2016年08月01日

Coffee Breakエレミヤ書50、彼らが聞かなければ、わたしはその国を根こぎにして滅ぼしてしまう。 (エレミヤ書12章14節〜17節)



 エレミヤが預言者として召命を受けたころ、北イスラエルはすでに滅亡していました。ヤロブアムが10部族を率いたその始まりから、北イスラエルは偶像礼拝に迷っていたのですから、アッシリヤの侵略は神のさばきでもありました。けれども、聖書に見る限り、アッシリヤはある意味エルサレムの外堀の役目を果たしていたと、さとうは推測するのです。
 北イスラエルの崩壊とともに、アッシリヤの侵略は南ユダを直撃し、ヒゼキヤの時代には、エルサレムがアッシリヤの大軍に囲まれ、降伏するように脅迫されることになります。(U列王記18章17節〜36節)
 そのアッシリヤがバビロンに滅ぼされたあとは、今度は、バビロンが南ユダ王国を苦しめ、崩壊に導くのです。

 それは、[主]を裏切ったイスラエルの民に原因があるとは言え、もとより、「神の民」を苦しめた勢力もさばきを免れません。

 「主はこう仰せられる。わたしが、わたしの民イスラエルに継がせた相続地を侵す悪い隣国の民について。見よ、わたしは彼らをその土地から引き抜き、ユダの家も彼らの中から引き抜く。(エレミヤ書12章14節)

 なんだか、喧嘩両成敗のようで、「神の民イスラエル」に肩入れしている私などから見ると、侵略するものだけを引き抜いてほしい気もするのですが・・・。
とはいえ、神は約束して下さいます。

 しかし、彼らを引き抜いて後、わたしは再び彼らをあわれみ、彼らをそれぞれ、彼らの相続地、彼らの国に帰らせよう。(15節)

★★★★★

 ところが、ここで神様は、「神の民の敵」へのあわれみも、また、お約束になります。
 バアルの神を持ち込ませた異邦の国々が、悔い改めて、イスラエルの神の教えを学ぶならという条件のもとで、神は、敵をも回復して下さるのです。

 彼らが、かつて、わたしの民にバアルによって誓うことを教えたように、もし彼らがわたしの民の道をよく学び、わたしの名によって、『主は生きておられる。』と誓うなら、彼らは、わたしの民のうちに建てられよう。(16節)

 とはいえ、このような預言をするエレミヤに、葛藤はなかったでしょうか。当時の、イスラエル人として、エレミヤもいつの日かもたらされるキリストの救い、それが全世界に及ぶものだとの知識はなかったと思われます。
 異邦の民がイスラエルの神に向かって「主は生きておられる」と誓う日が来るなんて、想像もできないことだったでしょう。
 それでも、預言を預かる者は預言をしなければなりません。
 もっとも、最後まで聞けば、この言葉のきびしさに、エレミヤ自身納得したでしょうか。

 しかし、彼らが聞かなければ、わたしはその国を根こぎにして滅ぼしてしまう。――主の御告げ――」(17節)



      聖書は新改訳聖書を使用しています。








posted by さとうまさこ at 09:37| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする