2016年09月21日

エレミヤ書101 わたしを呼べ。2(エレミヤ書33章3節〜14節)



 わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない、理解を越えた大いなる事を、あなたに告げよう。(エレミヤ書33章3節)

 詩編では、私たちが神を呼び求めれば、「わたしはあなたを助けよう。あなたはわたしをあがめよう」と言われています。
 この「助けよう」の中身が、ここでは具体的に示されています。それは、人の「理解を越えた大いなること」なのです。

 まことにイスラエルの神、主は、塁と剣で引き倒されるこの町の家々と、ユダの王たちの家々について、こう仰せられる。(4節)
 彼らはカルデヤ人と戦おうとして出て行くが、彼らはわたしの怒りと憤りによって打ち殺されたしかばねをその家々に満たす。それは、彼らのすべての悪のために、わたしがこの町から顔を隠したからだ。(5節)

 ユダの人びとは、ともかくバビロンに対して、必死で戦っていたのです。神の目からご覧になれば見当違いの道かもしれないけれど、エホヤキムもエホヤキンもゼデキヤも、何とかユダ王国の延命を図ろうと、政略をめぐらせ、また、戦いに出たのです。ことごとくうまくいかなかったのは、主が「彼らのすべての悪のために、わたしがこの町から顔を隠したからだ。」と言われるとおりの結果になっただけなのです。
 けれども、敵に囲まれた籠城状態の中で、主は仰せなのです。
 
 見よ。わたしはこの町の傷をいやして直し、彼らをいやして彼らに平安と真実を豊かに示す。(6節)
 わたしはユダの捕われ人と、イスラエルの捕われ人を帰し、初めのように彼らを建て直す。(7節)
 わたしは、彼らがわたしに犯したすべての咎から彼らをきよめ、彼らがわたしに犯し、わたしにそむいたすべての咎を赦す。(8節)

★★★★★

「理解を越えた大いなる事」は、具体的には、次のようなことが実現することです。

 この町は世界の国々の間で、わたしにとって喜びの名となり、栄誉となり栄えとなる。彼らはわたしがこの民に与えるすべての祝福のことを聞き、わたしがこの町に与えるすべての祝福と平安のために、恐れおののこう。」(9節)
 主はこう仰せられる。「あなたがたが、『人間も家畜もいなくて廃墟となった。』と言っているこの所、人間も住民も家畜もいなくて荒れすたれたユダの町々とエルサレムのちまたで、(10節)
 楽しみの声と喜びの声、花婿の声と花嫁の声、『万軍の主に感謝せよ。主はいつくしみ深く、その恵みはとこしえまで。』と言って、主の宮に感謝のいけにえを携えて来る人たちの声が再び聞こえる。それは、わたしがこの国の捕われ人を帰らせ、初めのようにするからである。」と主は仰せられる。(11節)

 これは廃墟が復活する場面を想起させます。たとえば、焼け野原だった東京、原爆で壊滅した広島や長崎などが、立ち直り、平和で繁栄した光景が広がっているというような。同様に、第二次世界大戦後、ヨーロッパの町々が、不死鳥のようによみがえったというように。
 ですが、この箇所を、「焦土に繁栄が戻ること」と、適用して読むのは間違いかもしれません。
 「この町は世界の国々の間で、わたしにとって喜びの名となり、栄誉となり栄えとなる」と宣言されているのです。
 エルサレムには、神の国の歴史において、特別な使命と役割りが与えられています。エルサレムが回復することは、世界中の人々が、『万軍の主に感謝せよ。主はいつくしみ深く、その恵みはとこしえまで。」と、喜ぶことだと示されています。
 回復の様子が言葉を変えて語られています。

 万軍の主はこう仰せられる。「人間も家畜もいなくて廃墟となったこの所と、そのすべての町々に、再び、群れを伏させる牧者たちの住まいができる。(12節)
 この山の町々でも、低地の町々、ネゲブの町々、ベニヤミンの地、エルサレム近郊、ユダの町々でも、再び群れが、数を数える者の手を通り過ぎる。」と主は仰せられる。(13節)
 「見よ。その日が来る。――主の御告げ――その日、わたしは、イスラエルの家とユダの家に語ったいつくしみのことばを成就する。(14節)








posted by さとうまさこ at 10:32| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする