2016年09月25日

エレミヤ書105 レカブ人に酒を飲ませよ(エレミヤ書35章1節〜19節)



 エレミヤの預言の背景は、エホヤキムの時代にもどっています。
 預言の趣旨は、「レカブ人に酒を飲ませよ」です。レカブ人は、先祖からの禁欲的な生活スタイルを厳格に守っている部族でした。ぶどう酒を飲まず、ぶどうの栽培など農業をせず、建物に住まず、つまり土地を持たず、天幕暮らしをするのです。生業は牧畜でした。
 モーセの舅イテロの子を先祖に持つとされ、ヤーウエを信仰した後は、砂漠に住んだとされています。

 偶像礼拝をするエルサレムの民に、神はこのレカブ人の、ストイックな信仰者に酒を飲ませよと仰せなのです。
 それは、彼らを堕落させるためではなく、絶対に彼らが、酒を飲まないことを承知のうえでの御命令なのです。いわば、神が仰せになりたいことを、例示するためにレカブ人が上がっているのです。その固い信仰――先祖からの言い伝えを守る態度を、ユダの人々と対比させているのです。

 ヨシヤの子、ユダの王エホヤキムの時代に、主からエレミヤにあったみことばは、こうである。(エレミヤ書35章1節)
 「レカブ人の家に行って、彼らに語り、彼らを主の宮の一室に連れて来て、彼らに酒を飲ませよ。」(2節)
 そこで私は、ハバツィヌヤの子エレミヤの子であるヤアザヌヤと、その兄弟と、そのすべての息子と、レカブ人の全家を率い、(3節)
 彼らを主の宮のイグダルヤの子、神の人ハナンの子らの部屋に連れて来た。それは、首長たちの部屋の隣にあり、入口を守る者シャルムの子マアセヤの部屋の上にあった。(4節)
 私は、レカブ人の家の子たちの前に、ぶどう酒を満たしたつぼと杯とを出して、彼らに「酒を飲みなさい。」と言った。(5節)
 すると彼らは言った。「私たちはぶどう酒を飲みません。それは、私たちの先祖レカブの子ヨナダブが私たちに命じて、『あなたがたも、あなたがたの子らも、永久にぶどう酒を飲んではならない。(6節)
 あなたがたは家を建てたり、種を蒔いたり、ぶどう畑を作ったり、また所有したりしてはならない。あなたがたが寄留している地の面に末長く生きるために、一生、天幕に住め。』と言ったからです。(7節)
 それで、私たちは、私たちの先祖レカブの子ヨナダブが私たちに命じたすべての命令に聞き従い、私たちも、妻も、息子、娘たちも、一生、ぶどう酒を飲まず、(8節)
 住む家も建てず、ぶどう畑も、畑も、種も持ちません。(9節)
私たちは天幕に住み、すべて先祖ヨナダブが私たちに命じたとおりに、聞いて行なってきました。(10節)
 しかし、バビロンの王ネブカデレザルがこの国に攻め上ったとき、私たちは『さあ、カルデヤの軍勢とアラムの軍勢を避けてエルサレムに行こう。』と言って、エルサレムに住んだのです。」(11節)

★★★★★

 そこで、エレミヤに次のような主のことばがあった。(12節)
 「イスラエルの神、万軍の主は、こう仰せられる。行って、ユダの人とエルサレムの住民に言え。『あなたがたはわたしのことばを聞いて懲らしめを受けようとしないのか。――主の御告げ――(13節)
 レカブの子ヨナダブが、酒を飲むなと子らに命じた命令は守られた。彼らは先祖の命令に聞き従ったので、今日まで飲まなかった。ところが、わたしがあなたがたにたびたび語っても、あなたがたはわたしに聞かなかった。(14節)
 わたしはあなたがたに、わたしのしもべであるすべての預言者たちを早くからたびたび送って、さあ、おのおの悪の道から立ち返り、行ないを改めよ。ほかの神々を慕ってそれに仕えてはならない。わたしがあなたがたと先祖たちに与えた土地に住めと言ったのに、あなたがたは耳を傾けず、わたしに聞かなかった。(15節)
 レカブの子ヨナダブの子たちは、先祖が命じた命令を守ってきたのに、この民はわたしに聞かなかった。』(16節)
 それゆえ、イスラエルの神、万軍の神、主は、こう仰せられる。『見よ。わたしはユダと、エルサレムの全住民に、わたしが彼らについて語ったすべてのわざわいを下す。わたしが彼らに語ったのに、彼らが聞かず、わたしが彼らに呼びかけたのに、彼らが答えなかったからだ。』」(17節)

 先祖からの戒めを堅く守るレカブ人に較べて、イスラエルの人々がどのようであったかを改めて指摘しています。「神が預言者をたびたび送って来た」時代とは、分裂王国時代をすべて指しています。預言者たちに聞かず、ほかの神々を慕って仕えてきたイスラエルの
民の罪をあらためて指摘しています。
 イスラエル人がわざわいを下されると宣告されているのに対して、神は、レカブ人に対しては、次のように約束しておられます。

 エレミヤはレカブ人の家の者に言った。「イスラエルの神、万軍の主は、こう仰せられる。『あなたがたは、先祖ヨナダブの命令に聞き従い、そのすべての命令を守り、すべて彼があなたがたに命じたとおりに行なった。』(18節)
 それゆえ、イスラエルの神、万軍の主は、こう仰せられる。『レカブの子、ヨナダブには、いつも、わたしの前に立つ人が絶えることはない。』」(19節)









posted by さとうまさこ at 08:49| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする