2016年06月19日

Coffee Breakエレミヤ書7、救いのご計画の切り札・初穂「イスラエル」(エレミヤ書2章3節〜5節)



  イスラエルは主の聖なるもの、
  その収穫の初穂であった。
  これを食らう者はだれでも罪に定められ、
  わざわいをこうむったものだ。
  ――主の御告げ――   (3節)

 聖書を読むとき、とりわけ旧約聖書を読むとき、日本人として難解で、少なからず抵抗を感じる箇所がたくさんあります。それは、イスラエルが主役のように思える記述です。

 聖書は、神様が主役です。聖書の主役は神であるということを強く意識していないと、聖書を読みながら、聖書のジャングルに迷い込んでしまうと思います。最初は、万物をお造りになった神が主役だと、だれもが思っているのです。しかし、神が人をお造りになって、人と神との間に相克が生まれ、楽園から追放された人が、どんどん「人として歩み」神から離れていくときから、読む私たちの気持ちは、複雑になって行かないでしょうか。
 自分が「人」であるので、いつの間にか「人の側に立って」、聖書の展開を読んでいるのです。
 弟殺しのカインが、神に泣きついて罪を減じられ「追放処分」になるところで、すでに、私など引っかかってしまうのです。

 人が増え広がって、地上に人の悪が増大し、その心に計ることがみな、いつも悪いことだけに傾くのをご覧になって、それで主は、地上に人を造ったことを悔やみ、心を痛められた。(創世記6章5節6節)
 と聞くと、何となく釈然としなくなるのです。親に対して潜在的に甘えがある私たちは、万が一、親が「この子を産んだことを後悔する」とでも言おうものなら、絶対に許さないという気持になるでしょう。それと同じレベルで受け取るなら、次の箇所は、ショックを超えています。

 そして主は仰せられた。「わたしが創造した人を地の面から消し去ろう。人をはじめ、家畜やはうもの、空の鳥に至るまで、わたしはこれらを造ったことを残念に思うからだ。」(同7節)

 神様は、大洪水を起こし、地上のすべてのものを流し去り、いわば、地上をリセットされるわけです。例外は、「正しい人ノア」とその家族、彼らのために残された多くの動物達のペアだけでした。神は、ノアの箱舟を造ってその中に避難させられるのです。これは、クリスチャンならだれでも知っている物語で、しかも、美しい物語として、子供の絵本のも作られているのです。
 そうはいっても、この大洪水の物語にも、何か抵抗を覚える私たちです。

 当然なのです。私たちは、現在、「人間中心の世界」に住んでおり、私たちの価値観では人間が主役です。じっさいは、だれの心も、どうしようもなくエゴイズムに支配されているのに、「人ひとりのいのちは地球より重い」といった標語が、「世の法則」であるかのようにまかり通っているのです。「ノアの洪水」の話を聞いて、一人(とその家族)を助けて、残り九十九人を滅ぼすとは何事か、と言い出すのです。
 
★★★★★

 ふたたび地上に人が増え始めました。「正しい人ノア」の子孫からも、すぐに罪の性質が現れましたが、神はそれを見過ごされたと思います。何と言っても、箱舟から出て来たノアに神は仰せになったのです。

「あなたがたは生めよ。ふえよ。
 地に群がり、地にふえよ。」(創世記9章7節)
と仰せになったのです。さらに、その時神ご自身がノアと契約を立てて誓って下さったのです。
 「すべての肉なるものは、もはや大洪水の水では断ち切られない。」(同9章11節)

 人は、「天に届く塔を建て、名を上げよう。」と言い出して、「バベルの塔」を造り始めたのですが、そのとき神様が取られた対処法は、「彼らのことばを混乱させ」「彼らを地の全面に散らされることでした。」(同10章7節)

★★★★★

 バベルの塔をくずされて、ある日、アブラハムに声を掛けて召し出されるまで、神の「救いのご計画」がどのように進んでいたのか、人間にはわかりませんが、救いのご計画が新たな一歩を踏み出したのは事実です。
 アブラハムの孫ヤコブがイスラエルの直接の始祖になり、その後の聖書のストーリーはすべてこのイスラエルにシフトされているからです。
 神は、この家に、それは大きな期待をもち、愛と手間をお掛けになって育成されてこられたのです。
 「神の選びの民イスラエル」の選び、ところが、遠く東洋の国の私にも、はじめはこれが納得できないことでした。

  ヤコブの家と、
  イスラエルの家のすべてのやからよ。
  主のことばを聞け。(4節)

 主はこう仰せられる。
  「あなたがたの先祖は、
  わたしにどんな不正を見つけて、
  わたしから遠く離れ、
  むなしいものに従って行って、
  むなしいものとなったのか。(エレミヤ書2章5節)







posted by さとうまさこ at 09:23| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする