2016年06月01日

Coffee Break 雅歌15 自分の愛する者に寄りかかって、荒野から上って来る人はだれでしょう。(雅歌6章11節〜8章5節) 



 ああ、慰めに満ちた愛よ。
 あなたはなんと美しく、快いことよ。(雅歌7章6節)
 あなたの背たけはなつめやしの木のよう、
 あなたの乳房はぶどうのふさのようだ。(7節)
 私は言った。
 「なつめやしの木に登り、その枝をつかみたい。
 あなたの乳房はぶどうのふさのように、
 あなたの息はりんごのかおりのようであれ。(8節)
 あなたのことばは、良いぶどう酒のようだ。
 私の愛に対して、なめらかに流れる。
 眠っている者のくちびるを流れる。」(9節)

 雅歌7章は冒頭から9節まで、男性のことばです。昨日も少し触れましたが、男性が女性を見ていて、その美しさを「視覚的」な言葉で賛美しているのです。それは、どんな名画にも及ばないほど刺激的です。愛の行為というものを想起させられる詩になっています。

 男性が、このように女性の肉体を「見る性」であることはどうやら確実なようです。
 今日でも、あらゆる女性が化粧やファッションに心を砕き、「外見」を演出しようとするのは、それを男性が評価するからでしょう。また、女性が若返りやしわ取り美容整形にお金を払うのも、やはり彼女の値打ちが、外見で測られると思うからではないでしょうか。
 若い女性のグラビア本は、同じ男性の同種の本よりはるかに多いに違いありません。
 けれども、外見を見る男に「恋や愛」つまり、相手を思う心がないのであれば、それは、ほんとうの意味でエロスでもセクシーでもないのではないでしょうか。

 本来、神様は、私たち男女を「愛し合う」性として造って下さったのです。愛し合うきっかけとして、「恋」があり、愛し合う「ご褒美として」性の喜びがある、雅歌は、そう教えてくれているように思います。

 雅歌の花婿のことばが赤面するほどまぶしく、美しいのは、神の御心にかなった愛のプロセスだからだと思われます。

 私は、私の愛する方のもの。
 あの方は私を恋い慕う。(10節)
 さあ、私の愛する方よ。野に出て言って、
 ヘンナ樹の花の中で夜を過ごしましょう。(11節)
 私たちは朝早くからぶどう畑に行き、
 ぶどうの木が芽を出したか、
 花が咲いたか、
 ざくろの花が咲いたかどうかを見て、
 そこで私の愛をあなたにささげましょう。(12節)
 恋なすびは、かおりを放ち、
 私たちの門のそばには、
 新しいのも、古いのも、
 すべて、最上の物があります。
 私の愛する方よ。
 これはあなたのためにたくわえたものです。(13節)

 ★★★★★

 ああ、もし、あなたが私の母の乳房を吸った
 私の兄弟のようであったなら、
 私が外であなたに出あい、
 あなたに口づけしても、
 だれも私をさげすまないでしょうに。(雅歌8章1節)

 8章1節からは、ふたたび、花嫁のことばです。花嫁は、人の目を気にしています。愛の場面で、人の目を気にする女性の性質も古今東西変わらないもののようです。

 私はあなたを導き、
 私を育てた私の母の家にお連れして、
 香料を混ぜたぶどう酒、ざくろの果汁を
 あなたに飲ませてあげましょう。(2節)
 ああ、あの方の左の腕が私の頭の下にあり、
 右の手が私を抱いて下さるとよいのに。(3節)
 エルサレムの娘たち。
 私はあなたに誓っていただきます。
 掘り起こしたり、かき立てたりしないでください。
 愛が目ざめたいと思うときまでは。(4節)

 女性は男性の肉体について何一つ描写していませんが、それがまた、女性の愛の激しさを感じさせます。
次のイメージは、美しいですね。二人の男女が荒野を歩いている、女性が男性に寄りかかっている・・・。じっさいには、二人は荒野にいるのではないでしょうが、まるで周りに何もないかのようにお互い寄り添っている姿に、ため息が出ます。

 自分の愛する者に寄りかかって、
 荒野から上って来る人はだれでしょう。

 私はりんごの木の下で
 あなたの目をさまさせた。
 そこはあなたの母があなたのために
 産みの苦しみをした所。(5節)


    聖書は新改訳聖書を使わせていただいています。





posted by さとうまさこ at 10:39| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする