2016年06月14日

Coffee Breakエレミヤ書2、エレミヤの召命とその時代(エレミヤ書1章4節〜10節)



 エレミヤは、BC627年に、ヨシヤ王治世下のユダ王国で、預言者として召されました。そのころまだ20歳前だったようですから、そこから生年を推測できます。
 ヨシヤ王は、信仰の中興を行なって国中から偶像を追放した正しい王として知られています。しかし、すでに、北王国イスラエルがアッシリヤに攻められて崩壊し(BC722年)、BC612年には、アッシリヤの首都ニネベが陥落しています。

 中東を席巻していた大帝国が弱体化した後、勃興してきた新バビロニヤと拡大を狙うエジプトの間で、弱小国ユダはあらしの海にもまれる小舟のように不安定になってしまいます。
 ヨシヤ王の子、エホアハズ、エホヤキム、ゼデキヤと王が替るにつれて、国は坂道を転げ落ちるように、崩壊に向かいます。大国の間で心迷い、占いや託宣、偶像崇拝で活路を見出そうとする者たちが大ぜい現れ、国の方向を誤まらせます。そのような中で、エレミヤは、神の召命を受けるのです。
 エレミヤは、ヨシヤ王から、ゼデキヤまでの苦難の時代を生き、エジプトに引かれて行って死んだと言われています。
 生涯をかけて、逆風の中で、神のことばを預言した彼は「涙の預言者」とも呼ばれています。
 
 ★★★★★

 次のような主のことばが私にあった。(エレミヤ書1章4節)
「わたしはあなたを胎内に形造る前から、
あなたを知り、
あなたが腹から出る前から、あなたと聖別し、
あなたを国々への預言者と定めていた。」(5節)

 神が人を召命される場面は、どれも厳粛ですね。
 今、この場面を読む者も、思わず姿勢を正します。

そこで、わたしは言った。
 「ああ、神、主よ。
 ご覧の通り、私はまだ若くて、
 どう語っていいかわかりません。」(6節)
すると、主は私に仰せられた。
 「まだ若い、と言うな。
 わたしがあなたを遣わすどんなところへでも行き、
 わたしがあなたに命じるすべての事を語れ。(7節)
 彼らの顔を恐れるな。
 わたしはあなたとともにいて、
 あなたを救い出すからだ。
    ――主の御告げ――」(8節)
そのとき、主は御手を伸ばして、私の口に触れ、主は私に仰せられた。
 「今、わたしのことばをあなたの口に授けた。(9節)
 見よ。わたしはきょう、
 あなたを諸国の民と王国の上に任命し、
 あるいは引き抜き、あるいは引き倒し、
 あるいは滅ぼし、あるいはこわし、
 あるいは建て、また植えさせる」(10節)

 エレミヤは、この召命に驚きしり込みしています。とても若かったからです。
 召命の場面を、明日、引き続いて見てみたいと思います








posted by さとうまさこ at 10:58| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする