2016年09月06日

エレミヤ書86 あなたはなわとかせとを作り、それをあなたの首につけよ。{エレミヤ書27章1節〜11節)



 ヨシヤの子、ユダの王エホヤキムの治世の初めに、主からエレミヤに次のようなことばがあった。(エレミヤ書27章1節)

 エレミヤ書27章は、ユダ最後の王ゼデキヤへの預言になっています。ですから、一節のユダの王エホヤキムは間違いではないかと言うのが、いろいろな方の意見です。いきなり引用で恐縮ですが、空知太キリスト栄光教会の銘形牧師は次のように書いておられます。

 ##27章の時代背景は1節に記されていますが、新改訳では「ヨシヤの子、ユダの王エホヤキムの治世の初めに」とあります。しかし内容的には明らかに、ユダの最後の王となったゼデキヤの治世の初めなのです。口語訳、新共同訳は「ユダの王ヨシヤの子ゼデキヤの治世の初めに」と訳しています。新改訳の脚注によると、シリヤ語訳は「ゼデキヤ」となっていることを記しています。
http://meigata-bokushin.secret.jp/index.php?%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%83%A4%E6%9B%B8

★★★★★

 主は私にこう仰せられる。「あなたはなわとかせとを作り、それをあなたの首につけよ。(2節)
そうして、エルサレムのユダの王ゼデキヤのところに来る使者たちによって、エドムの王、モアブの王、アモン人の王、ツロの王、シドンの王に伝言を送り、(3節)
 彼らがそれぞれの主君に次のことを言うように命じよ。『イスラエルの神、万軍の主は、こう仰せられる。あなたがたは主君にこう言え。(4節)

 主の預言を取り次ぐ預言者に、扮装をさせるという箇所はほかにもありますが、あまりに具体的で、今の私たちにはちょっと不思議ですね。首にかせを付け、縄でつないだエレミヤを見て、王や民は預言の意味をより深刻に受け取ったのでしょうか。

 わたしは、大いなる力と、伸ばした腕とをもって、地と、地の面にいる人間と獣とを造った。それで、わたしの見る目にかなった者に、この地を与えるのだ。(5節)

 これぞ神・主のことばですね。神以外の誰がこのような大それたことを言えるでしょう。聖書読者ならだれでも、「ははーっ」と平伏してしまいそうな天地を創造された方のことばです。この神は同時に天地のすべてに主権をお持ちであることも、キリスト者は知っています。私たちが今この世界に存在して、自由に地上の物を享受しているのも、神が「それを許して下さった」からです。ただ、ここで意味しているのは、地上の支配権です。

 今、わたしは、これらすべての国をわたしのしもべ、バビロンの王ネブカデネザルの手に与え、野の獣も彼に与えて仕えさせる。(6節)

 「ええ、なぜ、バビロンの王なんですか」と思わず、聞き返したくなります。「だって、彼は異教徒でしょう。神様は、私たちアブラハムの子孫を星の数のようにして下さり、この地を与えると約束して下さったのではないのですか。どうして、ここで先祖伝来のこの地までバビロン王に支配されなければならないのですか」

 もちろん、主のことばには但し書きがついていました。

  ――彼の国に時が来るまで、すべての国は、彼と、その子と、その子の子に仕えよう。しかし時が来ると、多くの民や大王たちが彼を自分たちの奴隷とする――(7節)

 バビロンの支配は、「時が来ると」終わるのです。

★★★★★

 バビロン王の世界支配は限定的なものであると主は仰せなのです。しかし、今、ユダは、主の御命令に従うのです。そうしない場合は、戦争、飢饉、疫病とあらゆる災難が襲い、結局、皆殺しの目に遭うのです。

 バビロンの王ネブカデネザルに仕えず、またバビロンの王のくびきに首を差し出さない民や王国があれば、わたしはその民を剣と、ききんと、疫病で罰し、――主の御告げ――彼らを彼の手で皆殺しにする。(8節)

 ところが、正反対の預言をしている者がいるようです。
 
 だから、あなたがたは、バビロンの王に仕えることはない、と言っているあなたがたの預言者、占い師、夢見る者、卜者、呪術者に聞くな。(9節)
 彼らは、あなたがたに偽りを預言しているからだ。それで、あなたがたは、あなたがたの土地から遠くに移され、わたしはあなたがたを追い散らして、あなたがたが滅びるようにする。(10節)

 偽預言をする者は、結局、神によって追い散らされ、滅ぼされるのです。
 国の進路のような大きな問題では。どんなに議論をしても正しい答えに到達できないことが多いのです。完全に安全で、決して損をしない政治的解決などそもそもありません。政治は力関係で、交渉ごとは力を背景に行なわれ、弱い国は容赦なく追い散らされ潰されてきたというのが、歴史の興亡です。
 それだけに、最終的には神のことばが必要なのではないでしょうか。

 さいわい、主がエレミヤに授けられた預言には、希望があります。
 たとえ、縄とかせを首に付けられ、バビロンに引かれても、そうせよと主の御命令であるなら従いなさい。エレミヤは、そう告げたのです。

 しかし、バビロンの王のくびきに首を差し出して彼に仕える民を、わたしはその土地にいこわせる。――主の御告げ――こうして、その土地を耕し、その中に住む。』」(11節)








posted by さとうまさこ at 10:43| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

エレミヤ書87 対立する預言のなかで――彼らはあなたがたに、偽りを預言しているからだ。{エレミヤ書27章12節〜22節)



 ユダの王ゼデキヤにも、私はこのことばのとおりに語って言った。「あなたがたはバビロンの王のくびきに首を差し出し、彼とその民に仕えて生きよ。(エレミヤ書27章12節)
どうして、あなたとあなたの民は、バビロンの王に仕えない国について主が語られたように、剣とききんと疫病で死んでよかろうか。(13節)

 聖書に見る預言者とは、どうやら、神から政治的進路を示される人のようです。私たちが個人的に願う、たとえば、結婚相手はAかBかとか、どれに投資すべきかとか、A病院かB病院などという個人的な問題には関わっていないかのようです。そのような人は、占いやくじで選択を決めたのかもしれません。神様は、私たち個人個人の人生を、もちろん、気にしてはおられると思いますが、結局、個人の幸福は大きな社会情勢のなかで呑み込まれてしまうのも歴史的事実です。為政者が進路を間違ったために、どれだけの個人の幸福が犠牲になったかは歴史にいくらでも例が挙げられます。

 たとえば、出エジプトです。神はイスラエルの民をエジプトから導き出すのにモーセを起用されました。  60万人の同胞を荒野に連れ出すモーセの重荷は大変大きなものだったと思いますが、イスラエルの民をエジプトからカナンに移し、「選びの民の国」を立てるというのが神の御計画だったのです。ですから、神も尋常ならぬ奇蹟や不思議を起こされてモーセを支援されるのです。
 個人的には、たしかに60万人のイスラエル人のすべてが出エジプトをしたかったかどうかは、わからないでしょう。中には、奴隷としても主人に可愛がられて「良い暮らし」の者もいたでしょうし、少なくとも食べるくらいは十分食べられたのです。ですから彼らは荒野で、何度も「こんなことなら、エジプトにいた方がよかった」などとつぶやいて、神を怒らせるのです。

 ヨシュアも、士師記の時代の士師たちも、サムエルも政治的な指導者でした。
王国時代の預言者は政治的権威と権力から切り離されますが、関与している預言はほとんどすべて、政治的なものです。

 これは、預言者の立場の厳しさを表わしているのではないでしょうか。今日でも、楽しい社交の席では、政治と宗教の話はしないほうがよいと言われます。その立場を異にすることは、深刻な対立を生むからです。

★★★★★

「バビロンの王に仕えることはない」とあなたがたに語る預言者たちのことばを聞くな。彼らはあなたがたに偽りを預言しているからだ。」(14節)

 国論が二つに割れているのです。エレミヤとは反対の進路を示す預言者がいたのです。
 南の大国エジプトに付くべきだという勢力です。

 「わたしは彼らを遣わさなかったのに、――主の御告げ――彼らは、わたしの名によって偽りを預言している。それでわたしはあなたがたを追い散らし、あなたがたも、あなたがたに預言している預言者たちも滅びるようにする。」(15節)
 私はまた、祭司たちとこのすべての民に語って言った。「主はこう仰せられた。『見よ。主の宮の器は、今すみやかにバビロンから持ち帰られる。』と言って、あなたがたに預言しているあなたがたの預言者のことばに聞いてはならない。彼らはあなたがたに、偽りを預言しているからだ。(16節)

 エレミヤは神のことばを預かって語っているのです。ですから、エレミヤと異なる預言をする者は「偽りを預言している」のです。

 彼らに聞くな。バビロンの王に仕えて生きよ。どうして、この町が廃墟となってよかろうか。(17節)
 もし彼らが預言者であり、もし彼らに主のことばがあるのなら、彼らは、主の宮や、ユダの王の家や、エルサレムに残されている器がバビロンに持って行かれないよう、万軍の主にとりなしの祈りをするはずだ。(18節)

 民にはどれが本物の預言かわかりませんが、そこがエレミヤにとっては、「つらい」ところです。預言者自身は、神のことばを聞いているはずだからです。そうすれば、王家の家やエルサレムに残されている宝物が持ち去られるのはわかるはずなのだから、そうならないよう、「とりなしの祈り」をするべきだと、エレミヤは言うのです。
 主の宣告は、はっきりしているのです。

 まことに万軍の主は、宮の柱や、海や、車輪つきの台や、そのほかのこの町に残されている器について、こう仰せられる。(19節)
 ――これらの物は、バビロンの王ネブカデネザルがエホヤキムの子、ユダの王エコヌヤ、およびユダとエルサレムのすべてのおもだった人々をエルサレムからバビロンへ引いて行ったときに、携えて行かなかったものである――(20節)

 エコヌヤはゼデキヤ王のことです。ゼデキヤ王の九年にエルサレムは、バビロンの王ネブカデネザルに包囲され、第十一年まで包囲されていたのです。城内の飢えのため、エルサレムの守りは崩壊し、王は夜のうちにアラバの方へ逃げようとしたのですがバビロン軍に捕えられます。目の前で子供たちを虐殺され、あげくに両目をつぶされ、青銅の足枷をつけられてバビロンに引かれていったのです。(U列王記25章1節〜7節)この時の、エルサレム神殿への破壊と略奪は徹底した者でした。(同13節〜17節)

 しかし、次の回復の預言もまた現実のものとなりました。(エズラ記1章7節〜11節)

 まことに、イスラエルの神、万軍の主は、主の宮とユダの王の家とエルサレムとに残された器について、こう仰せられる。(21節)
 『それらはバビロンに運ばれて、わたしがそれを顧みる日まで、そこにある。――主の御告げ――そうして、わたしは、それらを携え上り、この所に帰らせる。』」(22節)







 

posted by さとうまさこ at 10:41| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

エレミヤ書88 対立する預言のなかで――偽預言者、アズルの子ハナヌヤ。{エレミヤ書28章1節〜11節)



 その同じ年、すなわち、ユダの王ゼデキヤの治世の初め、第四年の第五の月に、ギブオンの出の預言者、アズルの子ハナヌヤが、主の宮で、祭司たちとすべての民の前で、私に語って言った。(エレミヤ書28章1節)
 「イスラエルの神、万軍の主は、こう仰せられる。わたしは、バビロンの王のくびきを打ち砕く。(2節)
二年のうちに、わたしは、バビロンの王ネブカデネザルがこの所から取って、バビロンに運んだ主の宮のすべての器をこの所に帰らせる。(3節)
 バビロンに行ったエホヤキムの子、ユダの王エコヌヤと、ユダのすべての捕囚の民も、わたしはこの所に帰らせる。――主の御告げ――わたしがバビロンの王のくびきを打ち砕くからだ。」(4節)

 ここでは、いよいよ偽預言者の一人の名前と、彼との預言の対決が描かれています。
 相手はギブオン出身の預言者、アズルの子ハナヌヤです。その預言の内容は、すでにネブカデネザルによって持ち去られている大量の主の宮の器も、二年のうちに返ってくるというのです。その時、仮に王ゼデキヤが、捕囚になっていても、連れ去られた民とともに戻ってくるのです。
 それは、エレミヤの厳しい預言とは対照的でした。

 そこで預言者エレミヤは、主の宮に立っている祭司たちや、すべての民の前で、預言者ハナヌヤに言った。(5節)
 預言者エレミヤは言った。「アーメン。そのとおりに主がしてくださるように。あなたが預言したことばを主が成就させ、主の宮の器と、すべての捕囚の民がバビロンからこの所に帰って来るように。(6節)

 エレミヤは「大人の対応」「礼儀正しい反応」をしています。一応ハナヌヤの預言に「アーメン。自分もそう願う」というのです。
 しかし、人間的は社交の態度と神のことばは別です。エレミヤは自分の語るべきことを語らないわけにはいきません。

 しかし、私があなたの耳と、すべての民の耳に語っているこのことばを聞きなさい。(7節)
 昔から、私と、あなたの先に出た預言者たちは、多くの国と大きな王国について、戦いとわざわいと疫病とを預言した。(8節)
 平安を預言する預言者については、その預言者のことばが成就して初めて、ほんとうに主が遣わされた預言者だ、と知られるのだ。」(9節)

 預言は、預言が成就して初めて、ほんとうに主が遣わされた預言者だとわかるというのは、辛辣ですね。しかし、それは聖書に根拠のある言葉なのです。(申命記18章22節)

★★★★★

 しかし預言者ハナヌヤは、預言者エレミヤの首から例のかせを取り、それを砕いた。(10節)
 そしてハナヌヤは、すべての民の前でこう言った。「主はこう仰せられる。『このとおり、わたしは二年のうちに、バビロンの王ネブカデネザルのくびきを、すべての国の首から砕く。』」そこで、預言者エレミヤは立ち去った。(11節)

 ハナヌヤは、正論を言われて頭に来たのです。おびえたのかもしれません。エレミヤが首に付けているかせを取って砕いたのです。暴行しようとしたのでしょう。エレミヤは、それ以上いると危険なだけなのでひとまず、立ち去るのです。








posted by さとうまさこ at 09:54| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

エレミヤ書89 偽預言者への宣告――あなたはこの民を偽りに拠り頼ませた。(エレミヤ書28章1節〜11節)



 預言者ハナヌヤが預言者エレミヤの首からかせを取ってこれを砕いて後、エレミヤに次のような主のことばがあった。(エレミヤ書28章12節)
 しかし預言者ハナヌヤは、預言者エレミヤの首から例のかせを取り、それを砕いた。(10節)
 そしてハナヌヤは、すべての民の前でこう言った。「主はこう仰せられる。『このとおり、わたしは二年のうちに、バビロンの王ネブカデネザルのくびきを、すべての国の首から砕く。』」そこで、預言者エレミヤは立ち去った。(11節)


 この箇所は、説明するまでもないかもしれません。エレミヤが木の首かせを付けた姿から、それをハナヌヤが壊す場面まで。危険を感じてエレミヤがいったん神殿から出て行くところまでが、映像のように見えます。
 そのエレミヤに、すぐに、神が言葉を授けられるのです。

「行って、ハナヌヤに次のように言え。『主はこう仰せられる。あなたは木のかせを砕いたが、その代わりに、鉄のかせを作ることになる。(13節)

 自分の望まない未来や、聞きたくない忠告を聞かされると、「カッとなって」怒るのは人の性質ですね。すぐさま相手に平手打ちを食わせる者、突き付けられた忠告の文書、悪い知らせの手紙などを破るシーンを映画などで一度は見たことがあるのではないでしょうか。
 強く反応することで、ハナヌヤはエレミヤの預言を打ち砕いたつもりだったのでしょう。
 しかし、預言は神から来ているのですから、かせを打ち砕いてもビクともしないのです。
 それどころか、「鉄のかせをつくることになった」と神が仰せなのです。

★★★★★

 まことに、イスラエルの神、万軍の主は、こう仰せられる。わたしは鉄のくびきをこれらすべての国の首にはめて、バビロンの王ネブカデネザルに仕えさせる。それで彼らは彼に仕える。野の獣まで、わたしは彼に与えた。』」(14節)

 もともと神が意図されているのは、「鉄のくびきをすべての国の人の首にはめて、ネブカデネザルに仕えさせること」だと、言うのです。神が、この時、ネブカデネザルに、野の獣まで与えたと決めておられるのです。

 こんなことがあるのでしょうか。ネブカデネザルは異教徒です。イスラエルは神の選びの民です。神がご自分の民を捨てて――それどころか、鉄のかせを付けて、そっくり異教徒の王に渡すなどということがあるのでしょうか。
 当時のイスラエル民がハナヌヤの預言を受けいれたのは、このような、きわめて単純な前提があったのだと思います。仮にどんなにユダの王が罪を犯していても、偶像礼拝で道を誤っていたとしても、神様は、過去に、イスラエルの過ちを、それこそ、数えきれないほど赦して下さったではないか。

 ハナヌヤは、世論の希望を読んだのでしょう。いわゆる「空気を読む」ですね。これは人の社会で、人しか見ていないとだれでも陥る間違いです。かく言うもちろん、さとうも、人の顔色ばかり見ていると思うことがあります。
 その先に、美しい音楽や花々や笑顔や御馳走があふれ、みんなが幸せそうに見える、そんな道が見えたりするのです。いえ、そういう安全と安逸の果実を求める本能が、人にはあるのかもしれません。
 たとえ、今はあらしでも、目をつむって耐えていれば、やがてすぐに雲が切れ日が差してくる――。
 かつて、荒野で、モーセからカナン偵察に送られた12人の斥候のうち、10人は悲観的な報告をし、ヨシュアとカレブは、「カナンに入れる」と楽観的な報告をしました。(民数記13章14章)この時は、「カナンに入れる」と言うのが神の御心でしたから、それを、率直に「見ることができた」ヨシュアとカレブは、カナンに入ることができました。

 ★★★★★

 そこで預言者エレミヤは、預言者ハナヌヤに言った。「ハナヌヤ。聞きなさい。主はあなたを遣わされなかった。あなたはこの民を偽りに拠り頼ませた。(15節)
 それゆえ、主はこう仰せられる。『見よ。わたしはあなたを地の面から追い出す。ことし、あなたは死ぬ。主への反逆をそそのかしたからだ。』」(16節)
 預言者ハナヌヤはその年の第七の月に死んだ。(17節)

 大切なのは、神の御心を『聞く』ことであって、『明るい未来を見たい』という欲望に従うことではない」のでしょう。
 偽預言者の問題は、かなり根源的です。








posted by さとうまさこ at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

エレミヤ書90 エレミヤの手紙――70年後の帰還の預言(エレミヤ書29章1節〜13節)



 預言者エレミヤは、ネブカデネザルがエルサレムからバビロンへ引いて行った捕囚の民、長老たちで生き残っている者たち、祭司たち、預言者たち、およびすべての民に、エルサレムから手紙を送ったが、そのことばは次のとおりである。(エレミヤ書29章1節)
 ――これは、エコヌヤ王と王母と宦官たち、ユダとエルサレムの貴族たち、職人と鍛冶屋たちが、エルサレムを出て後、(2節)
 ユダの王ゼデキヤがバビロンの王ネブカデネザルのもとに、バビロンへ遣わした、シャファンの子エルアサとヒルキヤの子ゲマルヤの手に託したもので、次のように言っている――(3節)
 イスラエルの神、万軍の主は、こう仰せられる。「エルサレムからバビロンへわたしが引いて行かせたすべての捕囚の民に。(4節)
 家を建てて住みつき、畑を作って、その実を食べよ。(5節)
 妻をめとって、息子、娘を生み、あなたがたの息子には妻をめとり、娘には夫を与えて、息子、娘を産ませ、そこでふえよ。減ってはならない。(6節)
 わたしがあなたがたを引いて行ったその町の繁栄を求め、そのために主に祈れ。そこの繁栄は、あなたがたの繁栄になるのだから。」(7節)

 これは、エレミヤがバビロンで捕囚となっている人たちに送った手紙です。運んだのは、シャファンの子エルアサとヒルキヤの子ゲマルヤです。
 その預言は、バビロンで、根を張って、落ち着いて暮らしなさいというものでした。
 生業をもち、家族を作りなさいというのです。その地に足を付けて暮すわけですから、当然バビロンについて、「神に祈りなさい」と命じています。バビロンの繁栄が、そこで暮らす捕囚の民の繁栄にもなると説得しています。もちろん、これは、エレミヤが言っているのではなく、「神からのことば」です。
 
 わざわざこのような手紙を、主がエレミヤに書かせられたのは、正反対の態度で暮らしいる人が多かったからでしょう。
 それと言うのも、捕囚の民に「あらぬ希望」を語る偽預言者がいたからです。

 まことに、イスラエルの神、万軍の主は、こう仰せられる。「あなたがたのうちにいる預言者たちや、占い師たちにごまかされるな。あなたがたが夢を見させている、あなたがたの夢見る者の言うことを聞くな。(8節)
 なぜなら、彼らはわたしの名を使って偽りをあなたがたに預言しているのであって、わたしが彼らを遣わしたのではないからだ。――主の御告げ――」(9節)

 いまいる場所が「仮の宿」で、すぐに元の場所に戻れるなら、だれも本気で生活と取り組みません。まして、異郷の地に連れてこられた捕囚の民は、苦しさにあえいでいるのです。そこから、抜け出せることこそ願いでした。偽預言者=夢見る者は、捕囚の民を喜ばせるようなことを預言していたのです。

★★★★★

 エレミヤの預言は正しいものでした。歴史が証明しているのだから本物です。
 しかし、「70年後の帰還」は、途方もない未来の話です。
 平均寿命が長い今日でも、「70年後」に生きている人は少数でしょう。今日生まれた赤ん坊でも、70歳です。果たして、70歳の人が厳しい長旅の末に、故郷に帰りつけるでしょうか。また、70年間、故郷がおなじ状態に保たれているでしょうか。

 まことに、主はこう仰せられる。「バビロンに七十年の満ちるころ、わたしはあなたがたを顧み、あなたがたにわたしの幸いな約束を果たして、あなたがたをこの所に帰らせる。(10節)
 わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。――主の御告げ――それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。(11節)
 あなたがたがわたしを呼び求めて歩き、わたしに祈るなら、わたしはあなたがたに聞こう。(12節)
 もし、あなたがたが心を尽くしてわたしを捜し求めるなら、わたしを見つけるだろう。(13節)
 わたしはあなたがたに見つけられる。――主の御告げ――わたしは、あなたがたの捕われ人を帰らせ、わたしがあなたがたを追い散らした先のすべての国々と、すべての場所から、あなたがたを集める。――主の御告げ――わたしはあなたがたを引いて行った先から、あなたがたをもとの所へ帰らせる。」(14節)

 とても力強い預言です。聞く者に必要なのは、ただ、預言を信じて希望を持ち、心を尽くして、主を求めて祈るなら、その声も聞いてくださるのです。
 そのように従順に聞き従う者は、かならずもとの所に帰らせる。なんと素晴らしい約束でしょう。
 しかし、聞き従わない者がいたようです。






posted by さとうまさこ at 11:05| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする