2016年08月16日

エレミヤ書65 このことを聞く者は耳鳴りがする(エレミヤ書19章1節〜15節)



 主はこう仰せられる。「行って、土の焼き物のびんを買い、民の長老と年長の祭司のうちの数人といっしょに、(エレミヤ書19章1節)
 『瀬戸のかけらの門』の入口にあるベン・ヒノムの谷に出かけ、そこで、わたしがあなたに語ることばを呼ばわって、(2節)


 今回の主の預言は、焼き物のびんが例示として使われます。主はエレミヤに焼き物のびんを買うように命じられます。当時口元が細くなった水差しは高価なものだったようです。(新実用聖書注解・いのちのことば社p1038) さらに「祭司と長老の内何人かを伴なって、ベン・ヒノムへ出かけなさい」と言われるのです。ベン・ヒノムは、エルサレムの西側から南側を囲む谷で、そこで異教の神々に人身御供がささげられていた場所です。(同注解書)

 『ユダの王たちとエルサレムの住民よ。主のことばを聞け。イスラエルの神、万軍の主は、こう仰せられる。見よ。わたしはこの所にわざわいをもたらす。だれでも、そのことを聞く者は、耳鳴りがする。(3節)

 「耳鳴りがする」というのは、非常に恐ろしいこと、聞きたくなことを聞いたときの気持ちを表す慣用句でしょう。
それは、次のようなきびしい預言が語られるためです。

 彼らがわたしを捨ててこの所を見分けがつかないほどにし、この所で、彼らも彼らの先祖も、ユダの王たちも知らなかったほかの神々にいけにえをささげ、この所を罪のない者の血で満たし、(4節)
 バアルのために自分の子どもたちを全焼のいけにえとして火で焼くため、バアルの高き所を築いたからである。このような事は、わたしが命じたこともなく、語ったこともなく、思いつきもしなかったことだ。(5節)
 それゆえ、見よ、その日が来る。――主の御告げ――その日には、この所はもはや、トフェテとかベン・ヒノムの谷とか呼ばれない。ただ虐殺の谷と呼ばれる。(6節)

 トフェテとは、偶像の神にささげ物をした「高き所」のことです。(エレミヤ書7章31節) 「虐殺の谷」の呼び方は、「高き所」と較べれば、はるかにイメージが悪いですね。

 また、わたしはこの所で、ユダとエルサレムのはかりごとをこぼち、彼らを敵の前で、剣で倒し、またいのちをねらう者の手によって倒し、そのしかばねを、空の鳥や地の獣にえじきとして与える。(7節)
 また、わたしはこの町を恐怖とし、あざけりとする。そこを通り過ぎる者はみな、色を失い、そのすべての打ち傷を見てあざける。(8節)

 エルサレムの民が、外国からの侵略軍によって虐殺された様子を預言しています。当時のことですから、敗残兵の死体は、鳥や獣のえじきになるのです。そのような光景を見た者は、とうぜん、あざけるのです。「ああ、これが、イスラエルの末路か。選びの民と言っていた者たちの最後か」と言うに違いないのです。

 また、わたしは、包囲と、彼らの敵、いのちをねらう者がもたらす窮乏のために、彼らに自分の息子の肉、娘の肉を食べさせる。彼らは互いにその友の肉を食べ合う。(9節)

 もっとひどいのは、包囲され、飢え苦しむイスラエルの生き残った者たちの惨状です。これは、古今たくさんの戦いに際して実際に起きたことですが、極度に飢え苦しむようになると、人は死んだ仲間の肉でも食べるのです。自分の息子の肉、娘の肉を食べるというのは、文字通り死体を食べたのか、殺して食べたのかはわかりませんが、聖書に例がないわけではありません。(U列王記6章28節〜30節)

★★★★★

 そこであなたは、同行の人々の目の前で、そのびんを砕いて、(10節)
 彼らに言え。『万軍の主はこう仰せられる。陶器師の器が砕かれると、二度と直すことができない。このように、わたしはこの民と、この町を砕く。人々はトフェテに葬る余地がないほどに葬る。(11節)
 わたしはこの所と、――主の御告げ――その住民にこうしよう。わたしはこの町をトフェテのようにする。(12節)
 エルサレムの家々とユダの王の家々、すなわち、彼らが屋上で天の万象に香をたき、ほかの神々に注ぎのぶどう酒を注いだすべての家々は、トフェテの地のように汚される。』」(13章)

 偶像にいけにえがささげられたトフェテに、死体が累々と積み上げられるとは、何と言う恐ろしい光景でしょう。

 この後、エレミヤは主の宮に立ち、預言の核心部分を語るのです。

 そこでエレミヤは、主が預言のために遣わしたトフェテから帰って来て、主の宮の庭に立ち、すべての民に言った。(14節)
 「イスラエルの神、万軍の主は、こう仰せられる。『見よ。わたしはこの町と、すべての町々に、わたしが告げたすべてのわざわいをもたらす。彼らがうなじのこわい者となって、わたしのことばに聞き従おうとしなかったからである。』」(15節)







posted by さとうまさこ at 10:37| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする