あなたはこう言っていても、
 できるだけ多くの悪を行なっている。」(5節)

 これでは、姦淫を犯し続けた女が開き直っている態度です。なぜ、いつまでも怒り続けるのですか。
 たしかに、このように自分の罪を「軽く」考える犯罪者は、情状酌量の余地はありませんね。
 罰せられたイスラエルとそれに続くユダの姉妹に対して、神の厳しい託宣が続きます。








posted by さとうまさこ at 10:57| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

Coffee Breakエレミヤ書16、裏切る女、妹のユダは、心を尽くしてわたしに帰らず、 (エレミヤ書3章6節〜13節)


 
 ヨシヤ王の時代に、主は私に仰せられた。「あなたは、背信の女イスラエルが行なったことを見たか。彼女はすべての高い山の上、すべての茂った木の下に行って、そこで淫行を行なった。(エレミヤ書3章6節)
わたしは、彼女がすべてこれらのことをしたあとで、わたしに帰って来るだろうと思ったのに、帰らなかった。また裏切る女、妹のユダもこれを見た。(7節)

 エレミヤは、ヨシヤ王の治世の13年に、主から召命を受けました。(エレミヤ書1章2節)主のことばをエルサレムの人々に呼ばわれという御命令でした。(同2章2節)
 エルサレムの人とは、ユダの人々です。すでに北王国イスラエルがアッシリヤによって滅ばされていました。滅びはひたひたとユダに近づいていました。
 ユダも、そのアッシリヤの脅威を感じていたはずでした。しかし、困難が近づいているその理由を、真剣に考えてみなかったようです。彼ら約束の民が、何を約束されているのか、だれに約束してもらって、そこまで繁栄して来たかを、忘れるのでした。
 困難が訪れると、より頼まなければならない主を忘れ、偶像礼拝に走るのです。

 背信の女イスラエルは、姦通したというその理由で、わたしが離婚状を渡してこれを追い出したのに、裏切る女、妹のユダは恐れもせず、自分も行って、淫行を行なったのをわたしは見た(8節)
 彼女は、自分の淫行を軽く見て、国を汚し、石や木と姦通した。(9節)
 このようなことをしながら、裏切る女、妹のユダは、心を尽くしてわたしに帰らず、ただ偽っていたにすぎなかった。・・主の御告げ。・・」(10節)
 主はまた、私に仰せられた。「背信の女イスラエルは、裏切る女ユダよりも正しかった。(11節)

 これはどういうことでしょうか。偶像礼拝は、北王国イスラエルの方が、南のユダ王国より、はるかにひどかったのです。ヤロブアムがレハブアムに対抗して北王国を立てた時、民が、ユダの都エルサレムに行って礼拝するのを恐れました。底で、ダンとペテルに「金の小牛」を安置してこれを拝ませたのです。
出発点から間違っているのですから、ほかの偶像を拝むのも容易でした。そして、とうとう、イスラエルは主・神から離婚状をもらうことになってしまったのです。(BC722年北イスラエル王国崩壊)

 それに対し、主は、ユダ王国には望みを託しておられたのではないでしょうか。ユダ王国が、王制イスラエルの正統であることは明白でした。つまり、ダビデの家の子孫です。
 エルサレムには神殿があり、祭司制度も祭祀儀礼も引き継がれているはずでした。それにもかかわらず、ユダの王たちが堕落していくとき、主はユダの行いを「裏切り」と認定されたのです。

★★★★★

ヨシヤ王は信仰復興を行ないました。主の宮を修理させ、その過程で、律法の書を発見されました。人々は、自分たちの主のことばを、書物によって確認することができたのです。(U列王記22章)

 王は主の宮に上って行った。ユダのすべての人、エルサレムの住民のすべて、祭司と預言者、および、下の物も上の者も、すべての民が彼とともに行った。そこで彼は、主の宮で発見された契約の書のことばをみな、彼らに読み聞かせた。(U列王記23章2節)
 ヨシヤはまた、バアルやアシュラの施設や器物をことごとく破壊し、偶像に仕える祭司たちを除き、神殿男娼や神殿娼婦の家を取り除き、ヤロブアムの造った「高き所を」破壊し、灰にした。(同23章4節〜21節)

 ヨシヤは徹底的に、偶像とその関連物を破壊したのです。

 ヨシヤのように心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くしてモーセのすべての律法に従って、主に立ち返った王は、彼の先にはいなかった。彼の後にも彼のような者は、ひとりも起こらなかった。(同25節)
 それにもかかわらず、マナセが主の怒りを引き起こしたあのいらだたしい行いのために、主はユダに向けて燃やされた激しい怒りを静めおうとはされなかった。(同26節)

★★★★★

 マナセはヨシヤの二代前の王ですが、彼の行いは、取り返せないほどの悪だと主は仰せられたのです。その結果、エレミヤに授けられた預言は、つぎのように厳しいものでした。

  行って、次のことばを北のほうに呼ばわって言え。(エレミヤ書3章12節)
  背信の女イスラエル。帰れ。
  ――主の御告げ――
  わたしはあなたがたをしからない。
  わたしは恵み深いから。
  ――主の御告げ――
  わたしは、いつまでも怒ってはいない。
  ただ、あなたは自分の咎を知れ。
  あなたは自分の神、主にそむいて、
  すべての茂った木の下で、
  他国の男とかってなまねをし、
  わたしの声を聞き入れなかった。
  ――主の御告げ――(13節)








posted by さとうまさこ at 10:55| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする