2016年08月11日

エレミヤ書60 主に信頼し、主を頼みとする者に祝福があるように。(エレミヤ書17章1節〜8節)



 聖書の神様が、私たちに望んでおられる大切なことは、けっきょく、申命記6章5節「心を尽くし、精神を尽くし、こころを尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。」です。これは、イエスさまも同じことを強調されています。(マタイの福音書22章37節)
 イエス様は第二の大切な戒めとして、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」と仰せなのですが、このシンプルに見える御命令が、人にとっては真実難しいのだと思わせられています。

 私たちの信仰生活において、誤解の多くは、この二つの戒めが守れないこと、「どのようにすることが戒めを守ることになるのか」分からないことから来ているのではないでしょうか。
 若いクリスチャンの女性が、「仕事のため日曜礼拝を守れない」と苦しんでいる投稿をみたことがあります。それに対して「自分はこのようにして日曜に休みが取れる職場を見つけた」といった回答を投稿している方もあります。「仕事を変わるまで『いつも苦しんでいた』」というわけです。そのような問いと答えの間に、クリスチャン同士の連帯感ももてるようで、少なくともあるきずなが生まれたような返答があったりします。

 しかし、私は考えるのです、戒めを守るのは良いことですが、戒めをわざと破ったわけでもない状況でも「罪意識」をもって平安がないのは、はたしてイエス様の望まれるところかしら。イエス様が私たち人類全部の罪を背負って十字架に掛かった下さった時、イエスさまの心には、罪に満ちた人に対する愛が、「完了した」との思いだったのではないでしょうか。(ヨハネの福音書19章28節)人は自分では罪の代価を払うことはできない。しかも、祭壇にささげる不完全な贖いでわずかに自分の罪を支払ったそのすぐ後から、罪を犯すような者なのです。
 それを、充分ご存知の神様が、御子(神ご自身)を打つことで贖いを完成されたという、このことにキリスト信仰があるはずなのです。
 そうであれば、私たちは、神様に対する後ろめたさや恐ろしさは消えて、心からの平安に満たされるはずではないでしょうか。

 教会生活において、例えば、「奉仕と個人的な生活の間の調整」がうまくいかなくて、いつも、後ろめたそうに「祈らせていただいているんですが、足りない者ですから」という方がいますが、もし彼が(彼女が)「後ろ暗い気分」「痛ましい気分」が謙遜だと思っているなら、それこそ、イエスさまは困惑しておられると思うのです。
 
 ★★★★★

 クリスチャンが、謙遜の証明のように、「ひりひりしている」のは、旧約聖書の神の怒りのシーンなどの影響があるのかもしれません。
 たしかに、出エジプト以来、神は大変な犠牲を払われてイスラエルに荒野を行かせ、カナンに入れられ、その地でも、イスラエルだけを選んで、不公平化と思われるほどのバックアップをされてカナンにダビデの国を立てて下さったのです。

 私たちが旧約聖書を読んで知るのは、神様は、文字通り、「初めである方」「天地万物の創造主」「全知全能で」「すべてに主権をお持ちの方」です。とうぜん、途方もない力を(私たちは)聖書に見ることになっています。岩から水を出され、マナを降らせ、肉を与えて下さる方、海を割り、川をせき止めるかたですから、人智をこえているわけです。
 そのような方がお怒りになるときも、また、たしかに「峻烈」な「怒り」です。

 エレミヤの時代には、偶像を拝んで、自分たちの神を忘れるイスラエルに対し、主はとうとう、「選びの民の国」を崩壊させられるのです。これが、衝撃でなくてなんでしょう。
このような神様を怒らせたら、このような神に見捨てられたらそれは  「恐ろしいこと」に違いないのです。
 同時に、その表面だけ見て、神をただ恐れ、神に対して罪意識を持つことが「謙遜」だったり、「正しい信仰態度」だと思わせられているとすれば、それは、イエス様の御心から少し外れていないでしょうか。

★★★★★

  ユダの罪は鉄の筆と金剛石のとがりでしるされ、
  彼らの心の板と彼らの祭壇の角に刻まれている。(エレミヤ書17章1節)
  彼らの子たちまで、
  その祭壇や、高い丘の茂った木のほとりにある
  アシェラ像を覚えているほどだ。(2節)
  野にあるわたしの山よ。
  わたしは、あなたの財宝、すべての宝物を、
  獲物として引き渡す。
  あなたの国中にある高き所の罪のために。(3節)
  あなたは、わたしが与えたあなたの相続地を、
  手放さなければならない。
  また、わたしは、
  あなたの知らない国で、あなたを敵に仕えさせる。
  あなたがたが、わたしの怒りに火をつけたので、
  それはとこしえまでも燃えよう。(4節)

 私が神さまに日々犯す罪を、私は神様が覚えておられるのを、否定するつもりはまったくありません。なにしろ、全知全能の神様は、私の骨格の中の小さな歪みも見ておられるのです。私は小さな(時には大きな)ごまかしを、人に対してだけでなく、なにより自分のためにたくらみ、それが、神様の前に、素透しに見えていることに赤面しなければなりません。
 しかし、それでも、聖書の神様は、「希望を下さる方」であるのを覚えたいと思うのです。
 その方法も主は示して下さっています。

  主はこう仰せられる。
  「人間に信頼し、肉を自分の腕とし、
  心が主から離れる者はのろわれよ。(5節)
  そのような者は荒地のむろの木のように、
  しあわせが訪れても会うことはなく、
  荒野の溶岩地帯、住む者のない塩地に住む。(6節)
  主に信頼し、
  主を頼みとする者に
  祝福があるように。(7節)
  その人は、水のほとりに植わった木のように、
  流れのほとりに根を伸ばし、
  暑さが来ても暑さを知らず、
  葉は茂って、
  日照りの年にも心配なく、
  いつまでも実をみのらせる。(8節)









posted by さとうまさこ at 11:18| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

エレミヤ書61 人の心は何よりも陰険で、それは直らない。だれが、それを知ることができよう。(エレミヤ書17章5節〜13節)



  主はこう仰せられる。
  「人間に信頼し、肉を自分の腕とし、
  心が主から離れる者はのろわれよ。(エレミヤ書17章5節)
  そのような者は荒地のむろの木のように、
  しあわせが訪れても会うことはなく、
  荒野の溶岩地帯、住む者のない塩地に住む。(6節)

 イスラエルの民がなぜ偶像礼拝の罪を犯すのか、それは、人間を、より恃(たの)みに思うからだと、主は仰せです。
 もちろん、主が望んでおられるのは、主を信頼し恃みとする態度です。

  主に信頼し、
  主を頼みとする者に
  祝福があるように。(7節)
  その人は、水のほとりに植わった木のように、
  流れのほとりに根を伸ばし、
  暑さが来ても暑さを知らず、
  葉は茂って、
  日照りの年にも心配なく、
  いつまでも実をみのらせる。(8節)

 これは言い換えれば詩篇1章に歌われているような人です。

   幸いなことよ。
   悪者のはかりごとに歩まず、
   罪人に道に立たず、
   あざける者の座につかなかったその人。(詩篇1章1篇)
   まことに、その人は主のおしえを喜びとし、
   昼も夜もその教えを口ずさむ。(2篇)
   その人は、
   水路のそばに植わった木のようだ。
   時が来ると実がなり、その葉は枯れない。
   その人は、何をしても栄える。(3篇)

★★★★★

  人の心は何よりも陰険で、
  それは直らない。
  だれが、それを知ることができよう。(エレミヤ17章9節)
  わたし、主が心を探り、思いを調べ、
  それぞれその生き方により、
  行ないの結ぶ実によって報いる。(10節)

 私たちが主に信頼し、恃みとしなければならないのは、ありのままの私たち人間は、陰険で、それは自分の力では矯正しがたいほど根深いのです。
 そのことをよくご存じの主は、私たちの弱さや員検査のすべてを探り、調べていて、私たちが主により頼みさえすれば、良い報いを下さると言われるのです。
  
  しゃこが自分で産まなかった卵を抱くように、
  公義によらないで富を得る者がある。
  彼の一生の半ばで、
  富が彼を置き去りにし、
  そのすえはしれ者となる。」(11節)

 しゃこは、お寿司屋さんにあるエビに似たネタではなく、鳥のことです。広辞苑にはつぎのようにあります。
 しゃこ、キジ目キジ科の鳥の内、ウズラとキジの中間の体形をもつ一群。アフリカから中国南部にかけて多くの種がある。(広辞苑)

 しゃこが自分で生まなかった卵も抱くというのは、たんなる「習性」だと思いますが、人間に適用するなら、これは正しくないことなのでしょう。「公義によらないで」とありますから、神の正義に通らないやり方、いわば不正によって富を得ることに譬えられているのでしょう。そのように神から離れた者は、得た財産も頼りにならず、やがて衰亡するということでしょう。

 けっきょく、イスラエル人である限り、頼りになるのは主なのです。
 エレミヤはそのことを改めて確認しています。

  私たちの聖所のある所は、
  初めから高く上げられた栄光の王座である。(12節)
  イスラエルの望みである主よ。
  あなたを捨てる者は、みな恥を見ます。

 エレミヤの叫びに、主は答えて言われます。

  「わたしから離れ去る者は、
  地にその名がしるされる。
  いのちの水の泉、主を捨てたからだ。」(13節)







posted by さとうまさこ at 10:02| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

エレミヤ書62 「行って、ユダの王たちが出入りする、この民の子らの門と、エルサレムのすべての門に立ち、彼らに言え。(エレミヤ書17章14節〜27節)



  私をいやしてください。主よ。
  そうすれば、私はいえましょう。
  私をお救いください。
  そうすれば、私は救われます。
  あなたこそ、私の賛美だからです。(エレミヤ書17章14節)
  ああ、彼らは私に言っています。
  「主のことばはどこへ行ったのか。
  さあ、それを来させよ。」(15節)

 エレミヤの言葉を読んでいると、なんだか涙が出てきます。エレミヤは主から授けられたことばを語りながら、傷ついているようです。
 人々が彼をあざ笑って、あろうことか言うのです。「主のことばはどこへ行ったのか」。
 どうやら、エレミヤは主のことばを真面目に聞こうとしない相手から、からかわれているのです。
 これは、 クリスチャンとノンクリスチャン、若い牧師と彼を懐疑の目で見ている信徒の間でも、起り得ることかもしれません。

 神の言葉を語るというのは、ある意味とてもリスクのある事です。人は同じ仲間であるはずの誰かが、神の言葉を語ると「何故?」と思うように造られているのかもしれません。
 なにしろ、人が楽園から追放された世界は、「罪が戸口で待ち伏せしている」(創世記4章7節)場所だったのです。

 若いエレミヤは、人々が自分を嘲笑するので、傷ついてしまいます。さいわいエレミヤは預言者です。祈ることができます。主にすがることができます。エレミヤは、神様に対する使命を真摯に行うしもべであることを、改めて主に訴えています。

  しかし、私は、あなたに従う牧者となることを、
  避けたことはありません。
  私は、いやされない日を望んだこともありません。
  あなたは、私のくちびるから出るものは、
  あなたの御前にあるのをご存じです。(16節)
  私を恐れさせないでください。
  あなたは、わざわいの日の、私の身の避け所です。(17節)
私に追い迫る者たちが恥を見、
  私が恥を見ないようにしてください。
  彼らがうろたえ、
  私がうろたえないようにしてください。
  彼らの上にわざわいの日を来たらせ、
  破れを倍にして、彼らを打ち破ってください。(18節)

「私に追いせまる者」が侵略者バビロンではなく、同じ同胞であることが問題ですね。エレミヤは、ユダ王国の人びとのために預言し、彼等から迫害されているのです。

★★★★★


 主は、エレミヤに対し、「破れを倍にして、彼らを打ち破ってやろう」とは、仰せになっていません。それどころか、さらなる預言を命じられるのです。

 主は私にこう仰せられる。「行って、ユダの王たちが出入りする、この民の子らの門と、エルサレムのすべての門に立ち、(19節)
 彼らに言え。
 これらの門のうちにはいるユダの王たち、ユダ全体、エルサレムの全住民よ。主のことばを聞け。(20節)
主はこう仰せられる。『あなたがた自身、気をつけて、安息日に荷物を運ぶな。また、それをエルサレムの門のうちに持ち込むな。(21節)

 ユダ王国の都エルサレムの「民の子らの門」と「エルサレムのすべての門」に立って預言するのは、ユダ王国の中心で働く王や祭司や商人に向かって預言することです。また、神殿にささげ物をしようとする民にも聞かせることになります。
 聖なる都エルサレムは、同時に大消費地でしょう。人間は食べたり飲んだりしなければならないのですから、買い物に出る者もいたのでしょう。

 安息日は、元々、主から命じられた休日です。十戒にもある大切な戒めなので、これを守ることは、当時のイスラエルの民には当然のことでした。
 ところが、エレミヤの時代には有名無実になっていたのです。

 また、安息日に荷物を家から出すな。何の仕事もするな。わたしがあなたがたの先祖に命じたとおりに安息日をきよく保て。(22節)
 しかし、彼らは聞かず、耳も傾けず、うなじのこわい者となって聞こうとせず、懲らしめを受けなかった。(23節)
 もし、あなたがたが、ほんとうにわたしに聞き従い、――主の御告げ――安息日にこの町の門のうちに荷物を持ち込まず、安息日をきよく保ち、この日に何の仕事もしないなら、(24節)
 ダビデの王座に着く王たちや、車や馬に乗る首長たち、すなわち王たちとその首長たち、ユダの人、エルサレムの住民は、この町の門のうちにはいり、この町はとこしえに人の住む所となる。(25節)

 イエス様は、のちに、ただ形式的に安息日を守ることを警告しておられます。安息日だからと言って、井戸に落ちた羊を助け出さないだろうか。また、神が休まれるなんてことはあり得ない。と、もっぱら、律法を守ることで自分たちは完全であると誇っていた律法主義者たちを叱っているのです。(マタイの福音書12章1節〜13節)
 けれども、「選びの民の育成期間である」王国時代には、当然、安息日の戒めは厳守されるべきものでした。

 ユダの町々やエルサレムの周辺から、ベニヤミンの地や低地から、また山地やネゲブから、全焼のいけにえや、ほかのいけにえ、穀物のささげ物や乳香を携えて来る者、感謝のいけにえを携えて来る者が、主の宮に来る。(26節)
 しかし、もし、わたしの言うことを聞き入れず、安息日をきよく保たずに、安息日に荷物を運んでエルサレムの門のうちにはいるなら、わたしはその門に火をつけ、火はエルサレムの宮殿をなめ尽くして、消えることがないであろう。』」(27節)

 安息日をきちんと守るなら、エルサレムはその昔のように、エルサレムの周辺地ベニヤミンやネゲブからのささげ物を持った多くの民がやってくるのです。
 反対に、神の命令を無視し、安息日すら守れないと、主の怒りは、エルサレムの崩壊に至るだろうと仰せなのです。








posted by さとうまさこ at 10:57| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

エレミヤ書63 陶器師は、粘土で制作中の器を自分の手でこわし、再びそれを陶器師自身の気に入ったほかの器に作り替えた。(エレミヤ書18章1節〜17節)



 エレミヤ書13章で、亜麻布の帯を例示した預言がありました。今度は、陶器をつくる陶器師を例示として預言が開始されています。

 主からエレミヤにあったみことばは、こうである。(エレミヤ書18章1節)
「立って、陶器師の家に下れ。そこで、あなたに、わたしのことばを聞かせよう。」(2節)
 私が陶器師の家に下って行くと、ちょうど、彼はろくろで仕事をしているところだった。(3節)
 陶器師は、粘土で制作中の器を自分の手でこわし、再びそれを陶器師自身の気に入ったほかの器に作り替えた。(4節)
 それから、私に次のような主のことばがあった。(5節)
 「イスラエルの家よ。この陶器師のように、わたしがあなたがたにすることができないだろうか。――主の御告げ――見よ。粘土が陶器師の手の中にあるように、イスラエルの家よ、あなたがたも、わたしの手の中にある。(6節)

 聖書読者ならだれでも、主が陶器師に譬えられることに納得します。すでに、イザヤ書の預言の中にも陶器師のたとえがありました。(イザヤ書45章9節) 神=主は、万物すべての造り主ですから、当然造り主としての「主権」をお持ちです。じつに宇宙もこの地球も、私のいのちも、うるさく鳴いているセミも主がお造りになったわけです。粘土は、あるいはもろもろの元素なのでしょうが、それを使って何を造るかは神様の自由です。陶器師が思う形にならなかった器をこわしてしまうのが自由であるように、神は私たちを作り直す自由も力もお持ちです。
 イスラエルの人たちは、自分たちが、陶器師の手にある粘土だという自覚をもつべきでした。

 わたしが、一つの国、一つの王国について、引き抜き、引き倒し、滅ぼすと語ったその時、(7節)
 もし、わたしがわざわいを予告したその民が、悔い改めるなら、わたしは、下そうと思っていたわざわいを思い直す。(8節)
 わたしが、一つの国、一つの王国について、建て直し、植えると語ったその時、(9節)
 もし、それがわたしの声に聞き従わず、わたしの目の前に悪を行なうなら、わたしは、それに与えると言ったしあわせを思い直す。(10節)

 イスラエルはとても分かりやすい例によって、神から二つの道を示されたのです。
 その上で、エレミヤに語るべき預言を告げています。同時に、エレミヤが神の言葉を継げても、イスラエルの民が聞かないことも、神はすでにご存知です。

 さあ、今、ユダの人とエルサレムの住民に言え。『主はこう仰せられる。見よ。わたしはあなたがたに対してわざわいを考え、あなたがたを攻める計画を立てている。さあ、おのおの悪の道から立ち返り、あなたがたの行ないとわざとを改めよ。』(11節)
 しかし、彼らは言う。『だめだ。私たちは自分の計画に従い、おのおの悪いかたくなな心のままに行なうのだから。』と。(12節)

★★★★★

悔改めない民に、またしても恐ろしい宣告です。

  それゆえ、主はこう仰せられる。
  『さあ、国々の中で尋ねてみよ。
  だれが、こんなことを聞いたことがあるか。
  おとめイスラエルは、
  実に恐るべきことを行なった。(13節)
  レバノンの雪は、
  野の岩から消え去るだろうか。
  ほかの国から流れて来る冷たい水が、
  引き抜かれるだろうか。(14節)
  それなのに、わたしの民はわたしを忘れ、
  むなしいものに香をたく。

 それから、イスラエルの民の災難が述べられます。恐怖が支配し、永久に他国からあざけられる国。敵が攻めて来たときには、敵の前で散らされる。なんと、イスラエルを散らされるのはイスラエルの神なのです。
 イスラエルの民は、労苦や災難の日には、神に叫んできました。エルサレムを取り囲んだ18万5千人のアッシリア軍が、一晩で死んでしまったように神は、彼等を助けてくっださったのです。

  それらは、彼らをその道、
  いにしえの道でつまずかせ、
  小道に、まだ築かれていない道に行かせ、(15節)
  彼らの国を恐怖とし、
  永久にあざけりとする。
  そこを通り過ぎる者はみな色を失い、頭を振る。(16節)
  東風のように、わたしは彼らを敵の前で散らす。

 しかし、それは今後はないと仰せなのです。

  彼らの災難の日に、
  わたしは彼らに背を向け、顔を向けない。』」(17節)









posted by さとうまさこ at 09:57| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

エレミヤ書64 迫害するものへの対処、復讐の訴え、(エレミヤ書18章18節〜23節)



 彼らは言った。「さあ、私たちは計画を立ててエレミヤを倒そう。祭司から律法が、知恵ある者からはかりごとが、預言者からことばが滅びうせることはないはずだから。さあ、舌で彼を打ち、彼のことばにはどれにも耳を傾けまい。」(エレミヤ書18章18節)

 「正しいこと」を語るのはリスクです。世俗的な取り決めでさえ、「正しいこと」を語られると、「カチンとくる」のが人間です。たとえば、ごみ処理の仕方、たとえば、礼拝時のちょっとした遅刻。講演中につい私語をして、静かに聞いている人からにらまれた経験はだれにもあるでしょう。私も、まったく初めての町のバスストップで、ちょうど来ているバスに飛び乗ろうとして、年配の男性から「みんな並んでいるんだ」と怒鳴られてことがあります。バス待ちの列はたくさんあり、目的のバスは到着したばかりであり、その列の人はのまだ行儀よく並んでいるだけだったので、気が付かなかったのです。
 どのケースも「正しいやり方」をしなかったために、とがめられたわけです。それでも、あまり愉快ではないのです。

 大きなミスなら反省するというのでもありません。「(そんな規則を作って咎める)学校が悪い」「親が悪い」「会社が悪い」「政府が悪い」「社会が悪い」と、逆襲する人はたくさんいます。
 イスラエルの民は、「神さまが悪い」とは、さすがに言えなかったのでしょう。そこで、神の言葉を取り次ぐ預言者に八つ当たりしているのです。つまりは、預言者エレミヤを迫害して、「うさばらし」をしているのです。
 これでは、エレミヤの「立場」がありません。心理的にもたまったものではないでしょう。

  主よ。私に耳を傾け、
  私と争う者の声を聞いてください。(19節)
  善に悪を報いてよいでしょうか。
  まことに彼らは、私のいのちを取ろうとして
  穴を掘ったのです。
  私があなたの御前に立って、
  彼らに対するあなたの憤りをやめていただき、
  彼らについて良いことを語ったことを、
  覚えてください。(20節)

 エレミヤは、神の怒りの言葉を、民に伝えただけではありませんでした。神と民の間に立って、とりなしの祈りもおこなっているのです。ところが、民はこのようなエレミヤの苦心を知ろうとしません。あるいは無視しています。
 迫害されたエレミヤは、怒り心頭に達しています。

 民に復讐して下さいというエレミヤの言葉は、激しく鬼気迫るものがあります。

  それゆえ、彼らの子らをききんに渡し、
  彼らを剣で殺してください。
  妻たちは子を失い、また、やもめになり、
  夫たちは虐殺されて死に、
  若い男たちは戦いで剣に殺されますように。(21節)
  あなたが突然、略奪隊に彼らを襲わせるとき、
  彼らの家からの叫びが聞こえます。
  彼らは私を捕えようと穴を掘り、
  私の足もとに、わなを隠したからです。(22節)

★★★★★

  しかし、主よ。あなたは、
  私を殺そうとする彼らの計画を
  みな、ご存じです。
  彼らの咎をおおわず、
  彼らの罪を御前からぬぐい去らないでください。
  彼らを、御前で打ち倒し、
  あなたの御怒りの時に、彼らを罰してください。(23節)

 私たち新約の民は、イエス・キリストの言葉に心を動かされ、イエスさまに似たものに変えられたいと思うのです。
 「あなたの敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい」(マタイの福音書5章44節)
 それで、エレミヤのこのような「復讐要請」の祈りには、驚くのです。エレミヤに同情しつつも、共感してはいけないような気持ちにさせられます。さらに、同じような煩悶を自分がいだくことがあることにも気づかされて、焦ってしまいます。

 似たような悩みは、教会での分かち合いでも聞くことです。「仕事場に嫌な人がいて、いらいらさせられるけれど、愛さなければいけないと思って苦しい」と言うような、悩みを聞きます。
 少しだけ、エレミヤ書から学ぶヒントがあるでしょうか。

 私は、エレミヤがこれらの言葉を、神様との間で交わしているのを覚えたいと思うのです。同じことを、人に対して言ったら明らかに、間違うのではないでしょうか。人が返してくれる言葉は、神様より「私に同情的」かもしれませんが、きっとその時、神様はやり取りをご覧になって、「違う、違う。なぜ、その訴えをわたしに提出しない」と言われているでしょう。その声は、もちろん、預言者ではない私には聞こえないのですが。でも、神にお話しする経験をたくさん積むのは、無駄ではないと、思うのです。







posted by さとうまさこ at 10:13| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする