2016年08月21日

エレミヤ書70 国の崩壊を見る王たち2(エレミヤ書22章1節〜7節)



 エレミヤ書21章で語られる預言は、ゼデキヤ王の使者に対してエレミヤが語ったことです。22章の預言は、主が「王の家に行って語れ」と命じられたものです。

 主はこう仰せられる。「ユダの王の家に下り、そこで、このことばを語って(エレミヤ書22章1節)
言え。『ダビデの王座に着いているユダの王よ。あなたも、この門のうちにはいって来るあなたの家来、あなたの民も、主のことばを聞け。(2節)

 神がエレミヤに「下れ(くだれ)」と仰せられていることに注目です。これは、エレミヤが神殿にいたことを暗示しているとのことです。(新実用聖書注解・いのちのことば社) ふだんは、神殿で預言を語っていたと思われます。
 イスラエルの中心はエルサレムで、エルサレムの中心は神殿だったのです。王宮は、神殿より下位なのです。

 主がエレミヤを王宮に行かせたのは、ぜひとも、王とかれを取り巻く支配層の人たちに聞かせたい預言だったからでしょう。

 主はこう仰せられる。公義と正義を行ない、かすめられている者を、しいたげる者の手から救い出せ。在留異国人、みなしご、やもめを苦しめたり、いじめたりしてはならない。また罪のない者の血をこの所に流してはならない。(3節)
 もし、あなたがたがこのことばを忠実に行なうなら、ダビデの王座に着いている王たちは、車や馬に乗り、彼らも、その家来、その民も、この家の門のうちにはいることができよう。(4節)
しかし、もしこのことばを聞かなければ、わたしは自分にかけて誓うが、――主 の御告げ――この家は必ず廃墟となる。』」(5節)

 王の仕事は、神から託された権威を使って民を治めることでした。公儀と正義を行ない、民の間の利害損得を調整し、しいたげられるものの訴えを聞き、かすめ取られている者がないように努めるのです。在留異国人、みなしご、やもめへの配慮は、出エジプト記に示されている律法です。王の権力は、神がこのように民の幸福に努めることなのです。
イスラエルでは、いかなる権威も権力も神から与えられたと考えます。権威のある者は、神を恐れ、公正と正義を行なわなければなりません。
 そのようにしてこそ、馬や馬車に乗って堂々と、王宮の門を通過することができるのです。

 預言者は、要所で、「主の御告げ」と叫んでいます。これは、預言の内容を強調しているのでしょう。ここで、聞く者は、恐れて、耳をそばだてて、聞かなければならないのでしょう。
 託宣は、実際恐ろしい内容です。「この家は必ず廃墟となる」
「この家」とは、ユダの王の家です。

★★★★★

  まことに、ユダの王の家について、主はこう仰せられる。
  「あなたは、わたしにとってはギルアデ、
  レバノンの頂。
  しかし必ず、わたしはあなたを荒野にし、
  住む者もない町々にする。(6節)
  わたしはあなたを攻めるため、
  おのおの武具を持つ破壊者たちを準備する
  彼らは、最も美しいあなたの杉の木を切り倒し、
  これを火に投げ入れる。(7節)

 ギルアデもレバノンも豊かな森林がありました。王宮の杉材の補給地だったのです。豊かな杉材が使われている王宮そのものも、ギルアデ、レバノンにたとえられる豊かさの象徴だったのでしょう。しかし、神・主は、その美しい王宮を荒野にして、住む者のいない町にすると言われるのです。
 そのように王宮が破壊されるのは、外から来る侵略者ですが、神は、神ご自身が破壊者を準備すると宣告しています。
 これは、神の民イスラエルにとって、心底、恐ろしい宣告であるはずですが。






posted by さとうまさこ at 10:28| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする