2016年08月06日

Coffee Breakエレミヤ書55、偽預言者とエレミヤ2(エレミヤ書14章16節〜22節)



 偽預言者は、不信仰な民よりよほど悪いのです。何と言っても、彼は、預言者の言葉を求める民に、神が仰せになっていない言葉を預言として伝えます。
 そもそも、神から召命を受けたかどうかは、神ご自身はべつとして、本人以外にはわかりません。

 ある牧師が外国の神学校に在学中、召命についてのレポートを書くために、学生たちにアンケートを取ったことがあるそうです。神学校ですから、学生たちはみな将来牧師、宣教師など神に仕える仕事に就く者でした。
 しかし、アンケートの結果、「明確な主の召しがあった」と確信を持って答えたのは、10パーセントにも満たなかったとか。「召しがあったような気がした。」「夢を見た」と答える者。「何となく、そんな気がした」「自分で決心した」と言う人の数の方がはるかに多かったとのことです。もちろん、広い意味でいえば、例えば、教会の現状を心配してみずから神学校に行ったとしても、あるいは、牧師が良い仕事だと思って「憧れ」で決心しただけでも、そこに神様が働かれたと、考える向きもあります。

 信徒も同様で、救われるときには神からの召しがあったはずなのです。たとえ、恋人や友人に勧められても、温かい教会の雰囲気になんとなく決めたとしても、それも神様の働きだと、私たちは考えるのです。
 ただ、信徒と、羊の管理人である牧師や伝道師などでは、やはり責任の重さが違うのではないでしょうか。

★★★★★

 一度は、神の召しがあっても、その後、取り去られている例は聖書にもあります。一番はっきりしている例は、サウル王でしょう。神は、サウルに与えておられた霊を取り去って、ダビデにお与えになったのです。そこで、サウルが伺っても、「主は夢のよっても、ウリムによっても、預言者によっても答えて下さらなかった」ということになってしまうのです。(Tサムエル記28章6節)
 サウルは、神の霊が取り去られても、王権は残っていました。ですから、彼はその権力を使ってダビデのいのちを奪おうとしました。サウルが死んで、王権がダビデの手に渡って来るまで、ダビデは、10年間もイスラエルの中心部を逃げ回らなければなりませんでした。
 偽りの預言者に咎があるのは事実ですが、それに惑わされる民も、神の罰を受けるのです。

 彼らの預言を聞いた民も、ききんと剣によってエルサレムの道ばたに投げ出され、彼らを葬る者もいなくなる。彼らも、その妻も、息子、娘もそのようになる。わたしは、彼らの上にわざわいを注ぎかける。(エレミヤ書14章16節)
  あなたは彼らに、このことばを言え。
  『私の目は夜も昼も涙を流して、
  やむことがない。
  私の民の娘、おとめの打たれた傷は大きく、
  いやしがたい、ひどい打ち傷。(17節)
  野に出ると、見よ、剣で刺し殺された者たち。
  町にはいると、見よ、飢えて病む者たち。
  しかし、預言者も祭司も、地にさまよって、
  途方にくれている。』」(18節)

★★★★★

 神の宣告に対して、エレミヤはあくまでイスラエルの赦しを乞います。

  あなたはユダを全く退けたのですか。
  あなたはシオンをきらわれたのですか。
  なぜ、あなたは、私たちを打って
  いやされないのですか。
  私たちが平安を待ち望んでも、幸いはなく、
  癒しの時を待ち望んでも、
  なんと、恐怖しかありません。(19節)

 エレミヤは、主に見放される悲しみを訴え、自分たちが間違っていたと「悔い改め」ます。

  主よ。私たちは自分たちの悪と、
  先祖の咎とを知っています。
  ほんとうに私たちは、
  あなたに罪を犯しています。(20節)

 その上で、神のあわれみを乞うのです。

  御名のために、私たちを退けないでください。
  あなたの栄光の御座をはずかしめないでください。
  あなたが私たちに立てられた契約を覚えて、
  それを破らないでください。(21節)

 さらに、全能の神、宇宙万物を支配しておられる神への「恐れ」を表わしています。

  異国のむなしい神々の中で、
  大雨を降らせる者がいるでしょうか。
  それとも、天が夕立を降らせるでしょうか。
  私たちの神、主よ。
  それは、あなたではありませんか。
  私たちはあなたを待ち望みます。
  あなたがこれらすべてをなさるからです。(22節)









posted by さとうまさこ at 08:13| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする